文屋

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.801 伊那食品工業さんをTTPする牧場を始めました。小布施牧場緑談 モ~1

2020年07月11日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

・・・そういうお前こそ、生きてたのかい!?と
問いかえされるほど、
たいへんご無沙汰してしまいました。

じつは・・・と書きつらねたいのですが、
すべては言い訳になります。

おかげさまで、
心身の調子はすこぶる快調です。

きょうの信州小布施も、
梅雨の長雨がつついております。

九州・熊本をはじめ、
大きな被害を受けられたみなさまに、
心よりお見舞い申し上げます。

台風19号に、コロナに、大雨に・・・

何か偉大なる存在が、
わたしたちに「いい加減にわかりなさい!」と
おっしゃりたいことは、何なのでしょうか? 

自問しております。

みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

きょうから心機一転、新しい連載を始めます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
信州小布施 美日常の文屋だより vol.801
和合と感謝
百年本を世界の未来へ。
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
【きょうのテーマ】
伊那食品工業さんをTTPする牧場を始めました。
小布施牧場緑談 モ~1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**********************
★経営理念は、
 「社員が幸せにはたらく楽農経営で、
       美しい里山を増やします」★
**********************


わたしは名刺入れには、
2つの名刺が入っています。

ひとつは「文屋代表」のもの。

もうひとつは、
「小布施牧場株式会社」のものです。

その名刺の肩書きは、
「取締役 用務員」です
(できればここで、クスッと笑ってやってください)。


小布施牧場株式会社は、
2017年3月に、二人の息子夫婦が設立して、
登記しました。

国内の3つの牧場から厚いご支援をいただき、
お腹に赤ちゃんのいるジャージー牛7頭を
導入。

1年間の準備期間を経て、事業の開始は、
直営店舗milgreen(ミルグリーン)が開店した
2018年4月です。

会社のキーワードは、「楽農」です。

経営理念は、
「社員が幸せにはたらく楽農経営で、
       美しい里山を増やします」。

小規模・放牧型・地域内循環型酪農の
高品質の六次産業によって、

荒れた里山を美しくてたくましい、
味わいの里に再生させていくことが目的です。


社長を務めるのは、
次男の木下荒野(こうや)です。

酪農ひと筋の31歳です。

1989年(平成元年)2月14日、
長野県小布施町飯田に生まれました。

須坂園芸高校(現・須坂創成高校)、
酪農学園大学酪農学科を卒業。

永井農場(東御市)にて3年3ヶ月間、
稲作と酪農部門を担当して、
高収益の六次産業を実体験しました。

その後、
ワーキングホリデー制度を利用して
ニュージーランドに渡り、

北島にある牧場Northash社にて1年間、
牛にとって健康的でストレスの少ない
放牧型酪農を体験。

婚約していた葵(あおい)さんと、しばらく、
イタリア、スイスの牧場をめぐり、
豊かな食文化、生活文化に触れながら遊学。

帰国後、
国内の2つの牧場勤務を経て、
2017年3月に起業にいたりました。

保持する資格は、
国家資格である家畜人工受精師と
大型特殊免許、けん引免許です。

(荒野が、
人工授精師の試験に合格して間もなく、

奥さんが第一子を懐妊したのは、
すてきな思い出です(^0^))


20歳の時に、

あるすごい新聞広告との衝撃的な出会いによって、
「ふるさと小布施に牧場を」という夢をいだいたことは、
あとで書きますね。


一方、長男の真風(まかぜ。33歳)は、

東京での大学生活のあと、
クラシックホテルとして知られる山の上ホテル
(御茶ノ水)に就職。

職場結婚をして、
「子育てはふるさとで」との思いで、
8年間のホテルマン生活を終えて帰郷。

荒野の夢を共に叶えていこうと思い定めて、
兄弟での起業となりました。

兄弟経営、
そして自分ではなく弟が社長・・・

それなりに考えるところはあったようですが、
議論を重ねながら、仲良く、経営しています。


こうしたいきさつから、

代表取締役  木下 荒野
専務取締役  木下 真風
取締役用務員 木下 豊

という体制でスタートすることになりました。

わたしの本業は文屋代表ですので、
あくまでも非常勤的な参画です。

「用務員」については、
別の号で書きますね。


**********************
★伊那食品工業さんをTTPする牧場、
             始めます!★
**********************


くりかえしになりますが、
小布施牧場株式会社の経営理念は、

「社員が幸せにはたらく楽農経営で、
       美しい里山を増やします」です。

そして、社是は、

「いい会社をつくりましょう 
     ―たくましく そして やさしく―」。


どこかで見た社是ですよね。


そうです、塚越寛さんの伊那食品工業株式会社が
掲げる社是、そのまんまなのです。

公言はしていませんが(初めて公言)、

荒野社長の口癖は、
「小布施に伊那食品工業さんの”楽農版”を
つくりましょう」です。

どんな世界でも、

その真髄をつかみ、奥義に迫って、
体現しようとするなら、
まずは真似ること。

茶道・剣道などの「道」の世界では、
守破離(しゅはり)の「守」に徹することが
すべての入口ですね。

守は、エイゴでいうとTTP。

「徹底的にパクる」ことです。

わたしたちは、
「社是」をそのまんまいただくことで、
TTPの一歩を踏み出しました。


台風19号に、
コロナさんの災禍に、
このたびの大雨に・・・

いろいろな波風を受けながらも、

おかげさま開業3年目のいま、
末広がりの明るい見通しを
語り合えるようになっております。

感謝の言葉しかございません。


次号では、

荒野社長が20歳の時に、

あるすごい新聞広告との衝撃的な出会いによって、
「ふるさと小布施に牧場を」という夢をいだいたことを、
書きせていただきますね。

いま、
わたしたちが、
「塚越さんの伊那食品工業さんをTTP!」と
語り合っている原点に迫るエピソードです。

ご期待ください!

****************

小布施牧場の
直営店舗milgreen(ミルグリーン)は、

ジェラートとモッツァレラチーズの工房がある
カフェです。

朝、しぼりたての濃厚なジャージー牛乳を
低温殺菌したミルクを使い、

工房でジェラートとモッツァレラチーズに仕上げて、
お客様にご提供しています。

お店は、
「小布施千年の森」という
広大な広葉樹の森にあります。

お客様には、

信州小布施に旅をしていただき、
森で生まれたての清冽な空気を吸いながら、
味わっていただきたいと願っております。

直売をしながらも、
ネットによる通信販売も行っています。

通販のメニューは、

1.カップアイスクリーム6個入り
2.モッツァレラチーズ3個入り
が基本です。

お中元向けとしても、
ご好評をいただいております。

いつもの夏とはちょっと新味のあるお品として、
ご検討いただけると幸いです。

小布施牧場の公式サイト:
https://obusedairyfarm.co.jp/

****************


文屋はいま、
オンラインスクール
「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」を制作しています。

ナビゲーター、講師を、
高野登さんがご快諾くださいました。

いまは在庫切れになっている
上記の『映像本いい会社をつくりましょう』の
対話映像を観ながら、

高野さんとわたしが語らい、
議論を深める構成です。

毎月1回の配信で、12回、1年間をかけて、
受講されるお一人お一人が、

それぞれの人生とお仕事、経営のありようを見つ直し、
成長・進化させることを目標にしています。

7月下旬の開講予定です(7月1日の開講が遅れ、
申し訳ございません)。

どうぞご期待ください。

****************

ではみなさん、お健やかに、
夏の佳き日々を楽しみましょう。

どうぞよろしくお願いいたします。

文屋 木下 豊より


【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

放牧場のジャージー牛と荒野社長

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

このメールマガジン(美日常の文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、
日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

★プレム・ラワットさんの「心の平和」のメッセージを、

これから100年の未来を生きる、
無限の可能性を秘めた子どもたちに贈りたい!

寄付本プロジェクトにご一緒しませんか?★

ラワットさんのこのご著書を、
より多くのみなさんにお伝えしていきましょう!

新刊と寄付本プロジェクトの詳細はこちら →
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=148653715

*********************

小布施牧場の
しぼりたてジャージー牛乳を使った
ジェラートとモッツァレラチーズの工房&カフェ
milgreen(ミルグリーン)
https://obusedairyfarm.co.jp/milgreen/

************************

2019年1月20日に八重洲ブックセンターで開いた
かんてんぱぱ・伊那食品工業株式会社会長
塚越寛さんの講演音声データ。

語り手と聞き手の意識が高いレベルで一体になった
「奇跡の講演会」の90分間の全容を、
ぜひお手元で何回も聞いてお役立てください。
http://www.e-denen.net/index.php/movies?_id=42

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのこころの師匠・戸村和男先生
 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/

師匠のお弟子さん・井内由佳さんのご著書

『もっと美しく、もっと幸せに
~リッチに輝いて愛される33の理由』
(廣済堂出版。2018年)より

【第4章 愛の中にいる】

「わかってほしい人」ではなく、
「わかってあげたい人」になる。

そう考え方を変えると、
こころは穏やかになり、
ストレスから解放されます。

★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com

★井内由佳さんが社長をつとめる
株式会社フィールド オブ ドリームスの公式サイト:
命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」
goo.gl/hJbwWd
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

image