文屋

過去のブログ

2012年12月30日

障がい者も輝いて働く「匠カフェ」が絵本になりました。

このたび文屋は、絵本『こころのはなのさくところ』を発刊いたしました。障がい者も輝いて働く「匠カフェ」を題材にした初めての絵本です。

この絵本の出版は、渡邉幸義様が代表をお務めのアイエスエフネットグループ様の制作協力をいただいて、文屋との協働で実現いたしました。

本書の舞台は、同グループが運営している「匠カフェ」です。

匠カフェは、障がいを持つ人が接客や調理を行い、主役として輝いて働くことができるカフェとして、2011年3月、福島市に1号店が誕生しました。

2012年7月には安城市(愛知県)に2号店、同年11月には港区青山(東京都)に3号店がオープンしました。

連日たくさんのみなさまにご来店いただいております。

渡邉さんが率いるアイエスエフネットグループは、障がい者雇用の創造を進めるために、国内で100店舗、アジアをはじめ世界で300店舗の匠カフェの運営を目指していらっしゃいます。

 

上の写真は、福島市の匠カフェで働くみなさんです。「おいしかったよ。また来るね」と言っていただき、お客さまのお役に立っている自分。「働ける」それだけで幸せ、というあふれるような気持ちが、伝わってきます。

上の写真は、愛知県安城市にオープンした2号店「ポンテカフェ」です。すてきな洋館の1階と2階です。地元の特別支援学校の校長先生や保護者、生徒のみなさんの熱い招致運動に、渡邉さんをはじめ同グループのみなさんが共感した成果です。

上の写真は、福島市の匠カフェを、妻と訪れたときの記念です。ウェルカムボードを、みんなで手作りして、歓迎していただきました。

 

匠カフェのことを広く知っていただき、障がいのある方もない方も、共に支え合って生きる、心豊かな社会が実現するように、との願いを込めまして、この絵本は作られました。

匠カフェについて、くわしくは、本書巻末のメッセージ「『匠カフェ』に込めた想い 誕生、そして未来へ」と、ホームページをご覧ください。

http://www.isfnet-harmony.co.jp/takumi/

本書が広く末永く愛読され、読み継がれてゆくことを願っております。

«  2012年12月  »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

image