文屋

過去のブログ

2003年1月26日

つららのうた

0126.jpg

朝から机に向かって、塚越社長の本を執筆しております。
快晴の冬空。雪が氷柱(ツララ)がどんどん溶けております。耳を澄ますと、敷地のふちを流れる小川の音がよく聞こえます。水かさが増しているんですね。

【今日の写真】自宅の庇(ひさし)の雨樋(あまどい)に梯子(はしご)をかけてみました。雪解け水のしたたりがいっぱいです。

【透玄 今日の一句】「したたりの 音はつららの 音譜かな」
「氷柱痩せ 水に生まれる 円みかな」(つららやせ みずにうまれる まろみかな)
«  2003年1月  »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

image