文屋

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.803 深く掘り、研究開発を続け、社員を幸せにね。小布施牧場緑談 モ~3

2020年07月25日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

きょうの信州小布施は、
長梅雨の晴れ間です。

きのう午後、お庭の芝刈りをしました。

途中で雨が降り出したので、とりやめ、
きょう、机での仕事のあと、
刈った芝や草を片づけます。

みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
信州小布施 美日常の文屋だより vol.803
和合と感謝
百年本を世界の未来へ。
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

【きょうのテーマ】

深く掘り、研究開発を続け、社員を幸せにね。
小布施牧場緑談 モ~3

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**********************
★経営理念は、
 「社員が幸せにはたらく楽農経営で、
       美しい里山を増やします」★
**********************


前号までに、

小布施牧場縁談 モ~1
伊那食品工業さんをTTPする牧場を始めました。
https://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=792

小布施牧場緑談 モ~2
一つの新聞広告が導いた一人の青年の人生。
https://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=793

をお伝えしました。ご覧いただきましたでしょうか?


小布施牧場株式会社の木下荒野社長が、
20歳の元旦に新聞で見た伊那食品工業さんの全面広告から、

「ふるさと小布施を楽農でさらに美しい里山に」という
ビジョンを描きはじめたこと。

その後、
「小布施に伊那食品工業さんの”楽農版”を」と
静かな情熱を燃やしながら、

牧場の経営を「六次産業」の戦略で続けていること。

こうした自然のご縁と流れから、

塚越寛さんは2019年6月に出版した集大成のご著書
『末広がりのいい会社をつくる』に、

小布施牧場株式会社のことをご紹介くださいました。

第1章の「「良い会社」ではなく「いい会社」」と
題した節の一部分を引用いたします。

****************

当社では毎年の元旦に、
地元紙『信濃毎日新聞』に
意見広告を掲載しています。

環境保全や地域貢献などについて、
当社の考えや行動を紹介しています。

二〇一〇年の元旦には、
「日本の農業のあり方を考える」と見出しをつけて、

スイスの美しい山岳景観を紹介するとともに、
当社が二〇〇六年に設立した
農業生産法人「ぱぱ菜農園」の志にふれました。

この広告を見た長野県小布施町の青年が、
畜産を学び、広告掲載から一二年を経た二〇一八年、
故郷の町に牧場を開いたと聞きました。

彼は酪農の経営を通じて、
美しい里山をつくろうとしています。

一貫した経営哲学をもち、
ぶれのない経営を重ねていると、

社員への人間教育ができるばかりでなく、
地域住民の意識にはたらきかけるという形で、
地域貢献をすることも可能なのだと知りました。

****************

2018年9月25日

この日は、小布施牧場株式会社にとって、
歴史に残る記念すべき日になりました。

塚越さんを、お迎えすることができたのです。

次男で現在、専務の塚越亮さんと、
お越しくださいました。

牛舎に隣接する放牧場と、
直営店舗milgreenで撮影した写真をご覧ください。

この日、
塚越さんから荒野社長が直接お教えをいただいた
メッセージを、ご紹介しますね。

あなたの人生と経営にも、
何らかのご参考になれば、うれしく存じます。

箇条書きにて、失礼いたします。

1.「牛がすこし痩せていないかい? 
もうすこし、ふくよかなほうが健康的だね。」

→ その後、あばら骨が目立たないくらいに、
みんな、いい肉付き、いい肌つやになっています。

2.「社長はつねに、社員の幸せを考えることです。
けっして、難しいことではありませんよ。

「家族」だと思えばいいんです。

何か判断をするとき「家族だったらどうするか?」と
問えば、たいがいの答えは出るし、
それが間違うことは、まずありません。

→ 2020年4月、初めて、家族以外の人を、
正社員として迎えました。

「経営の目的は社員の幸せづくり」のお教えを胸に、
大小の判断、決断をしていきます。

3.「お店のテラスの前に広がる空間は、
もうひと工夫ほしいね。雑草を刈ること」

→ はい、
地元の見海造園さんに設計と施工をお願いして、
雑木と芝生の庭を築きました。

週に一度、雑草を刈って、整えております。

おかげさまで、
ゆとりのある豊かな空間になりました。

幼い子どもたちが芝生で遊んでいます。

4.「酪農を深く掘り下げること。

狭い穴でも深く掘っていけば、
いずれ広い大海原に出会うものです。

そのために、研究開発をつづけること。

経営者、とくに中小企業の経営者は、
独自の技術や商品・サービスを世に問いつづけるために、
だれよりも研究熱心でなければいけません。」

→ 高品質の六次産業を実現させるために、

施設や機械の質に気を配り、
安心・安全・新鮮な上質の商品作りを
心がけております。

その後、モッツァレラチーズの工房を新設、
地元の素材を生かしたプリンも開発しました。

和牛の子牛を生産する畜産の分野にも、
歩みを進めております。

****************

塚越さんはとくに、
上記4の研究開発の大切さを、
つぎのように説いてくださいました。

1.すでにある商品の品質向上

2.新しい商品の開発

3.関連する新しい分野への進出

こうした展開によって、
大樹が大地に広く深く、大小の根を張るイメージで、
事業をバランスよく、たくまくしていく。

「経営は、「遠きをはかる」という
二宮尊徳翁のお教えを実践していくことです。

未来を見つめて研究開発していけば、
未来をつくることができます。

未来をつくることができれば、

シェア争いの無い、
安売り競争とは無縁の、
独自のマーケットを拓くことができます。

本を読む、人と会う、旅をする。

これらもすべて、研究開発のひとつです」

****************

塚越寛さんから、これだけのご指導を
直伝された小布施牧場です。

末広がりの年輪経営を、
きっと、つづけていくことでしょう。

塚越寛さんのお教えは、いつも、
「やり方」ではなく、
その元になる「あり方」です。

混迷する世の中の今こそ、

お一人でも多くのみなさんに、
塚越寛さんの年輪経営の極意を学んでいただきたいと、
願います。


次号では、

二人の息子たちの下で、
「取締役用務員」として働く、
わたしの思いについて、書かせてください。


****************

小布施牧場の
直営店舗milgreen(ミルグリーン)は、

ジェラートとモッツァレラチーズの工房がある
カフェです。

朝、しぼりたての濃厚なジャージー牛乳を
低温殺菌したミルクを使い、

工房でジェラートとモッツァレラチーズに仕上げて、
お客様にご提供しています。

近ごろは、
絶品のプリンも登場いたしました。
(プリンはいまのところ、お店売りのみです)

お店は、
「小布施千年の森」という
広大な広葉樹の森にあります。

お客様には、

信州小布施に旅をしていただき、
森で生まれたての清冽な空気を吸いながら、
味わっていただきたいと願っております。

直売をしながらも、
ネットによる通信販売も行っています。

通販のメニューは、

1.カップアイスクリーム6個入り
2.モッツァレラチーズ3個入り
が基本です。

お中元向けなど、ご進物としても、
ご好評をいただいております。

いつもの夏とはちょっと新味のあるお品として、
ご検討いただけると幸いです。

小布施牧場の公式サイト:
https://obusedairyfarm.co.jp/

****************


文屋はいま、
オンラインスクール
「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」を制作しています。

ナビゲーター、講師を、
高野登さんがご快諾くださいました。

いまは在庫切れになっている
上記の『映像本いい会社をつくりましょう』の
対話映像を観ながら、

高野さんとわたしが語らい、
議論を深める構成です。

毎月1回の配信で、12回、1年間をかけて、
受講されるお一人お一人が、

それぞれの人生とお仕事、経営のありようを見つ直し、
成長・進化させることを目標にしています。

8月3日(月)の開講予定です(7月1日の開講が遅れ、
申し訳ございません)。

どうぞご期待ください。

****************

ではみなさん、お健やかに、
夏の佳き日々を楽しみましょう。

どうぞよろしくお願いいたします。

文屋 木下 豊より


【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

1.(前列左から)
小布施牧場専務の木下真風、塚越寛さん、
荒野社長。

(後列左から)
伊那食品工業専務の塚越亮さんと木下豊。

2018年9月25日、
小布施牧場のジェラートとモッツァレラチーズの
工房&カフェmilgreen(ミルグリーン)にて

2.放牧場にて。
左から木下豊、塚越寛さん、荒野社長

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

このメールマガジン(美日常の文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、
日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

★プレム・ラワットさんの「心の平和」のメッセージを、

これから100年の未来を生きる、
無限の可能性を秘めた子どもたちに贈りたい!

寄付本プロジェクトにご一緒しませんか?★

ラワットさんのこのご著書を、
より多くのみなさんにお伝えしていきましょう!

*********************

小布施牧場の
しぼりたてジャージー牛乳を使った
ジェラートとモッツァレラチーズの工房&カフェ
milgreen(ミルグリーン)
https://obusedairyfarm.co.jp/milgreen/

************************

2019年1月20日に八重洲ブックセンターで開いた
かんてんぱぱ・伊那食品工業株式会社会長
塚越寛さんの講演音声データ。

語り手と聞き手の意識が高いレベルで一体になった
「奇跡の講演会」の90分間の全容を、
ぜひお手元で何回も聞いてお役立てください。
http://www.e-denen.net/index.php/movies?_id=42

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのこころの師匠・戸村和男先生
 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/

師匠のお弟子さん・井内由佳さんのご著書

『もっと美しく、もっと幸せに
~リッチに輝いて愛される33の理由』
(廣済堂出版。2018年)より

【第4章 愛の中にいる】

「神さまと共に生きる」とは、
「真理を理解する」ということ。

真理さえわかれば、
世の中のさまざまな困難に立ち向かえると同時に、
自分の思い通りの道を開く方法がわかります。

★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com

★井内由佳さんが社長をつとめる
株式会社フィールド オブ ドリームスの公式サイト:
命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」
goo.gl/hJbwWd
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

image