文屋

過去のブログ

2002年11月11日

オブセッションに松岡さんが登場

dc111120.jpg

dc111111.jpg

栗菓子の小布施堂が毎月開催するオブセッション。今日のゲストは松岡正剛さん。
一年を通じて、一貫した動きが町全体で展開されている小布施になるように、と松岡さんは懇親会のとき、わたくしに語られました。その際、「ロール(役割)とルール(きまり)とツール(道具やてだて)」が必要であること。ルール、なかでもタブー(この日は酒を飲まない、この日は女性を必ずほめる、この日は自動車に乗ってはいけないなど)は人々の心をつなげる役目を果たすのだそうです。
写真は新光電気にお勤めの佐藤寛さんに送っていただきました。
佐藤さん(左)には10年ほど前、新光電気創業者の光延丈喜夫さんの伝記執筆にあたり、担当者として大変お世話になりました。佐藤さんとのことはのちほどくわしく。

今日の一句。「迷ひ雪月のぬくみに融けにけり」
«  2002年11月  »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

image