文屋

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.816 「28本すべての歯を守ろう!」予防歯科と年輪経営の根っこは同じ?

2020年09月14日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

秋晴れの信州小布施です。

息子たちが営む小布施牧場の栗園では、
特産の小布施栗の収穫が、
まもなく始まります。

土着の善玉菌(乳酸菌、酵母菌、納豆菌など)を
たっぷりと浴びた、

深い味わいの小布施栗の極上品を、
お召し上がりください。

わたしは、この栗を使った「渋皮煮(しぶかわに)」が
好物です!

ご予約はこちらからどうぞ
https://obusedairyfarm.co.jp/products-post/obusekuri/

おかげさまで、
文屋が開講したばかりのオンラインスクール
「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」には、

経営者・リーダーのみなさんに、
ぞくぞくとご参加いただいております。
https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school.php


末広がりのいい会社づくりは、
みんなが幸せないい世界づくり。

塚越寛さんに学ぶ年輪経営を、
より多くのみなさまに、お伝えしてまいります。

みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
信州小布施 美日常の文屋だより vol.816
和合と感謝
百年本を世界の未来へ。
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

【きょうのテーマ】

「28本すべての歯を守ろう!」
予防歯科と年輪経営の根っこは同じ?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*******************
★予防歯科で生涯、自分の歯で食べたい!
  歯を失うのは加齢現象ではない?
   予防歯科の先生との出会いの衝撃★
*******************

とつぜんですが、
みなさん、歯は健康ですか?

ご自分の歯は何本ありますか?

わたしは4年前まで、
「歯の本数」を知りませんでした。

人間の永久歯は28本と親知らず4本を含めて32本
なのだそうです。

4年前まで、
わたしの永久歯は28本+4本の32本でした。

その後、右下の親知らずを抜いたので、
いまは31本。虫歯と歯周病はありません。

ずっと32本で!と願っていたのですが、

右下の親知らずは、
奥歯のもたれかかるように斜めに生えていて、

いまは健康は奥歯に、
悪い影響を及ぼすとの歯医者さんの判断から、
抜くことに決めました。

その歯医者さんは、

わたしの暮らす長野県小布施まちの北となり、
中野市の郊外にある「延徳(えんとく)歯科医院」の
仲川隆之先生となぎさ先生ご夫妻です。

19年前から2週間に一度通い続けている
鍼・マッサージの「おんだ整骨院」院長の
恩田正一先生に、

「近くにオススメの歯医者さんはありますか?」と
尋ねたとき、
即答で教えていただきました。


仲川先生の治療方針は、
「予防にまさる治療法はない」です。

虫歯が痛くなったから治す「治療型」ではなく、

定期的なメインテナンスによって、
虫歯と歯周病を予防することで、
歯を失うことを防ぐ予防型です。

歯を失うのは加齢現象ではないのです。

虫歯と歯周病さえ予防していれば、
「年をしたから歯が抜ける」という一般常識を
くつがえすことができると、教えていただいております。

仲川先生との出会いは、
わが半生の中でもトップクラスの
うれしい衝撃となりました。

4年前、

1本の親知らずの抜歯の治療をしたあとは、
1か月に1度の通院に。

それが3か月に1度になり、
いまは4か月に1度の通院ペースになっています。


毎回、
専任の歯科衛生士さんに歯の健康状態を
チェックしていただいて、

歯石の除去と歯の磨き上げを
していただき、
毎日の歯磨きの心がけなどを教えていただきます。

一連のメインテナンスに要する時間は、
45分ほどです。

虫歯はゼロなので、
つらい治療はありません(^0^)

いまのわたしの目標は、
一生涯、31本の永久歯を守って、
自分の歯で美味しい生活!をつづけることです。

年に3回の通院です。
次回の予約は10月5日(月)です。

わたしのようすを見ていて、
妻も通うようになりました。


*******************
★NHK「プロフェッショナル」に登場した
 熊谷崇先生の愛弟子(まなでし)★
*******************

延徳歯科医院では、

初診の冒頭で、
北欧の歯科先進国の歯医者さんが語りかける
ビデオを観させてもらえます。

説明を聞いて驚いたのは、
仲川歯科医師ご夫妻は、

日本の予防歯科をリードする革命者として、
NHK「プロフェッショナル」に登場した

熊谷崇先生の元で数年間修行して「卒業」された
愛弟子でいらっしゃいました。

予防歯科の筋金入りのお二人の医院が、
自宅から車で10数分のところにあることの
幸運に感謝しています。


ソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義さんは、
世界中を飛び回る超多忙な毎日ですが、

3か月に1度の予防歯科での
定期メインテナンスをつづけています。

孫さんがそこまで歯のチェックにこだわっているのは、
米国などでは「歯並びと白い歯」が、
その人の健康のバロメーターという考え方があるからだそうです。
https://president.jp/articles/-/29430


山形県酒田市で開業されている熊谷崇先生のお弟子さんは、
東京をはじめ全国で開業されているようです。

みなさんも、
治療歯科から予防歯科へ、
発想を転換してみませんか?

人生が変わりますよ。

延徳歯科医院:https://www.entoku-dental.com/

熊谷先生の日吉歯科医院:http://www.hiyoshi-oral-health-center.org/

熊谷先生の息子さんの東京・汐留の診療所:
http://www.hiyoshi-shiodome.com/

NHKプロフェッショナル:
http://www.hiyoshi-oral-health-center.org/professional/

********************

歯を磨いていて気がつきました!

・予防型歯科と治療型歯科
・根治療法と対処療法
・本質的と末梢的
・理念と実際

「すべての歯を守ろう」と
「この会社を末広がりに永続させよう!」。

この2つの願いは、同じ根っこではないか?

いま、歯を磨いていて気がつきました。

****************

みなさん、

文屋はこのたび、
オンラインスクール「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」を
開講いたしました。

おかげさまで、全国の経営者やリーダーのみなさまから、
受講のお申し込みをぞくぞくといただいております。

このオンラインスクールのおもな教材は、
塚越さんのご著書
『映像本いい会社をつくりましょう』です。

2012年5月、
組織風土改革の第一人者である
大久保寛司さん(人と経営研究所 所長)が

塚越さんにインタビューした、
約100分間におよぶ、
唯一の貴重な映像です。

お二人の対話を、
ザ・リッツ・カールトン・ホテル元日本支社長の高野登さん
(人とホスピタリティ研究所 代表)と、

塚越さんと最も長く、
深く語り合ってきた編集者である木下豊(文屋 代表)が、
読み解きます。

https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school.php


わたしたち制作チームが、
このオンラインスクールに込めた想いは、

「末広がりのいい会社づくりは、
みんなが幸せないい世界づくり」です。

言い換えれば、
「塚越経営道の普及」です。


「すべての歯をまもろう!」と同じ気持ちで、
制作にワクワクしながら楽しみにしております。
https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school.php


****************

文屋はこれからも、

「信州小布施から末広がりの年輪経営を
提唱する共育会社」として、

「いい人生、いい会社、いい世界」をつくるための
商品・サービスを提供して参ります。

****************

オンラインスクール
「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」

こちらの文屋公式サイト
https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school.php

より、お申し込みください。

****************

ではみなさん、お健やかに、
初秋の佳き日々を楽しみましょう。

どうぞよろしくお願いいたします。

文屋 木下 豊より


【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

「KEEP28」とは、
歯が生えそろってから一生を終えるまで
一本も歯を失わないこと、

現在の年齢から歯を失うことなく生涯自分の歯で生活すること、
このことを目的とした予防歯科の社会的な取り組みです。

人生100年時代を健康で生き抜くために、
80歳で20本の「8020運動」ではなく、
100歳で28本の「KEEP28」を目指しましょう。
https://www.c-gear.net/

************************

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

このメールマガジン(美日常の文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、
日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

★プレム・ラワットさんの「心の平和」のメッセージを、

これから100年の未来を生きる、
無限の可能性を秘めた子どもたちに贈りたい!

寄付本プロジェクトにご一緒しませんか?★

ラワットさんのこのご著書を、
より多くのみなさんにお伝えしていきましょう!

*********************

小布施牧場の
しぼりたてジャージー牛乳を使った
ジェラートとモッツァレラチーズの工房&カフェ
milgreen(ミルグリーン)
https://obusedairyfarm.co.jp/milgreen/

************************

2019年1月20日に八重洲ブックセンターで開いた
かんてんぱぱ・伊那食品工業株式会社会長
塚越寛さんの講演音声データ。

語り手と聞き手の意識が高いレベルで一体になった
「奇跡の講演会」の90分間の全容を、
ぜひお手元で何回も聞いてお役立てください。
http://www.e-denen.net/index.php/movies?_id=42

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのこころの師匠・戸村和男先生
 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/

師匠のお弟子さん・井内由佳さんのご著書

『もっと美しく、もっと幸せに
~リッチに輝いて愛される33の理由』
(廣済堂出版。2018年)より

【第2章 こころと身体をしあわせにする食事】

食事の際は、まず初めに野菜や海藻を、
食べるようにこころがけ、
身体の声に耳を傾ける。

そのちょっとした習慣で、
体調が少しずつ変わり始めます。

★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com

★井内由佳さんが社長をつとめる
株式会社フィールド オブ ドリームスの公式サイト:
命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」
goo.gl/hJbwWd
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

image