HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.724 敬弔。「きっとみんな同じ想いなんだろうな~」と磯輪英之さん。

2019年12月27日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

信州小布施の里、夜半からの雨が、
薄日の中で、小雪に変わろうとしています。

文屋のある小布施町から車で一時間あまり。

白馬村をおととい、訪れました。

平年ならホワイトクリスマスになるのですが、
スキー場はまだ、全面滑走できない状態です。

お世話になっている白馬や志賀高原のお仲間たちが、
本格的な雪を待っています。

みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
信州小布施 美日常の文屋だより vol.741
和合と感謝
百年本を世界へ未来へ。
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

【きょうのテーマ】
敬弔。
「きっとみんな同じ想いなんだろうな~」と磯輪英之さん。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*******************
★喪中ハガキに想う★
*******************

ことしもあと4日で幕を閉じますね。

ということは、
新年2020年は、あと4日で幕を開ける!という
ことでもあります。

先般も書きましたが、
11月も半ばになると、
喪中(もちゅう)ハガキが届き始めます。

「喪中・年賀欠礼状」と呼ばれるもので、
「欠礼ハガキ」ともいわれます。

その年に近親者が亡くなった場合に、
新年のご挨拶(年賀状)を遠慮させていただくことを
お知らせする挨拶状です。

文屋は今年、
12通の喪中ハガキをいただきました。

直近では、

12月にお父様を亡くされた伊藤さんと、
同じく最近になってお母様を亡くされた須磨さんから、
いただきました。感謝いたします。

みなさんは、喪中ハガキに、
お返事を書かれますか?

わたしは、数年前までは、
喪中ハガキへのお返事を出すのが、
なぜか気が引けて、

そのままにしておりました。

しかし、あるとき、思い直しました。

そうでなくてもおいそがしい年の瀬に、

身近の大事な御方を亡くされて、
お力を落とされている方が
送ってくださったお便りです。

ふつうの境遇の方からいただいたお便り以上に、
丁重に、気持ちを込めて、
お返事を差し上げたい、と。


*******************
★「敬弔(けいちょう)」という
   言葉のある、
    この国に生まれたしあわせ★
*******************

そんな気持ちになると、
その気持ちを応援してくれるような
贈り物をいただけるものなのですね。

ある日、どこかで、
すばらしい日本語に出会いました。

「敬弔」

けいちょう、と読みます。

その意味は、

亡き人を敬(うやま)い、
謹んで弔(とむら)うこと。

辞書には使用例として、
「半旗(はんき)を掲げて敬弔の意を表す」が、
紹介されています。

1.亡き人を敬う。

2.謹んで弔う。

この深い想いを凝縮した二文字の熟語がある
日本という国に生まれて、良かったと、
その時からずっと感謝しています。


それ以来、喪中ハガキへのお返事の冒頭に、
「敬弔」の二文字を
筆字で大きめに書くようにしています。


たとえば、こんな感じです。

(ここから)
************

宛名の方のお名前

敬 弔(大き目に筆ペンで)


ご尊父のご逝去を悼(いた)み、
謹んでご冥福をお祈りいたします。

さぞ、お力を落とされていることと
お察しいたします。

貴家のみなさまの
お健やかなご多幸をお祈りいたします。

向寒の候、ご自愛ください。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

            年月日
            木下 豊 拝

************
(ここまで)

弔意のほかにも、
ちょっとしたメッセージを、
書き添えることがあります。


11月にこのメルマガを配信したところ、
幾人かの読者の方々から、
共感のメッセージをいただきました。

そのお一人、
愛知県春日井市の株式会社ISOWA(いそわ)社長・
磯輪 英之さんからのお便りをご紹介しますね。

磯輪さんの営むISOWAは、
「世界一社風のいい会社」を目指す
段ボール機械の世界トップメーカーです。

モットーは、
「世界一社風のいい会社になり、
段ボールを通じて世界中に夢を提供しよう!」

たいせつなこころとものを包んで運ぶ段ボール

それを製造する機械・・・

わたしたち全員が、
ISOWAさんのお世話になっているのです
(すごい!)。


(ここから)
****************

こんばんは。

今日のメルマガにあった
喪中はがきへの対応についてです。

父や母が亡くなった時、

喪中のはがきを出すと、
その年のお正月はとうぜん年賀状が来ないので、
余計に寂しい想いをしました。

「きっとみんな同じ想いなんだろうな~」

と思い、以来、頂いた喪中のはがきには、
必ず寒中見舞いを出すようにしています。

自分が歳を取るにつれ、
年々頂く喪中のはがきの枚数も増え、
今では毎年60枚くらいの寒中見舞いを出します。

そうすると面白いことに、かなりの確率で、
 
「ご丁寧にありがとうございます。
うれしかったです。」

と、
普段年賀状を頂かない方からもお返事が届きます。

年賀状はたくさん届くけど、
時期がちょっとずれた寒中見舞いは
ほとんど届かないので、

余計に心にとまるのでしょうね。

誰でもやってることをやることも大事ですが、
誰もやらないことをやることの意義って、
こういうところにあるんだと思っています。


来年から、『敬弔』という言葉、
使わせてもらいます (笑)

ありがとうございました。

****************
(ここまで)

磯輪英之社長、全文の転載と、
「実名報道」をご快諾いただき、
ありがとうございました。

「「きっとみんな同じ想いなんだろうな~」

と思い、以来、頂いた喪中のはがきには、
必ず寒中見舞いを出すようにしています。」

あたたかくて前向きなISOWAさんの社風に通じる
磯輪社長のお人柄を感じます。

みなさん、
磯輪さんにご興味をお持ちになりましたら、
ホームページを訪れてみてください。

株式会社ISOWA : http://www.isowa.co.jp/
   
磯輪さんのブログ「磯輪日記」 :
http://blog.goo.ne.jp/h_isowa/

ではみなさん、
佳き年末年始の日々をお健やかにおすごしください。

木下 豊より

【写真説明】​http://www.e-denen.net/index.php/mailmag​?


12月20日の「磯輪日記」に、
「永年ISOWAに貢献してくれたISOWAビトに
感謝の気持ちを社員みんなで伝える日がやって来ました。」
と磯輪英之社長。

株式会社ISOWAの創業は1920年。
2020年は100周年を迎えます。

************************

このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、
日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

2019年1月20日に八重洲ブックセンターで開いた
かんてんぱぱ・伊那食品工業株式会社会長
塚越寛さんの講演音声データ。

語り手と聞き手の意識が高いレベルで一体になった
「奇跡の講演会」の90分間の全容を、
ぜひお手元で何回も聞いてお役立てください。
http://www.e-denen.net/index.php/movies?_id=42

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのこころの師匠・戸村和男先生
 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/

師匠のお弟子さん・井内由佳さんのご著書

『もっと美しく、もっと幸せに
~リッチに輝いて愛される33の理由』
(廣済堂出版。2018年)より

【第2章 こころと身体をしあわせにする食事】

食事の際は、まず初めに野菜や海藻を、
食べるようにこころがけ、
身体の声に耳を傾ける。

そのちょっとした習慣で、
体調が少しずつ変わり始めます。

★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com

★井内由佳さんが社長をつとめる
株式会社フィールド オブ ドリームスの公式サイト:
https://f-o-dreams.com/

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎文屋では、平和の大使プレム・ラワットさんの
集大成となるご著書を、世界出版するため、
制作中です!

テーマは、「呼吸としあわせ」です。
お楽しみに。

◎ラワットさんの講演動画

2011年、欧州議会にて「平和と幸福の実現」をテーマに講演。
講演後に提案された「平和の誓約書」に
37の政府、団体の代表が署名。

「歴史的な講演」と評価され、
「平和の大使」の任命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」
goo.gl/hJbwWd
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法