HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.765 ラワットさんの最新刊を全国の子どもたちに贈るお仲間が増えています(最新動向付き!)

2020年03月11日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
信州小布施 美日常の文屋だより vol.765
和合と感謝
百年本を世界の未来へ。
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

【きょうのテーマ】
ラワットさんの最新刊を全国の子どもたちに贈る
お仲間が増えています(最新動向付き!)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**********************
★近刊 2020年初夏発売!
『呼吸 ~ 心の平和への旅』(仮題)
「平和の大使」プレム・ラワットさん集大成の著書

全国の子どもたちに贈る寄付本のお仲間が
増えています(特典と、最下部に最新動向付き)★
**********************

このメルマガ「美日常の文屋だより」の読者さまへの
優待情報としてお送りいたします。

最下部では、ラワットさんについての、
最新の動きをお伝えいたします。

****************

呼吸ができることの幸せと、
呼吸ができる幸せを感じることによる、
心の和やかな安らぎ。

プレム・ラワットさんほど、
「呼吸」について多様な視点から、
わかりやすく伝え続けている人は、世界中にいません。

2018年10月、
広島平和記念公園の国際会議場での講演会から
数日を経たある日、

わたしは、
東京のホテルの会議室で、ラワットさんと再会しました。

『Pot with the Hole』と2つの絵本に続く4冊目のご著書として、
『呼吸~心の平和への旅』(仮題)の発行が、
正式に決まりました。

英語の第一次翻訳(訳者:岡本久詩さん)を踏まえて、
ラワットさんから学び続けている翻訳家のToko Oshimaさんが、
生き生きと美しい日本語がちりばめられた原稿案をつくりました。

ラワットさんは年明けからずっと、
アメリカ西海岸を望むご自宅の書斎で、
英文の原稿を校正してくださっています。

本書を貫いているラワットさんの心の焦点はただ一つ、
「呼吸」です。

すべてのメッセージが「呼吸」。

これが本書の一番の特徴です。

朝に、日中に、夕方に、眠る前に・・・
折に触れて呼吸に集中して、
呼吸できることに感謝する。

このシンプルな一つだけのメッセージを、
多様な視点から、
いくつもの寓話を織り込みながら、お伝えします。

****************

「呼吸が訪れては去っていきます。

そしてあなたは生きています。

あなたが何を感じるか、その可能性は無限です。
これは心の領域です。 Prem Rawat」

****************

「はじめに」より

過去において数多くの著者が呼吸の大切さ、
呼吸が人の命にとっていかに基本的なものであるかを
記してきました。

彼らはそれを贈り物と呼びました。

しかし今日、
彼らの言葉は理解されているでしょうか?

呼吸はこの地球に生きるすべての人が共有する
贈り物です。

様々な意見や考えがあります。

着ている服も、物事のやり方も、
文化も異なるかもしれません。

でも私たちは皆、呼吸しています。

呼吸は人生の始まりであり、
生き続けることであり、
また呼吸が止まれば人生の終わりでもあります。

(以下略。「はじめに」の全文は、
後日、お送りしますね)

****************

あなたは、どのページを開いても、
書き手であるラワットさんの美しい言葉を読みながら、

あなたの隣にいるラワットさんと呼吸を共にしているような、
安らぎを覚えることでしょう。

英語版など、世界各国での翻訳出版に先駆けて、
日本全国で発売となります。

みなさん、
どうぞ楽しみにお待ちくださいね。

新刊と寄付本プロジェクトの詳細はこちら →
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=148653715

****************

千冊寄付本プロジェクト

ラワットさんの心の平和のメッセージを
子どもたちに贈りませんか?

****************

ラワットさんの心温まる、
たくましくてやさしいメッセージを
凝縮した『呼吸』。

先日もお伝えしましたように、
プレム・ラワット日本事務局(文屋)は、

この本を、
たいへんな境遇の中で生きている子どもたちや
大人のみなさんに送り届ける

「千冊の寄付本プロジェクト」に取り組んでいます。

贈り先は、

1.全国の児童養護施設(600か所)

2.子ども病院(約50か所)、そして

3.刑務所(約350か所)です。


わたしたちはすでに、
全国のみなさまのご理解とご協力をいただいて、

『Pot with the Hole 穴のあいた桶』と
『絵本あなのあいたおけ』を、

こうした施設や病院、刑務所、
東日本大震災(2011年)と熊本地震(2016年)の
公共図書館や小学校にプレゼントして、
たいへん喜ばれてきました。

プレム・ラワット日本事務局には、
すでに1,000通を超えるお礼のお便りが届いています。

全国のみなさまのご理解とご支援のおかげさまで、
3月10日現在、
39口、269冊になっております。

目標の1,000冊に対して、
早くも達成率27%になっています。

趣旨に賛同して、さっそくご参画くださった方、

「5冊をすべてプレゼントに」と
複数口をお申し込みくださった方、

「わたしは微力ですが、仲間に声をかけました」と
ご家族やお知り合いにメールを転送してくださった方、

ほんとうにありがとうございます。

ラワットさんもたいへん喜んでいらっしゃいます。

みなさんのように心温かいお優しい方々とご一緒に、

ラワットさんの心の平和のメッセージを
全国に世界へと広げていけることがうれしくて、
スタッフ一同、心躍らせています。

いずれ実現させるラワットさんの来日記念講演会で、
みなさまにごあいさつができる日を、
心待ちにしております。

みなさん、
「平和の大使」ラワットさんの心の平和のメッセージを、
千の施設に贈るプロジェクトに参加なさいませんか?

今回の寄付本プロジェクトの詳細とお申込は、
こちらをご覧ください。→
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=148653715

****************

ラワットさんのメッセージを、
これから100年の未来を生きる、
無限の可能性を秘めた子どもたちに贈りたいと思います。

寄付本プロジェクトにご一緒しませんか?

◆3つのご予約特典

1.先読みプレゼント
2.来日記念講演会の優先席へのご案内
3.感謝のしおり


◆お申込方法は2つです。

お一人で何口でもお申込いただくことができます。

A.1口10,000円(税込)
 2冊をあなたにお届けします。3冊を寄付本として贈ります。

B.1口10,000円(税込)
 5冊すべてを寄付本贈ります。
(例えばAを1口とBを9口の計10万円で、あなたには2冊が届き、
48の施設に1冊ずつ、48冊をプレゼントすることができます!)

ご予約特典の詳細とお申込は、
こちらをご覧ください。→
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=148653715


ご購入の予約受付の開始は、5月初旬の予定です。

このお便りは、
メルマガ「美日常の文屋だより」の読者のみなさまと、

これまでに「平和の大使」プレム・ラワットさんの講演会に
ご参加くださった方々への優待情報として、
お送りしております。

書店さんやAmazonでの予約開始は、
5月初旬の予定です。

****************
****************

【ラワットさんと日本事務局の最新動向】

先日、
ラワットさんの最新刊がスペインで出版されました。

原書はスペイン語版です。

書名の英訳は『Hear Yourself』。

和訳すると、
『自分の中の声を聞く』

副題の和訳(仮訳)は、
『騒々しいこの世界で平和を見つけるために』です。

本書の出版を記念する講演会が先日、
スペインで盛況のうちに開かれました。

その後も、
欧州各地での記念講演会が計画されていましたが、
新型コロナウイルスの影響で、すべて延期になりました。

3月下旬からは、
アルゼンチンやウルグアイなど、
南米のスペイン語圏での講演会が開かれるとのことです。


プレム・ラワット日本事務局=文屋では、
『Hear Yourself』の日本語版を出版することに
なるかもしれません。

このお打ち合わせと、
ラワットさんの当面の来日講演会、

さらには来年以降のラワットさんとの
共同プロジェクトについて話し合うために、

遠くない日に、
わたし(木下)が海外の某所にて、

ラワットさんとスタッフのみなさまとのミーティングを
持つことになりそうです。

帰国しましたら、
みなさまに最優先に、すぐ、お知らせいたしますね。

それではみなさん、

『呼吸~心の平和への旅』(仮題) を
お楽しみにお待ちください。

次回のラワットさんの来日記念講演会でも、
お目にかかれるのを心待ちにしております。

みなさまのお健やかなご多幸を祈念いたします。


ようやく春ですね。
みなさん、すてきな日々をおすごしください。

感謝、いっぱい、込めまして!

文屋 木下豊より

【写真説明】​http://www.e-denen.net/index.php/mailmag

「寄付本プロジェクト」に寄せられた絵本を、
文屋から送られたことへのお礼状と共に、
ある児童養護施設から届いた子どもたちと絵本の写真。

虐待などの理由で生みの親や実のきょうだいと暮らせなくて、
施設で集団生活を送っている子どもたちに、
みなさまの温かいご厚意とお力をお寄せください。

★この写真の子どもたちは全員、後ろ向きですね。
その理由は・・・

************************

このメールマガジン(美日常の文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、
日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

2019年1月20日に八重洲ブックセンターで開いた
かんてんぱぱ・伊那食品工業株式会社会長
塚越寛さんの講演音声データ。

語り手と聞き手の意識が高いレベルで一体になった
「奇跡の講演会」の90分間の全容を、
ぜひお手元で何回も聞いてお役立てください。
http://www.e-denen.net/index.php/movies?_id=42

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのこころの師匠・戸村和男先生
 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/

師匠のお弟子さん・井内由佳さんのご著書

『もっと美しく、もっと幸せに
~リッチに輝いて愛される33の理由』
(廣済堂出版。2018年)より

【第4章 愛の中にいる】

「神さまと共に生きる」とは、
「真理を理解する」ということ。

真理さえわかれば、
世の中のさまざまな困難に立ち向かえると同時に、
自分の思い通りの道を開く方法がわかります。


★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com

★井内由佳さんが社長をつとめる
株式会社フィールド オブ ドリームスの公式サイト:
命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」
goo.gl/hJbwWd
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法