文屋

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.810 オンラインスクール「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」はいつでもどこにいても自由に学ぶことができる、待望の学習法です。

2020年08月06日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

信州小布施は・・・暑いです。

オンラインスクール
「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」を
8月3日に開講した文屋は・・・熱いです。
https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school.php

末広がりのいい会社づくりは、
みんなが幸せないい世界づくり。

塚越寛さんに学ぶ年輪経営を、
より多くのみなさまに、お伝えしてまいります。

みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
信州小布施 美日常の文屋だより vol.810
和合と感謝
百年本を世界の未来へ。
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

【きょうのテーマ】

オンラインスクール
「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」は

いつでもどこにいても自由に学ぶことができる、
待望の学習法です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**********************
★目的は、
   末広がりのいい会社づくりは、
     みんなが幸せないい世界づくり。
        「塚越経営道の普及」です★
**********************


みなさん、

文屋は8月3日(月)
オンラインスクール「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」を
開講いたしました。

おかげさまで、全国の経営者やリーダーのみなさまから、
受講のお申し込みを続々といただいております。

このオンラインスクールのおもな教材は、
塚越さんのご著書
『映像本いい会社をつくりましょう』です。

2012年5月、
組織風土改革の第一人者と呼ばれる人気講師の
大久保寛司さん(人と経営研究所 所長)が

塚越さんにインタビューした、
約100分間におよぶ、
唯一の貴重な映像です。

お二人の対話を、
ザ・リッツ・カールトン・ホテル元日本支社長の高野登さん
(人とホスピタリティ研究所 代表)と、

塚越さんと最も長く、
深く語り合ってきた編集者である木下豊(文屋 代表)が、
読み解きます。

https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school.php


わたしたち制作チームが、
このオンラインスクールに込めた想いは、

「末広がりのいい会社づくりは、
みんなが幸せないい世界づくり。」です。

言い換えれば、
「塚越経営道の普及」です。

この想いを抱きつづけている理由は、

昨年春に塚越さんが出版されたご著書
『末広がりのいい会社をつくる』に記された
塚越さんの想いです。

わたしは、
想いを超えた「祈り」を感じます。


「この社是は、当社だけのものだとは思いません。

日本や世界のあらゆる会社が、
「いい会社」をめざして実践を重ねていけば、

平和な環境のもとで、誰もが楽しく、
快適で、幸せな暮らしを
手に入れることができるのではないかと考えています。

「みんなハッピー」という、
人類に共通の目的を変えることなく、
時代に沿った経営をおこなうことだと思います。

ずいぶんと大それた願いのようですが、
究極を言うなら、
私が会社経営を通じてめざすのは、このことなのです。

そのような希望を込めながら、
本書では当社の経営理念に基づく戦略と実践を、

現実の会社経営に活用できる
実用情報となることを念頭に置いてまとめました。」


塚越さんの想いは、

ご自分の経営道の普及・伝導を通じた、
世界・地球規模の「より佳き世界づくり」に
向けられています。

文屋のこのオンラインスクール
「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」は、
塚越さんのこの想い・祈りにお応えする第一歩です。


**********************
★オンラインスクール
 「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」は

 いつでもどこにいても
    自由に学ぶことができる、
           待望の学習法です。★
**********************


「オンラインスクール」

この言葉を目にして、みなさんは、
どんな印象をもたれますか?

まだ、
ビジネスを学ぶことを主題にしたオンラインスクールは、
日本では、あまり多くありません。

わたしも、この構想を始めた9か月前
(”コロナ前”の2019年12月)に、
この言葉を初めて知りました。


このオンラインスクール
「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」の仕組みを、
簡単にご案内いたしますね。

全12回・1年間のコースです。

1.https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school.php

このご案内ページを開いてください。

ずっと読み進めていただいて、
「11.オンラインスクールの購入特典」のところにある、
「お申し込みはこちら」をクリックしてください。

または「銀行振込の方はこちら」からお入りください。


2.決済を済ませると、
受講生だけが見ることのできるページ情報が届きます。

そのページを開くと、説明文の下部に、
「視聴可能コンテンツ」を一覧できます。


3.申し込んで最初に表示されるのは、
次のデータです。

 1)第1講の動画
 2)第1講の音声
 3)第1講の自習用テキスト

 以下は特典です。

 4)『映像本いい会社をつくりましょう』Disc2の
   大久保寛司さんと社員の対話映像の全編

 5) 高野登さん講演会
   「いい会社に学ぶ、優秀な人の直観力」の音声

一度、受講生になると、
上記のデータをいつでも、どこにいても、
視聴することができます。

「講」と呼ぶ、ひとつの講義の長さは、
45分から60分間です。

たとえば、
1)第1講の動画をパソコンでじっくりと観ます。

そのあとは、
スマートフォンで、

2)第1講の音声を、運転中でも料理中でも、
散歩やジョギング中でも、いつでも、どこにいても、
何回でも聴いて、理解を深めます。

そして、
3)第1講の自習用テキストに、手書きで記入します。

テキストには、
当面の目標や、やることのリストを書き込みます。

小さなことでいいので、
気づいて、書いたことがらを、
日々の実践に移していきます。

****************

第2講以降は、
翌月から1講ずつ、
視聴することができるようになります。

何ヶ月かたってから、
前の講を視聴したくなったら、
いつでも、聞きかえして、振り返ることができます。


つまり、
一度、受講生になれば、
10年後でも20年後でも、

生涯にわたって繰り返し学び、
実行することができます。

生かし方によっては、
こんなに”お徳”なスクールはありませんね。


自習しながら、ご自身の人生とお仕事、
経営のあり方を見直して、
成長・進化させていってください。


とはいえ、
一人で自習するだけでは、
学びを深めることが難しいこともありますね。

次号では、

受講されるみなさんに、文屋がご用意している
受講生同士が交流できるコミュニティについて、
お伝えさせていただきます。


映像と音声を繰り返し視聴することで理解を深め、
日々の人生と仕事、
経営を改革していきましょう。

くわしい内容とお申し込み方法は、
以下の文屋公式サイトのページをご覧ください。

冒頭に、高野登さんからみなさんへの
メッセージ動画を掲載いたしました。

また、中ほどには、
いくつかの特典もご紹介しております。

ご期待ください。
https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school.php


文屋はこれからも、

「信州小布施から末広がりの年輪経営を
提唱する共育会社」として、

「いい人生、いい会社、いい世界」をつくるための
商品・サービスを提供して参ります。

****************

オンラインスクール
「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」

こちらの文屋公式サイト
https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school.php

より、お申し込みください。

****************

ではみなさん、お健やかに、
夏の佳き日々を楽しみましょう。

どうぞよろしくお願いいたします。

文屋 木下 豊より


【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

第1講の収録風景。

高野登さん(右)と木下。
カメラマンは藤井明菜さんです。

『映像本いい会社をつくりましょう』の収録で語り合う
塚越さん(右)と大久保寛司さん。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

このメールマガジン(美日常の文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、
日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

★プレム・ラワットさんの「心の平和」のメッセージを、

これから100年の未来を生きる、
無限の可能性を秘めた子どもたちに贈りたい!

寄付本プロジェクトにご一緒しませんか?★

ラワットさんのこのご著書を、
より多くのみなさんにお伝えしていきましょう!

*********************

小布施牧場の
しぼりたてジャージー牛乳を使った
ジェラートとモッツァレラチーズの工房&カフェ
milgreen(ミルグリーン)
https://obusedairyfarm.co.jp/milgreen/

************************

2019年1月20日に八重洲ブックセンターで開いた
かんてんぱぱ・伊那食品工業株式会社会長
塚越寛さんの講演音声データ。

語り手と聞き手の意識が高いレベルで一体になった
「奇跡の講演会」の90分間の全容を、
ぜひお手元で何回も聞いてお役立てください。
http://www.e-denen.net/index.php/movies?_id=42

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのこころの師匠・戸村和男先生
 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/

師匠のお弟子さん・井内由佳さんのご著書

『もっと美しく、もっと幸せに
~リッチに輝いて愛される33の理由』
(廣済堂出版。2018年)より

【第1章 美しく暮らす】

4.生花は、その空間がよい「気」で
満たされているか、

そこに住む人が神さまに気に入られる
生き方をしているかを
教えてくれるリトマス試験紙です。


★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com

★井内由佳さんが社長をつとめる
株式会社フィールド オブ ドリームスの公式サイト:
命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」
goo.gl/hJbwWd
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

image