文屋

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.817 特産の小布施栗で渋皮煮をつくりませんか?

2020年09月15日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

秋晴れの信州小布施です。

おかげさまで、
文屋が開講したばかりのオンラインスクール
「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」には、

経営者・リーダーのみなさんに、
ぞくぞくとご参加いただいております。
https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school.php


末広がりのいい会社づくりは、
みんなが幸せないい世界づくり。

塚越寛さんに学ぶ年輪経営を、
より多くのみなさまに、お伝えしてまいります。

みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
信州小布施 美日常の文屋だより vol.817
和合と感謝
百年本を世界の未来へ。
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

【きょうのテーマ】

特産の小布施栗で渋皮煮をつくりませんか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*******************
★善玉菌で育った
  「小布施牧場の小布施栗」が
           熟しています。★
*******************


2人の息子たちが夫婦で営む小布施牧場の栗園では、
特産の小布施栗の収穫が、まもなく始まります。

土着の善玉菌(乳酸菌、酵母菌、納豆菌など)を
たっぷりと浴びた小布施栗の極上品を、
お召し上がりください。

発送は、9月25日ころからです。

ご予約はこちらからどうぞ
https://obusedairyfarm.co.jp/products-post/obusekuri/


江戸の昔、信州小布施の地は、
徳川幕府の御天領でした。

御天領に指定された最大の理由は、
室町時代から育てられ、すでに特産であった
コクのある味わい深い「小布施栗」でした。

弱酸性の水はけのいい土壌と、
全国有数の晴れの日の多い気候、
日当たりのいい地形、

そして、
高い栽培技術の結晶でした。


わが家の栗園は、
小布施の中でも「特級畑」といわれる
唐沢・飯田・大島の地に広がっています。

約60アールの栗園には、
樹齢が数年から約20年の200本の木が
育っています。

農薬を、規定の濃度の50%程度に抑え、

地元で採取して培養した善玉菌の“菌ちゃん溶液”を、
葉面や地面に散布しています。


**********************
★「小布施牧場の小布施栗」を販売中です★
**********************


“菌ちゃん溶液”は、
地元の田畑で採取した乳酸菌と納豆菌、酵母菌を、
ミネラル分の豊かなマスコバド糖を栄養源にして培養した
「善玉菌ちゃん溶液」です。

この菌(土着菌)を採取したのは、
小布施在住の気鋭の農業者
工藤陽輔さんです。

栗園での散布は、
この善玉菌ちゃん溶液を、
50倍くらいに希釈して(薄めて)行います。

春から10回散布する手間暇をかけ、
おかげさまで、大きくて、
深いコクの味わいある栗に仕上がりました。

小布施牧場の小布施栗は、
公式サイトからご購入いただくことができます。
https://obusedairyfarm.co.jp/products-post/obusekuri/

お値段は、1キロ2,700円(税込、送料別)です。

送料は、個別に計算してお知らせいたしますが、
5キロ以下でしたら、
距離により1,000円から1,500円ほどです。


わたしが妻と育ててきた「文屋栗」は、
3年前から、
「小布施牧場の小布施栗」に改名しました。


昨春、次男で酪農家の荒野(31)が、
長男の真風(34)と、兄弟二夫婦で、

小布施牧場株式会社を設立しました。


愛するふるさと小布施の地で、

小規模・放牧型・地域内循環型の
高品質の六次産業を目指し、

ジェラートとチーズの工房を兼ねたカフェを
開店しています。

自社で育成したジャージー牛のミルクを生かして、
カフェでのサービスまで手がける、
「自社内六次産業」を実現させています。


善玉菌ちゃん溶液を活用した、
無農薬の野菜を栽培するなど、

農業も行うため、
文屋の栗園も息子たちに引き継ぐことを
決めました。

このため、

長年親しまれてきた「文屋栗」から、
名称を「小布施牧場の小布施栗」に
改名いたしました。

小布施牧場では、
今年の栗の収穫を9月25日ころに始めます。

小布施牧場のカフェ
milgreen(ミルグリーン)では、

善玉菌で育てた栗と、
自社産の新鮮なジャージーミルクを使った

「小布施栗のジェラート」が、
9月27日(日)から発売となります。

1.ジャージーミルクのカップアイスクリーム

2.モッツァレラチーズ

3.小布施牧場の小布施栗

いずれも、同社の公式サイトから、
お求めいただくことができます。
https://obusedairyfarm.co.jp/products/

★栗の在庫は100㎏足らずです。
 お早めにお申し込みください。

 お届け希望日にお届けするように努めますが、
 天候や収量により、変動することもあります。
 ご容赦ください。

★★収穫後の燻蒸
(くんじょう。農薬による殺虫殺菌処理)を
施しておりません。

お早めに調理なさるか、冷蔵保存してくださいね。


*******************
★手作りでしかできない絶品の栗菓子
  「渋皮煮(しぶかわに)」を
        つくりませんか?★
*******************


栗ご飯、ゆで栗、焼き栗など、
栗のレシピはいろいろありますが、

わたしのイチオシは、
渋皮煮です。

そしてニオシは、
栗あん汁粉です。


渋皮煮は、

栗の外側の皮(鬼皮)をむいて、
黄色い栗の実をおおっている渋皮のまま、
砂糖などで煮込む、

いわば栗の甘露煮です。

同居する実母のお得意レシピだったので、
以前は、たくさん、いただいていました。

地元の小布施町が1999年に出版した
郷土料理本
「信州小布施 娘たちに伝えたい おふくろの味」。

こちらの「栗の渋皮煮」のレシピを担当したのは、
実母です(そのページの写真を載せますね)。

わたしはまだ、
自分でつくったことがありません。

チャレンジしてうまくいったら、
ご報告しますね!

なお、
ニオシの「栗あん汁粉」は、
お汁粉の小豆(あずき)の代わりに、
ゆでた栗のあん(ペースト)を使います。

寒い日に、あつあつの栗あん汁粉・・・
あなたはきっと、
昇天しそうな感動を覚えることでしょう!

****************


みなさん、

文屋はこのたび、
オンラインスクール「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」を
開講いたしました。

おかげさまで、全国の経営者やリーダーのみなさまから、
受講のお申し込みをぞくぞくといただいております。

このオンラインスクールのおもな教材は、

2012年5月、
組織風土改革の第一人者である
大久保寛司さん(人と経営研究所 所長)が

塚越さんにインタビューした、
約100分間におよぶ、
唯一の貴重な映像です。

お二人の対話を、
ザ・リッツ・カールトン・ホテル元日本支社長の高野登さん
(人とホスピタリティ研究所 代表)と、

塚越さんと最も長く、
深く語り合ってきた編集者である木下豊(文屋 代表)が、
読み解きます。

https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school.php


わたしたち制作チームが、
このオンラインスクールに込めた想いは、

「末広がりのいい会社づくりは、
みんなが幸せないい世界づくり」です。

言い換えれば、
「塚越経営道の普及」です。

制作にワクワクしながら、
みなさまのご参加を、
楽しみにお待ちしております。

https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school.php


****************

文屋はこれからも、

「信州小布施から末広がりの年輪経営を
提唱する共育会社」として、

「いい人生、いい会社、いい世界」をつくるための
商品・サービスを提供して参ります。

****************

オンラインスクール
「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」

こちらの文屋公式サイト
https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school.php

より、お申し込みください。

****************

ではみなさん、お健やかに、
初秋の佳き日々を楽しみましょう。

どうぞよろしくお願いいたします。

文屋 木下 豊より


【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

・写真は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディア
Foodie(フーディー)より転載。

料理研究家の小島喜和さんは、
栗の渋皮煮が大好物で、毎年必ず作るのだそうです。

「無心になって栗仕事に没頭できる瞬間が
とても幸せです」と小島さんが語る、渋皮煮の極意とは?
https://mi-journey.jp/foodie/59775/

クラシルの動画は、いつもわかりやすいです。
https://www.kurashiru.com/recipes/e8589032-08b6-40e0-9647-98af09a550b7

・小布施牧場の小布施栗です。
大きくてツヤがあり、コクのある栗です。
https://obusedairyfarm.co.jp/products-post/obusekuri/

************************

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

このメールマガジン(美日常の文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、
日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

★プレム・ラワットさんの「心の平和」のメッセージを、

これから100年の未来を生きる、
無限の可能性を秘めた子どもたちに贈りたい!

寄付本プロジェクトにご一緒しませんか?★

ラワットさんのこのご著書を、
より多くのみなさんにお伝えしていきましょう!

*********************

小布施牧場の
しぼりたてジャージー牛乳を使った
ジェラートとモッツァレラチーズの工房&カフェ
milgreen(ミルグリーン)
https://obusedairyfarm.co.jp/milgreen/

************************

2019年1月20日に八重洲ブックセンターで開いた
かんてんぱぱ・伊那食品工業株式会社会長
塚越寛さんの講演音声データ。

語り手と聞き手の意識が高いレベルで一体になった
「奇跡の講演会」の90分間の全容を、
ぜひお手元で何回も聞いてお役立てください。
http://www.e-denen.net/index.php/movies?_id=42

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのこころの師匠・戸村和男先生
 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/

師匠のお弟子さん・井内由佳さんのご著書

『もっと美しく、もっと幸せに
~リッチに輝いて愛される33の理由』
(廣済堂出版。2018年)より

【第2章 こころと身体をしあわせにする食事】

人と食事を共にするのは、
楽しい会話をするということ。

その人の顔を思い浮かべながらメニューを決め、
しつらえを考える。

そんなひとときが、
しあわせを運んでくれます。

★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com

★井内由佳さんが社長をつとめる
株式会社フィールド オブ ドリームスの公式サイト:
命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」
goo.gl/hJbwWd
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

image