文屋

文屋だより

Vol.850 高野登さんから届く「二十の問いかけ」と静かに向き合うオンライン通信講座

2021年03月03日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

信州小布施、
きょうは、抜けるような快晴です。

小布施町は、
志賀高原の連山から日が昇ります。

太陽は、

日本一の大河「千曲川」(全長356キロ)の上を
通過して、

北信五岳(ごかく)と呼ばれる
千~二千メートル級の5つの独立峰に沈みます。

北信五岳の残り雪を眺めると、
まだ春が浅いことを実感いたします。

さっそく本日のテーマをお伝えいたします。

【本日のテーマ】

福祉の現場から、
高野さんのホスピタリティライフを学ぶ
大友達也さんからのメッセージ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

****************
「毎日、高野さんのメッセージを
感嘆の想いで聴き惚れています」
****************

文屋はいま、

「いつでも、どこでも、いつまでも」
学びつづけることのできる
オンライン通信講座を2つ、運営しております。

1.塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意
2.高野登さんと学ぶ
 「わたしの人生を変えたホスピタリティライフのすすめ」

いずれも全12回を、
映像と音声とテキストで学びます。

ご自分の都合に合わせて、
「いつでも、どこでも、いつまでも」

自習したり、
社員研修に活用することもできます。

くわしい内容は、
https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school.php

****************

受講されている名古屋市南区の社会保険労務士
平松和子さん(平松朗務事務所 所長)から、
こんなお便りをいただきました。

「高野登さんのセミナー企画と配信、
本当にありがとうございます。

髙野さんの鋭くかつ温かく、
深い感性には感嘆の想いで聴き惚れています。

木下様のご提案どおり、
「時刻を問わず、仕事場でも自宅でも、
繰り返し」聴き惚れています。

これからが楽しみです。ありがとうございます。

心からの感謝の想いを込めて 
お礼を申し上げます。」


平松さんには、
顧問先など何人もの方々に、
高野さんの通信講座を推薦してきただきました。

その中のお一人、

社会福祉法人あすなろ学園 事務局長の
大友達也さん(福岡県北九州市門司区)から、
感想文をいただきました。

大友さんのお許しをいただきましたので、
みなさんにお伝えいたしますね。


****************
「ホスピタリティは、
心の中心に持っておくもの」
****************

以下、大友さんのメッセージです。

(引用、ここから)

地球規模で大きな変革の時を迎えています。

ある方が、今の状況を、
「古い観覧車から新しい観覧車に乗り換える時が来ている。

古い観覧車(価値観や経験等)にしがみついていると
生きづらくなる」と言われていました。

では、その判断の基準となるものが何であるか?

漠然と考えていた時、
平松和子さんに、

高野登さんのオンライン通信講座
「ホスピタリティライフのすすめ」を紹介されました。

この時、
なぜか二つ返事で申し込みを行っていました。
天の采配と感じています。

最初、
「ホスピタリティ(おもいやり)大事だよね。
何を教えてもらえるのかな」ぐらいのイメージでした。

しかし、第1講義を受けたときに、

ホスピタリティとは、
自分自身の生き方を考え、明確にしていく時に、
心の中心に持っておくものだと感じました。

特に、具体的に何を考えたらよいか迷っている場合、
この「二十の問いかけ」を咀嚼(そしゃく)し、
答えていくことによって、

頭のもやもやがはっきりとしてきますし、
現状の把握ができます。

(木下注:「二十の問いかけ」は、
毎回の講座で、映像データと音声データと一緒に届く、
高野さんからの20個の質問(問いかけ)のことです)

(中略)

毎回、
「二十の問いかけ」に、答えながら、
出来てないことばかり思い浮かび、

出来ているところについても、
「これは大丈夫なかな?」という視点を意識しています。

高野さんはこう表現していたな。平松先生は?・・・

では、自分自身はどう考えるか?なかなか出てきません。

経営者としての指針、持つべきものなどの確認と、
何事も特別なものではなく、
結果は自分自身の在り方の表れ、
ということを再認識しました。

自分自身の人生(魂)がどのレベルにあるか、
突きつけられると同時に、

どう動いたら良いか、
本当の意味で考えるきっかけにもなります。

講義の中にも、
キーワードがたくさんちりばめられていて、

その都度、
自分自身や仕事の場面を思い浮かべながら、
創造性を発揮する訓練をしています。

現在、多種多様な情報が大量に瞬時に手に入り、
何を基準に判断したら良いか分からない時代です。

他人の意見に流されないためにも、

大地にしっかりと根ざし、
「自分は何者か」という事をしっかりと意識し、
自分軸を持っておく必要があります。

幸せな生活を送りたいという方には、
ぜひ受ける価値のある講義と思います。

(引用、ここまで)

大友達也さん、そして、大友さんに
高野さんの通信講座を進めてくださった平松和子さん。

ほんとうに、ありがとうございます。

「ホスピタリティとは、
自分自身の生き方を考え、明確にしていく時に、
心の中心に持っておくもの」

このことをはっきりと意識して、
ホスピタリティを、
「心の中心」に据えることから、

自分自身の暮らしと働きを見直していきたいと、
わたしも心を定めております。

ひきつづき、
高野さんのオンライン通信講座を、
学び続けてください。

まだ受講されていないみなさま、
この講座は、それぞれのご都合に合わせて、
いつからでも受講を始めることが出来ます。

そして、
いつでも、どこでも、いつまでも、
映像と音声とテキストで学び続けることが出来ます。

くわしい内容とお申込は、
https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school.php

****************

先日、
高野登さんとご一緒に、
伊那食品工業さんを訪れました。

その目的は、

最高顧問の塚越寛さんと、
社長で長男の塚越英弘さんと、
専務で次男の塚越亮さんに、

お話を伺うことでした。

当日は、
1.高野さんと塚越寛さんの60分間の対話につづいて、
2.お二人に英弘さんと亮さんが加わって、
  30分間ほどの対話となりました。

その時、初めて知ったのですが、
親子3人が並んで、こうしたインタビューを受けるのは、
史上初!のことでした。

終始、穏やかで和やかな空気の漂う語らいでした。

何よりも、親子の仲がいい。
そして兄弟の信頼の絆が強い。

さらに、
お三方とも、約500人の社員全員を、
「伊那食ファミリー」、家族として、
大切にしている。

そんな「あたりまえ」を、
「あたりまえ」に、ごく自然に、
つづけていることに、
とても静かで新鮮な感動を覚えました。

高野さんは、
こうコメントされています。

「視点・視座の高さがまったく違う。

それぞれから、人としての重力が伝わってくる。

そして、経営者としての覚悟、在り方に
『心の静けさ』も感じる。

今回も自分が、
来た時よりも『いいひと』になって帰れると
思えたのは、決して気のせいではない。

問題は、それがいつまでもつか、だが・・・(^^;)。

やはり、時々は伊那に通わなくてはいけない
ということか。」

****************

この日の90分間の映像は、
今月中に仕上がります。

有償でのお届けとなりますが、

2つのオンライン通信講座の
いずれかを受講されている方には、
特典としてのご提供を検討しております。

文屋のオンライン通信講座
https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school.php

なお、
オンライン通信講座
「高野登さんと学ぶ
「わたしの人生を変えたホスピタリティライフのすすめ」は、

今週末3月7日(日)に最終講義の収録を、
長野市内で行います。

コロナ禍のため、
長野県内にお住まいの方限定にて、
リアルの会場での受講をしていただくことができます。

くわしい内容とお申込は、
こちらからどうぞ!
https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_29.php
(感染予防に十分に配慮した会場です)

****************

ではみなさん、お健やかに、
早春の佳き日々を楽しみましょう。

どうぞよろしくお願いいたします。

文屋 木下 豊より


【写真説明】https://www.e-denen.net/cms_mailmag.php?_id=841

オンライン通信講座
「ホスピタリティライフのすすめ」の講義を収録する
高野登さん

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

★文屋・木下豊について
https://www.e-denen.net/cms_about.php

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

image