文屋

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.771 真摯に幸せを追い求める「経営者」への贈り物。6月11日(木)・12日(金) かんてんぱぱ・伊那食品工業で学ぶ「年輪経営 伊那セミナー」募集開始。

2020年03月24日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

きょうの信州小布施は、
夜半から降りつづいた雪が5センチほど積もり、
銀世界に逆戻りしました。

文屋のお庭に咲き始めた薄紅の梅の花にも、
粉雪が舞っています。

これにお月さんが加わると、
「雪月花(せつげっか)」の景色ですね。

みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
信州小布施 美日常の文屋だより vol.771
和合と感謝
百年本を世界の未来へ。
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
2020年3月24日配信予定 How ?

【きょうのテーマ】
真摯に幸せを追い求める「経営者」への贈り物。
6月11日(木)・12日(金) かんてんぱぱ・伊那食品工業で学ぶ
「年輪経営 伊那セミナー」募集開始。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**********************
★参加資格は「経営者限定」?★
**********************


みなさん、
たいへん長らくお待たせいたしました。

6月11日(木)・12日(金)
かんてんぱぱ・伊那食品工業で学ぶ
「年輪経営 伊那セミナー」の募集を始めます。

昨年6月の同じ時期に1泊2日のセミナーを
開催してからいままで、約9か月間、

「次回の開催」を目標に、
同社のみなさまと打ち合わせを重ね、
募集要項を調整し、練り上げてきました。

同社は今年、創立62年です。
文屋は今年、創立21年です。

このセミナーには、
同社と文屋のこれまでの積み重ねのすべてが、
込められています。

真摯(しんし)に
「四方(しほう)よし」の幸せを追い求める方々への、
心を込めた贈り物です。

ただし、参加資格がございます。

それは、「真摯な経営者限定」ということです。


「え? わたしは会社員だから参加できないの?」

「退職したので、もうだめなの?」

「個人事業主で誰も雇っていないから対象外?」

その答えは、
Noであり、
Yesでもあります。

年輪経営伊那セミナーの主催者として掲げる、
「真摯な経営者」の経営者は、
会社の社長さんだけではありません。

まず、
経営者=社長と考えるのがふつうですが、
このセミナーで「経営者」とは、

「家庭の経営者」「まちの経営者」「国の経営者」も
含まれます。

さらには、
「人生の経営者」も。

つまり、すべての人は、
自分という人生の経営者という考え方です。


優れた経営者は、

・公(おおやけ)に開いた理念と目的を定め、
・短期・中期・長期の明るいビジョンを示し、
・戦略と戦術を計画に仕立て、

・自社の経営資源を有効に活用して、
・関わるすべての人々の幸せを願いながら、

・自ら主体的に明るく優しくたくましく
リードしていく存在です。

これは理想像であり、
わたしはまだ、とてもそんな経営者には
なれていません。

しかし、

いまの自分を知り、
理想の自分との落差を認めて、
その理想像に近づけるように、努めてはいます。

すべての人は、
自分という人生の経営者。

ですから、

「参加資格 真摯な経営者」で
たいせつなポイントは、
「真摯」であることなのだと思います。

真摯とは、
「一生懸命に物事に取り組むこと」
「まじめでひたむきな態度」

このセミナーに当てはめると、

・平日の貴重な時間に、真剣勝負の職場に迎え入れて、
学びの機会をくださる
伊那食品工業の現場のみなさんへの感謝(これ一番大事!)

・自身の明確な課題と目的の意識
・自分の貴重な時間とお金と労力を
使って(投資して)いるという意識

・真剣に主体的に参加する意識
・参加者同士が対等に学び合う意識

・気持ちよく送りだしてくれる
家族や社員への感謝

こういった意識をもつ「経営者」のみなさんこそ、
主催者として、ぜひご参加いただきたいと
願っています。

ですから、結論としては、

「真摯」な御方であれば、
パートさんや会社員でも、退職されていても、
一人社長さんでも歓迎です(^0^)


蛇足(だそく)ながら、
ここまでお読みくださった方に、
以下のような方が居るはずがない!と信じつつも、

念のため・・・

「わたしはもう伊那食品工業さんに、
何回も行っているから」

「わたしはセミナーの講師だから」

「今回の講師とお友だちで馴染みがあるから」

などといって、

馴(な)れ馴れしさと親しさの
区別をつけられない御方。


「参加して講師と居るだけで安心」

「フェイスブックに写真をアップすれば
それで満足」で、

あすからの人生と仕事、
暮らしと働きの改善と改革に、
取り組もうとしない御方は、

残念ですが、
参加資格を満たしておりません。


**********************
★末広がりの年輪経営プロジェクト
テーマは
「末広がりのいい会社・いい人生・
いいまちをつくりましょう」★
**********************


文屋はこのたび、
「末広がりの年輪経営プロジェクト」を始めます。

テーマは
「末広がりのいい会社・いい人生・
いいまちをつくりましょう」です。

今回の「年輪経営 伊那セミナー」は、
このプロジェクトの立ち上げを記念する
第一回目です。

同じプロジェクトの一環として、
「年輪経営 小布施セミナー」も
構想しております。

小布施セミナーについては、
今後、みなさんにご相談しながら、

お役に立って喜ばれる内容に
練り上げていきます。

みなさん、
ご意見やご助言をお願いいたします。


「伊那セミナー」「小布施セミナー」はいずれも、
事前にオンラインセミナーを開催します。

参加予定のみなさんがネット上で集い、
課題の映像などを観ながら、意見を交わし、
質疑応答をして、開催当日への準備を進めていきます。

セミナーの修了後も、
オンラインの集いとリアルの集いを織り込みながら、

志を同じくする人たちの
ゆるやかなコミュニティを運営していきます。


わたしは、
文屋を創業した翌年の2000年、

経営コンサルタントの大前研一さんが創始した
政策学校「一新塾」で学びました。

毎週火曜日の夕方、
千代田区一番町の
大前さんのセミナールームで開かれる塾へ。

長野県小布施町から新幹線で往復して
深夜に帰宅する生活を半年間、
塾生たちと学び合いました。

皆勤賞をいただきました。

大前さんにつねづね言われた次のメッセージが、
いまも、いつも念頭にあります。

「人間が変わる方法は三つしかない。

一つは時間配分を変える、
二番目は住む場所を変える、
三番目は付き合う人を変える、

この三つの要素でしか人間は変わらない。

もっとも無意味なのは、
「決意を新たにする」ことだ。

かつて決意して何か変わっただろうか。

行動を具体的に変えない限り、
決意だけでは何も変わらない。」
(大前 研一著『時間とムダの科学』より引用)


奇(く)しくも、
今回、特任講師をお引き受けくださる
高野登さんはまさに、

1時間配分と2住む場所と3付き合う人を
変える決断と覚悟を胸に、
今年2020年を迎えられました。


末広がりの年輪経営プロジェクトは、
「真摯な経営者」のご参加を求めています。

自身の天命と使命と生命を生き切る覚悟で、
真摯な学び合いに取り組む、その先に見えてくる

ほんとうの「楽しさ」を、
みんなで味わいたいと思います。


みなさん、
ご参加のお申し込みをお待ちいたします。

★募集要項とお申し込み方法は:
https://e-denen.net/index.php/bunyaza28

ではみなさん、
すてきな春の日々を楽しみましょう。

感謝を込めまして

信州小布施
文屋の木下豊より

****************

【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag

昨年6月に伊那食品工業さんを訪問した
文屋座ビジネス合宿セミナーの朝礼の後、
塚越寛さん(左)木下

****************


★プレム・ラワットさんの「心の平和」のメッセージを、

これから100年の未来を生きる、
無限の可能性を秘めた子どもたちに贈りたい!

寄付本プロジェクトにご一緒しませんか?★

ラワットさんのこのご著書を、
より多くのみなさんにお伝えしていきましょう!

新刊と寄付本プロジェクトの詳細はこちら →
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=148653715

*********************

小布施牧場の
しぼりたてジャージー牛乳を使った
ジェラートとモッツァレラチーズの工房&カフェ
milgreen(ミルグリーン)
https://obusedairyfarm.co.jp/milgreen/

************************

このメールマガジン(美日常の文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、
日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

2019年1月20日に八重洲ブックセンターで開いた
かんてんぱぱ・伊那食品工業株式会社会長
塚越寛さんの講演音声データ。

語り手と聞き手の意識が高いレベルで一体になった
「奇跡の講演会」の90分間の全容を、
ぜひお手元で何回も聞いてお役立てください。
http://www.e-denen.net/index.php/movies?_id=42

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのこころの師匠・戸村和男先生
 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/

師匠のお弟子さん・井内由佳さんのご著書

『もっと美しく、もっと幸せに
~リッチに輝いて愛される33の理由』
(廣済堂出版。2018年)より

【第4章 愛の中にいる】

神さまに気に入られる生き方ができているか
日々問いかけながら暮らすこと、

細やかなディテールまで思い描く妄想をすること。

これが望む未来を引き寄せる秘訣です。

★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com

★井内由佳さんが社長をつとめる
株式会社フィールド オブ ドリームスの公式サイト:
命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」
goo.gl/hJbwWd
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

image