HOME > 文屋座 > これまでの文屋座 > 第4回文屋座

文屋座

文屋座特別版のご案内
大久保寛司さん(人と経営研究所所長)監修

『いい会社をつくりましょう』の塚越寛さんに学ぶ経営と人生の神髄

いい会社をつくりましょう
『いい会社をつくりましょう』
(塚越寛・著)
幸福への原点回帰
『幸福への原点回帰』
(鍵山秀三郎・塚越寛・共著)
考えてみる
『考えてみる』
(大久保寛司・著)
世界夢ケーキ宣言!
『世界夢ケーキ宣言!』
(清水慎一・著)

ご案内

早春の候、みなさまにおかれましては、ご清栄のこととお慶び申し上げます。平素よりたいへんお世話になりまして、有り難うございます。

文屋座特別版のご案内を申し上げます。

おかげさまで文屋座は、昨年5月以来3回開催し、のべ320人のみなさまにご参加いただくことができました。文屋座は、書き手と読み手と作り手の、出会いと学びと交流の場です。今回は初めて、1泊2日の特別版として開催いたします。 大久保寛司さんの監修のもと、塚越寛さんのご講演と、塚越さんへの大久保さんによるインタビューを聴き、伊那食品工業株式会社で働く社員のみなさんと大久保さんとの対話から学びます、定員わずか20人の、濃密なプログラムです。

お宿は、塚越さん、大久保さんご推奨のホテル、駒ヶ根高原リゾートリンクスです。温泉と高原の清涼な空気に心身を癒やし、交流夕食パーティーでの語らいを、ゆっくりとお楽しみください。

二日目は、少し早起きして、伊那食品工業様の朝の掃除に参加します。かんてんぱぱガーデンのレストランで昼食をいただいたあとは、菓匠Shimizuへ。シェフパティシエで、『世界夢ケーキ宣言!~幸せは家族だんらん』(文屋)の著者・清水慎一さんのお話を聴きながら、季節のケーキを味わいます。

新緑の伊那谷を舞台にした文化サロン「文屋座」をご堪能ください。

開催日

平成24年5月1日(火)・2日(水)

会場

研修先

伊那食品工業株式会社(長野県伊那市)
http://www.kantenpp.co.jp/

菓匠Shimizu(長野県伊那市)
http://www.kasho-shimizu.com/

ホテル

駒ヶ根高原リゾートリンクス(長野県駒ヶ根市)
http://www.komagane-linx.co.jp/

講師

◆塚越 寛さん(伊那食品工業株式会社 代表取締役会長、『いい会社をつくりましょう』著者)

プロフィール
塚越 寛(つかこし・ひろし)さん

1937(昭和12)年、長野県駒ヶ根市生まれ。1958(昭和33)年、伊那食品工業株式会社に入社。1983(昭和58)年、代表取締役社長に就任。1990(平成5)年、日本寒天工業協同組合理事長に就任。2002(平成14)年、わが国の産業と地域社会の発展に大きく貢献した、中堅・中小企業の優れた経営者を表彰する「優秀経営者顕彰制度」(日刊工業新聞社)の最高賞「最優秀経営者賞」を受賞。2005(平成17)年、代表取締役会長に就任。
著書『いい会社をつくりましょう』、鍵山秀三郎氏との共著『幸福への原点回帰』(いずれも文屋)、『リストラなしの「年輪経営」』(光文社)の出版や、講演などをつづける。中小企業の本来あるべき姿について啓蒙普及する活動は、多くの経営者に示唆を与え、厚い共感を呼んでいる。2011(平成23)年、11月、こうした功績により、旭日小綬章を受賞。

 

◆清水 慎一さん(菓匠Shimizuシェフパティシエ、NPO法人 Dream Cake Project 理事長『世界夢ケーキ宣言! ~幸せは家族だんらん』著者)

プロフィール
清水 慎一(しみず しんいち)さん

1975年、長野県伊那市生まれ。東京、パリ、熊本での修業を経て、2005年、両親とともに「菓匠 Shimizu」新店舗をリニューアルオープン。2010年、ギフトショップ併設のバンケットカフェ「ポンデザール」、夢学校「スタジオ・マジカルゾー ン」オープン。現在、両親、夫人と、パティシエ30人のスタッフと日々「夢創り」に励む。モットーは「菓子創りは夢創り」。2006年より、子どもたちの 描いた夢の絵をケーキにしてプレゼントする「夢ケーキの日」を開始。菓子業界のみならず各界から注目を集める。愛称は「サンタクロース」。
著書『世界夢ケーキ宣言! ~幸せは家族だんらん』(文屋)

 

監修

◆大久保 寛司さん(人と経営研究所 所長、『考えてみる』著者)

プロフィール
大久保 寛司(おおくぼ かんじ)さん

1949(昭和24)年生まれ。1973(昭和48)年、日本アイ・ビー・エム入社。中部支社を中心に営業現場にて活躍。1992(平成4)年、本社業務改革推進本部MDQ(マーケット・ドリブン・クオリティ)推進担当。1998(平成10)年、CS部長に就任。2000年(平成12)年、同社を退社し、人と経営研究所を設立、省庁に就任。
著書 『月曜の朝からやる気になる働き方』『自分が変われば組織も変わる コミュニケーション上手になる』『経営の質を高める8つの基準 日本経営品質賞のねらい』(以上、かんき出版)、『二十一世紀 残る経営、消える経営』(中央公論新社)、『仕事の壁を破るヒント 自分が変わる「気づき」の60話』(PHP 研究所)ほか多数。
最新刊は、ビジネス詩集『考えてみる』(文屋)。

日程

【5月1日(火)】

※JR・高速バスをご利用の方へ
貸切無料バスをJR伊那市駅前より伊那食品工業株式会社へ1便、ご用意いたします。JR伊那市駅前を13:15出発、同社に13:45到着予定。高速バスの「伊那市」バス停からJR伊那市駅前まで、徒歩2分です。

14:30 受付(伊那食品工業株式会社 本社セミナールーム)
15:15 開会式、オリエンテーション
15:30 社員のみなさんへの大久保さんによるインタビュー
          60分間×2グループ(各グループ4人)
17:30 バスで出発。駒ヶ根高原リゾートリンクスへ。自由時間、交流タイム
19:00 交流夕食パーティー
宿泊

 

【5月2日(水)】

06:00 朝食
07:00 バスで出発。かんてんぱぱガーデンへ
07:45 朝の掃除、ラジオ体操に参加。朝礼見学。
08:45 塚越寛会長の講演会・大久保さんによるインタビュー・質疑応答
11:30 昼食、お買い物
13:00 バスもしくは自家用車にて、菓匠Shimizuへ
13:30 清水慎一さんの講演会、お買い物など
15:30 解散

※JR・高速バスをご利用の方へ
貸切無料バスを菓匠Shimizu よりJR伊那市駅前へ1便、ご用意いたします。JR伊那市駅前に15:45到着予定。

参加費・定員

お一人 70,000円(税込。現地集合解散)

内訳

50,000円:研修費
20,000円:現地における食費、交流夕食パーティー会費、宿泊費、貸切バス移動費(現地を自家用車で移動される場合も同額です)

定員

20人様(1社2人様以内)。

お申込方法

下記のお申込フォーマットが便利です。メール、ファクスの場合、文屋宛に下記の項目をご連絡ください。

(1) 氏名 (2) 社名 (3) 役職 (4) 住所 (5) 電話番号

お申込登録後、お振込先をお伝えいたします。お振込の確認をもって、ご参加の登録を完了いたします。定員に達し次第、締め切らせていただきます。ご容赦ください。

TEL: 026-242-6512 FAX: 026-242-6513  E-mail: bunya@e-denen.net

お振込口座

1)ゆうちょ銀行:店名「〇五九(ゼロ・ゴ・キュウ)店」
当座 0062446 受取人名 ブンヤ

2)郵便振替:00520-0-62446
加入者名 文屋

3)八十二銀行 小布施支店
普通 148894 名義人 文屋

※恐れ入りますが、振込手数料はご負担ください。

課題図書

つぎの書籍を、事前にお読みいただきますと、当日の理解がいっそう深まることでしょう。書店・ネット書店、また文屋の直接のご購入も可能です。

1.『いい会社をつくりましょう』塚越寛・著、1,260円

2.『幸福への原点回帰』鍵山秀三郎・塚越寛・共著、1,470円

3.『考えてみる』大久保寛司・著、1,260円

4.『世界夢ケーキ宣言! ~幸せは家族だんらん』清水慎一・著、1,470円(いずれも文屋・刊)

注意・お願い事項

  1. 2日間のすべての日程にご参加ください。遅刻、中座、早退が見込まれる方のお申込は、ご遠慮ください。
  2. 初日、少し早めに着いて、かんてんぱぱガーデンの散策、ギャラリーの鑑賞や、創作寒天料理の昼食、寒天のデザートなどを楽しまれてはいかがでしょうか。
  3. 参加費は、主催者の都合による開催中止の場合のほかは、お返しいたしません。参加を取りやめる方は、主催者に報告して、参加資格を他の方に譲ることができます。責任をもって、ふさわしい方をご推薦ください。
  4. 参加者名簿(氏名、社名、役職、都道府県・市町村)を、当日配付する資料に掲載いたします。名簿の取り扱いは、十分にご留意ください。
  5. 伊那食品工業株式会社における講演会などの様子は、DVDブックを制作する目的のもと、映像カメラ、スチールカメラ、録音機材で収録いたします。研修中の映像、写真、音声の著作権は文屋に帰属します。
  6. 撮影中の録音、撮影は厳禁とさせていただきます。私語を慎み、携帯電話の電源は必ずOFFにしてください。着座を心がけ、室内の移動や退出はお控えください。
  7. その他、収録に必要な事柄について、お願い、ご相談する場合がございます。ご協力をお願いいたします。
  8. ツインルームのご希望と同室の方のお名前は、お申込時にご記入ください。

 

メールマガジン 文屋だより

文屋だより

Vol.836 「洗車しているのに事故が」と嘆く人に捧げた3つのポイントと1つの糸口とは?
みなさん、こんにちは。お元気ですか? 信州小布施はきょうも、 初冬のさわやかな快晴です。 きのうは、11月最後の日曜日。 午後、このメルマガを下書きしたあと、 お庭の冬仕舞いの片づけに精を出しました。 ... 続きを見る

Bookフェアの開催予定

オリジナル絵はがき

ご購入のご案内

  • bunya Facebook page
  • @bunyakinoshita

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法