文屋

過去のブログ

2012年5月14日

本物は360度/文屋座特別版

文屋座特別版2日目、伊那食品工業での最後のレクチャーは、大久保寛司さんによる全体解説です。

 

以下にポイントをいくつか記します。

 

「塚越会長の社員に対する思いの深さは尋常でない。根底に信頼と尊敬と愛情がある。だから厳しいことを言われても、社員は素直に受けとめて、きっちりと直していける」

 

「入社当初は優秀とは言えなかった社員が、一生懸命に働いて変わってきたという。その結果を生んだ一番の源泉は、塚越会長が社員一人ひとりの力を同じように信じていること」

 

「人が育つ会社では、一人ひとりが指示命令をされなくても自主的に行動できる。自分が何をすべきかを、自分で判断できる。主体的に行動していくと、人は喜びを感じることができる」

 

「本物は360度。つまり、いつでも・どこでも・誰にでも、同じように接することができる。伊那食品工業の社員の方々は、お客様だけでなく、宅急便の配達員さんにも、納入業者の方にも、全員が同じようにいい対応をすることができる」

 

「社員の人たちの動作が美しい。表情や雰囲気が美しい。この美しさは、自然に、内側から湧き出てくるもの。すなわち本物。本物は、中から湧き出てくる。一度湧き出したら、止まることがない」

 

「塚越会長がある講演会で初めて、『私にも一つだけ野心があった』と明かした。それは『社員をどれだけ大切にしても経営は成り立つということを証明したい』ということだった」

 

「どんな人でも、磨きつづけない限り必ずダメになる。いい人に会ったり、いい本を読んだりして、常に磨きつづけることが必要」

 

「『がんばろう』と思っても、時間が経つと忘れる。きちんとやっているつもりでも、だんだんとズレていく。だから繰り返し軌道修正をすることが必要。『いい会社をつくりましょう』は10回読んでも足りない。100回読むといいと思います」

 

 

 

 

 

 

固定リンク | 過去ログ

«  2012年5月  »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

image