文屋

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.808 「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」あす開講。講師 高野登さんからあなたへの魂からのメッセージ

2020年08月02日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

きょうも信州小布施は、夏晴れです。

気温は32度以上になっているようですが、
漂う風は湿度が低いので、
蒸し暑さは感じません。信州の夏です。

みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
信州小布施 美日常の文屋だより vol.808
和合と感謝
百年本を世界の未来へ。
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

【きょうのテーマ】

「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」あす開講。
講師 高野登さんからあなたへの魂からのメッセージ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**********************
★祝! あす8月3日(月)朝7時
  オンラインスクール
  「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」
            開講いたします★
**********************


みなさん、前号

「いま「年輪経営の極意」を塚越寛さんに学ぶ
3つ+1つの決定的な理由とは?
・・・飛躍への序曲の一年に。」は、

お読みいただけましたでしょうか?
https://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=798


文屋はあす8月3日(月)朝7時、
オンラインスクール「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」を
開講いたします。

1回45分間ほどの動画が、
1年間をかけて毎月、
12回にわたって配信されます。

自習しながら、ご自身の人生とお仕事、
経営のあり方を見直して、
成長・進化していただく内容です。

このオンラインスクールのおもな教材は、
塚越さんのご著書
『映像本いい会社をつくりましょう』です。

2012年5月、
組織風土改革の第一人者と呼ばれる人気講師の
大久保寛司さん(人と経営研究所 所長)が

塚越さんにインタビューした、
約100分間におよぶ、
唯一の貴重な映像です。

すでにご承知の方も多いと思いますが、
ちょっとだけ復習です。

年輪経営とは、
経営のあり方を自然にならう「自然体経営」の一つです。

木の年輪のように毎年、ゆるやかにたくましく、
永続的に成長を続けていく経営理念です。

「自然体経営」「年輪経営」はいずれも、
塚越さんが考案された造語です。

2004年に発刊された最初のご著書
『いい会社をつくりましょう』で初披露されました。

近年、
急成長やひたすらシェアの拡大を目指す、
資本主義のひずみへの反省から、

年輪経営を学び、
導入する経営者が増えています。


このオンラインスクールは、
『映像本いい会社をつくりましょう』の2枚のDVDのうち、
1枚目に収録された、

塚越寛さんと大久保寛司さんの対話映像から、
12回・1年間にわたって学びます。

23講に及ぶ内容を、
毎回2講ずつ、
毎月順次、視聴していただきます。

お二人の対話を、
ザ・リッツ・カールトン・ホテル元日本支社長の高野登さん
(人とホスピタリティ研究所 代表)と、

塚越さんと最も長く、
深く語り合ってきた編集者である木下豊(文屋 代表)が、
読み解きます。

動画を観るだけではなく、
音声だけのデータも提供いたします。

「散歩しながら」「通勤しながら」「料理しながら」、
いつでも、どこでも、何回でも、聴くことができます。

映像と音声を繰り返し視聴することで理解を深め、
日々の人生と仕事、
経営を改革していくことを目的にした講座です。


**********************
★講師 高野登さんがあなたに贈る
          魂からのメッセージ★
**********************


あすの開講を前に、

オンラインスクール「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」を
あなたに大づかみにご理解いただくために、

ポイントをまとめてみました。

上記と重なる部分もあります。

大事なポイントですので、
あえて、繰り返し、掲載いたします。

ご参考になれば幸いです。

最下部には、
今回の講師をご快諾くださった高野登さんからの
魂、心の底からのメッセージをご紹介しております。

****************

【名称】

オンラインスクール「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」


【理念】

年輪経営を実践して
社員の幸福と経営改革を実現していくために


【この講座の内容】

年輪経営とは、
経営のあり方を自然にならう「自然体経営」の一つです。

木の年輪のように毎年、ゆるやかにたくましく、
永続的に成長を続けていく経営理念です。

近年、急成長やひたすらシェアの拡大を目指す、
資本主義のひずみへの反省から、
年輪経営を学び、導入する経営者が増えています。

塚越寛さんと大久保寛司さん(人と経営研究所 所長)の
対話映像から、12回・1年間にわたって学びます。

お二人の対話を、
ザ・リッツ・カールトン・ホテル元日本支社長の
高野登さん(人とホスピタリティ研究所 代表)と、

塚越さんと最も長く、深く語り合ってきた編集者である
木下豊(文屋 代表)が、読み解きます。

映像と音声を繰り返し視聴することで理解を深め、
日々の人生と仕事、
経営を改革していくことを目的にした講座です。


【このオンラインスクールが選ばれる3つの理由】

1.塚越寛さんが創り実践して実証してきた年輪経営の極意を、
優れた聞き手である大久保さんと共に学ぶことができます。

2.高野さんが豊富な経験と思索をもとに磨かれている
ホスピタリティ道の視点から繰り出す問いかけを聞きながら、
異次元への変身を遂げる、学びの冒険をすることができます。

3.12回、1年間にわたる受講をしながら、
自身の生活と経営のあり方を見直して、
具体的な成果への手立てを身につけることができます。


【文屋座オンラインスクール主宰者
       木下豊からのメッセージ】

あなたはほんとうに、いまのあなたのままでいいのですか? 

冒険は危険と隣り合わせです。リスキーです。

しかし、経営者として、
ほんとうにリスキーなこととは何だと思われますか? 

その答えは「ワクワクしていないこと」です。

冒険は、ワクワクするものですね。

いま、ここで、あなたがこの学びの冒険に挑まなければ、

あなたは永久に変身することはできません。

その場合、あなただけではなく、
あなたの社員も、ご家族も、取引先も、地域のみなさんも、
あなたの変身による恩恵を受けることはできません。

変身する覚悟を定めて、挑んでください。

伊那食品工業を訪問する「年輪経営伊那セミナー」など、
リアルセミナーでもお目にかかれることを、
楽しみにしております。


****************

では、高野登さん、どうぞ!


【講師 高野登さんがあなたに贈る
          魂からのメッセージ】

「塚越寛さんと大久保寛司さん。

このお二人が、出版を前提に、
後世に伝えることを明確に意識して語り合った映像は、
この世に、この100分間の映像しかありません。

成長をつづけて、
ひとつの事を成し遂げる人物に共通するのは、
年を重ねても、謙虚な姿勢で学びつづけていることです。

「学ぶ」とは知ることだけではありません。

知って、行い、省みて、改め、また行う。

自分の中の可能性を見つけ、磨いて、
次の新しいステージへと進化すること、
それが学びの本質です。

つまり、学びは人生の冒険です。

ご自分に眠る可能性を、決してなめないでください。

一年間の学びの冒険によって、
異次元の自分へと変身してください。


そんな想いを秘めた、
あなたのご参加をお待ちしております。」

****************

高野登さん、ありがとうございます

みなさん、高野さん、そしてわたしと、
1年間の「学びの冒険」をご一緒しませんか?

高野登さんが、
このオンラインスクール
「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」の講師として、

わたしがなぜ「最適任者」と考えるのか?

その背景と理由は、
以下のメルマガをお読みいただけると幸いです。

Vol.791 リッツ・カールトンと伊那食品工業。
「社員の成長」の意味を高野登さんに学ぶ。
https://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=782

Vol.792 リッツ・カールトンと伊那食品工業。
「社員の成長」の意味を高野登さんに学ぶ。その2
https://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=783

Vol.793 リッツ・カールトンと伊那食品工業。
「社員の成長」の意味を高野登さんに学ぶ。その3
https://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=784

Vol.794 リッツ・カールトンと伊那食品工業。
「社員の成長」の意味を高野登さんに学ぶ。その4
https://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=785

Vol.795 リッツ・カールトンと伊那食品工業。
「社員の成長」の意味を高野登さんに学ぶ。その5
https://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=786

リッツ・カールトンと伊那食品工業。
「社員の成長」の意味を高野登さんに学ぶ。その6
ひとまずの最終回です。
https://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=787


****************

オンラインスクール
「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」

8月3日(月)朝7時の開講です。

こちらの文屋公式サイト
https://www.e-denen.net/
→ 「文屋座セミナー」のページから、

お申し込みください
(上記の定刻まで、開設してございません)。

どうぞご期待ください。

****************

ではみなさん、お健やかに、
夏の佳き日々を楽しみましょう。

どうぞよろしくお願いいたします。

文屋 木下 豊より


【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

2012年6月、
伊那食品工業「西ホール」での研修を終えて、
塚越寛さん(右)と高野登さん


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

このメールマガジン(美日常の文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、
日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

★プレム・ラワットさんの「心の平和」のメッセージを、

これから100年の未来を生きる、
無限の可能性を秘めた子どもたちに贈りたい!

寄付本プロジェクトにご一緒しませんか?★

ラワットさんのこのご著書を、
より多くのみなさんにお伝えしていきましょう!

*********************

小布施牧場の
しぼりたてジャージー牛乳を使った
ジェラートとモッツァレラチーズの工房&カフェ
milgreen(ミルグリーン)
https://obusedairyfarm.co.jp/milgreen/

************************

2019年1月20日に八重洲ブックセンターで開いた
かんてんぱぱ・伊那食品工業株式会社会長
塚越寛さんの講演音声データ。

語り手と聞き手の意識が高いレベルで一体になった
「奇跡の講演会」の90分間の全容を、
ぜひお手元で何回も聞いてお役立てください。
http://www.e-denen.net/index.php/movies?_id=42

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのこころの師匠・戸村和男先生
 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/

師匠のお弟子さん・井内由佳さんのご著書

『もっと美しく、もっと幸せに
~リッチに輝いて愛される33の理由』
(廣済堂出版。2018年)より

【第1章 美しく暮らす】

2.眠る直前の感情が、翌朝のあなたと、
その周辺環境を形作ります。

ベッド周りを整え、
よいことを思い出して感謝しながら眠る習慣で、
現実が変わります。

★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com

★井内由佳さんが社長をつとめる
株式会社フィールド オブ ドリームスの公式サイト:
命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」
goo.gl/hJbwWd
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

image