文屋

過去のブログ

2002年11月27日

雪のかおり

141127.jpg

初めての本格的な雪が、夕方から降りはじめました。最初はぼたぼたの、みぞれ雪。ひとしきり晴れて、水分の少ない(粉雪ではないけれど)雪が舞いました。道路面が凍るほどではなく、ひと安心。小布施の人はまだ、スタッドレスの冬用タイヤにはきかえている人は少ないでしょうから。
そんな雪の中、午後3時過ぎに長野市へ向かいました。先日、十和田湖町における講演会とシンポジウムでごいっしょした、リクルート社の旅行誌『じゃらん』編集長の今村まゆみさんをお迎えするためです。
車で小布施ガイドセンターへ。支配人の関悦子さんと立ち話。栗の小径を歩いているときも風と雪。「これが小布施で最悪の部類に入る天候です。次はきっと晴れるでしょう」と、お天気をフォロー。
小布施堂のお食事どころ『蔵部』へ。
本宅の中庭に面した大きなガラス窓のむこうに、一枚の葉の上部が橙(だいだい)で半分より下が朱色の鮮やかなもみじを発見。そこに真っ黒の空から降る雪が舞い、今村さんは大感激でした。
「雪や雨=あいにくの天気」ではないのですね。
今村さんは夜9時ごろの新幹線で帰京。
残された言葉が印象的でした。
「(木下の)お宅の近くで車の窓からお香のような香りがしました。」
たぶん、積んである薪か、庭の木木か、あるいは雪の香りか。東京にも長野でも感じられなかった香りが漂っていたのだそうです。

そこで一句。「雪の香につがひの鳩のまどろみぬ」

今日の写真は、先日は行った喫茶店の紅茶セットです。ミルクティーがおいしかったです。
«  2002年11月  »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

image