文屋

過去のブログ

2010年5月15日

わたしはしあわせ。ああいあいああえ。

公私共にいろいろある毎日ですが、近ごろ習慣にしていることがあります。

 

「わたしはしあわせ」と言って、ほほえむことです。

 

この言葉は魔法のような力があります。

 

朝起きたとき、顔を洗って鏡を見たとき、仕事中、運転中、風呂上り、眠る前・・・いつでもどこでもできる、幸せ法です。

 

音にすると、ああいあいああえ。明るい音がまたいいのでしょうか。

 

先日、新聞記事に、いつもこの言葉を口にしてほほえんでいたおばあさんが、誰からも好かれていたこと。臨終の場で子供や孫やひ孫に見守られて、みんなに微笑みながら、亡くなられたことが書かれていました。

 

最期の言葉も「あ〜ぁ、わたしはしあわせ」だったそうです。

 

みなさんも、試してみてはどうでしょう?

 

写真は、わたしの仕事場から見た景色です。自宅の一室で働いています。先祖伝来のお庭を眺めながらの執筆や編集。庭の草取りはけっこうなおしごとですが、その汗にもまさる喜びをもたらしてくれる庭です。

 

「わたしはしあわせ」とほほえみながら、PCに向かう毎日です。

 

きょうはこれから、シュタイナー研究会の第2回学習会です。この研究会の主催で、あす16日(日)9時30分より、黒姫高原の黒姫童話館にて、子安美知子先生の講演会を開きます。この講演会は、一般公開です。おでかけください。

 

http://www.avis.ne.jp/~dowakan/

«  2010年5月  »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

image