文屋

過去のブログ

2002年11月17日

出陣に憂いなし、ということ

141117.jpg

今日はいい天気。朝、先輩の牧野富士男さんから電話。「午後のPTAコーラスに出るように」。「はい」と素直に答えたものの、課題曲二曲のうち「瑠璃色の地球」は練習してありましたが、「名づけられた葉」はぶっつけ本番。CDを聴いて臨みました。
写真は、約40名で歌いおえてホールの前で、先生方と(左がわたくし)。

「出陣に憂(うれ)いなし」とは松岡正剛さんのポスターに添えられている言葉。
ことにあたっては、あらゆることを想定して、参加者や主賓のことをおもいやり、120%の準備をする。いくら想像を豊かにしても、かならず30%はそのときにならないとわからない要素が残る。120%の用意をしておけば、ときに臨んで、あわてて対応するのではなく、編集を楽しむことができる。編集が首尾よく運べば、思いもよらない成果を受けとることになる。
松岡さんと事務所のみなさんと一緒に過ごす機会に恵まれたこの秋、学んだことです。

冬が始まりましたね。オリオン座が夕方に空に見えます。
そこで今日の一句。「くちびるの赤き思ひ出オリオン座」。
«  2002年11月  »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

image