北斎の見た小布施、
そして未来へ

“たおやかな美日常”が広がる、栗と北斎と花のまち「小布施」。
なぜ、年間120万人以上が訪れるのか?まちづくりの立役者「二人の市村」さんがどう考え、行動したのか、「北斎の聖地」小布施を深掘りしながら、小布施町の歴史と魅力、そして新プロジェクトをご紹介。

楽しむために生まれてきた

あなたの魂はよろこんでいますか?
カウンセリング歴23年、7万人超!波動リーディングの創始者が贈る「健康と幸福への道しるべ」。人生のシナリオの主役を演じるためのこころのあり方、魂がよろこぶ考え方や生き方をご紹介。

ホスピタリティライフの
すすめ

コロナ禍を経験し、身のまわりの環境や人間関係の変化などをいま、あなたはどう受け止めていますか。
ザ・リッツ・カールトン・ホテル日本支社を立ち上げた、人とホスピタリティ研究所 所長の高野登氏が教える「おもてなし力」をご紹介。

ブルーオーシャン開拓魂

かんてんぱぱ・伊那食品工業 塚越英弘社長が考える“あるべき姿”の経営とは?
初の著書『命の塩 ぬちまーす』を元に、経営環境が大きく変化する中でも成長し続ける、研究開発型経営・事業承継の成功モデルをご紹介。

年輪経営の極意

「いい会社をつくりたい」「会社を永続させていきたい」と願い、模索されている経営者の皆さまへ。
トヨタ社長 豊田章男氏も学ぶ、かんてんぱぱ・伊那食品工業 最高顧問 塚越寛氏の「年輪経営」の極意をご紹介。

ちよにやちよに

元号「令和」の“名付け親”中西 進氏、かんてんぱぱ・伊那食品工業 最高顧問 塚越 寛氏も推薦!
絵本『ちよにやちよに』に描かれる、和を尊び、命を慈しむ、受け継がれてきた日本人の心。今を⽣きる私たちに、先⼈たちからの時空を超えたラブレター、愛のうた「君が代」の世界をご紹介。

おやすみルーシー

免疫学者の夫婦による、親子で学べる教材絵本『おやすみルーシー』。
感染症専門医の忽那賢志先生もおすすめする、ウイルスや免疫への理解と納得を生む物語。「自分の体・免疫・ウイルスとの向き合い方」をご紹介。

文屋だより 登録はこちら
PAGE TOP