文屋

文屋だより

Vol.837 靴を毎日、磨くことでもたらされた恩恵。

2020年12月03日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

信州小布施はきょうも、
師走のさわやかな快晴です。

きょう、わたしは、
とてもたいせつな人たちにお目にかかります。

学びの3つの軸は、
本を読む、人に会う、旅に出る。

きょうは、
小さな旅をして、人と語らってきます。

それでは、
さっそく本日のテーマをお伝えいたします。

【本日のテーマ】

ホスピタリティライフの高野登さんから教わって、
わたしが唯一10年間、続けられていること。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


本日は、

靴を毎日、
磨くことでもたらされた恩恵についてです。


結論!

いいことずくめ

です。


ある講演会で、
あなたは講師から、こう言われたら、
どうなさいますか?

「おもいやりをかけるのは、
人とは限りません。

物にも、
おもいやりをもった行いができます。

たとえば、いま、みなさんが履いている靴です。

夕方、玄関でその靴を脱いで、
すぐに、ホコリや汚れをふきとって、
専用のオイルで磨いてみませんか?

毎日の靴磨きを続けることで、
きっと、
素晴らしい人生が拓けていきますよ」


こうやさしく語る講師が、

世界最高峰のホテルグループである
リッツ・カールトンで20年間修業され、

日本支社長として
大阪・東京やアジアでの開業を推進された
高野登さんであったなら。


そして、
高野さんは、こう語られました。

「靴磨きをすると、
まず、自分が気持ちいいですね。

靴も喜んでくれます。

わたしは、磨いた靴の中に
木製のシューキーパーを入れて、

「きょう一日、いっしょに歩いてくれて、
いっしょに闘ってくれて、ありがとうね」と声をかけながら、
仕舞います。翌日は休んでもらいます。

靴がきれいだと、
ズボンにもきちんとアイロンをかけたくなります。

不思議なことに、
いい人や出来事と出会えるようになります。

かつてのわたしの部下で、
わたしのこの話を聞いて、
ある人は翌日から靴磨きを始めました。

もう一人は、あいかわらず、
靴の革はくすんだままでした。

数年後、
靴磨きを続けてきた部下は、
見違えるように立派な紳士に育ちました。

多くの部下に慕われ、
お客様に熱烈なファンをもつ人物になっていました」


高野さんのこのお話を聴いたわたしは、
めずらしく、
すぐに、実行に移しました。

そしてさらにめずらしいことに、
あの講演を聴いた日から10年間も、
続けてくることができました。


三日坊主を絵に描いたような
日々を送るわたしが、
なぜ、靴磨きを続けることができるのか?

その理由は簡単です。

その理由とは、
「すぐに効果が出るから!」

1.気持ちいい。
2.ズボンなどの身だしなみも調えたくなる。
3.靴が長持ちする。

4.革が柔らかく足(第二の心臓)になじむので、
  健康にも良い。

5.いつもご機嫌でいられるので、
  いい人やモノやコトと出会える。

ざっと挙げると、こんな5つの効果があります。


そしてもう一つ加えるならば、
靴をだいじにすることで、

身の回りの外の靴以外のモノも、
だいじにするようになります。

たとえば、
わたしは紙を捨てるとき、
無造作に丸めてポイッしてました。

たぶん、靴磨きを始めてから、
4つに折りたたんでゴミ箱に収める
(投げ入れない)ようになりました。


車の内外をきれいにすることは、
10年以上前からやっていますが、

靴磨きを始めてから、
よりきれいにするようになったと思います。


あの講演で、高野さんはこうも語られました。

「わたしの経験上、
いまのわたしの話を聞いて、

きょうから始める人は10人に3人、
続ける人は3人に1人、
・・・いるかいないかですね。」


あなたは、始められますか?

とてもすてきな世界が、
目に前に開けていきますよ!


追伸;
きょう、これから、自家用車を運転して、
かんてんぱぱガーデン・伊那食品工業さんへ参ります。

塚越寛さんにお時間をいただくことができました。

コロナっちが元気いっぱいのため、
ほぼ1年ぶりの再会です。


それから、さらに2時間、南下して、
創業百周年の節目にある、

とある機械メーカーを営む御方と、
夜、懇談のお時間をいただきました。

この2つの会社、
異次元に生きる生態系です。

この世の生命体とは思えません。

こんなすてきな人物や会社との出会いも、
靴磨きの成果、なのかもしれませんね。

2つ目の会社のことは、
いずれ、ご紹介しますね!

****************

1.オンラインスクール
「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」には、
塚越さんのこうした叡智が、
たくさんちりばめられています。

映像で、音声で、
継続的に、独学してみませんか?

https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school.php


2.オンラインスクール
「高野登さんに学ぶホスピタリティライフのすすめ」を、
2021年1月1日10時開講いたします。

どうぞお楽しみに!

****************

ではみなさん、お健やかに、
初冬の佳き日々を楽しみましょう。

どうぞよろしくお願いいたします。

文屋 木下 豊より


【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

文屋のお庭、
冬仕舞いのお手入れは、まもなく完了します。

仕事場からの眺めです。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


★文屋・木下豊について
https://www.e-denen.net/cms_about.php

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

image