HOME > 文屋座 > これまでの文屋座 > 第13回文屋座

文屋座

第13回文屋座

平成26年秋の文屋座のご案内

竹節志げ子著『マードレの田園レシピ』3刷記念
「暮らしをすてきに演出しましょう」

文屋座は、書き手と読み手と作り手の、出会いと学びと語らいの文化サロン。
学び座(セミナー)と語らい座(パーティー)の2部構成です。
お誘い合わせてご参加ください。

終了いたしました。

とき 平成26年11月22日(土) 10:00~15:30(5時間30分)
ところ

グランドエクシブ軽井沢

〒389-0115 長野県北佐久郡軽井沢町追分字東かじか沢23-1
http://reserve.resort.co.jp/hotels/xiv/karu/index.html
電話:0267-46-3331
お車:上信越道小諸ICまたは佐久ICより約15分
JR:長野新幹線軽井沢駅からタクシーで約25分
しなの鉄道:御代田駅からタクシーで約10分

講 師

竹節 志げ子さん(料理研究家)

花井 裕一郎さん(演出家)

内 容

【学び座 セミナー】

9:30
受付
10:00
開会
10:00~10:05
開会式 5分
ごあいさつ:文屋 代表 木下 豊
10:05~10:50
竹節 志げ子さんのお話 45分
「家庭料理で演出する豊かな暮らし」
10:50~10:55
小休憩 5分
10:55~11:25
裕一郎さんのお話 30分
「暮らしに生かす、わくわく演出マネジメント」
11:25~11:40
休憩 15分
11:40~12:40
トークセッション 竹節さんと花井さん。聴き手:木下 豊 60分
「暮らしをすてきに演出しましょう」
12:40~13:00
サイン会、名刺交換タイム、ウェルカムドリンク 20分

【語らい座 講師を囲むパーティー】 小布施ワイナリーのワインをお楽しみください。

13:00
開会
15:30
閉会
参加費

1万円(税・サ込)

事前お申し込み・前払い制です。
会費のお振り込みをもってお申し込み完了といたします。

お振込先

八十二銀行 小布施支店 普通 217149 
 名義:合同会社 文屋(ゴウドウガイシャ ブンヤ)

※キャンセルの場合、会費の払い戻しはいたしません。別の方に参加権をお譲りいただくことができます。その場合は、参加される方のお名前、ご住所、電話番号、メールアドレスをお知らせください。

定員

定員 100人様。定員に達しましたら、締め切ります。

お申し込み

下段のフォームからお申し込みください。

合同会社 文屋
〒381-0204 長野県上高井郡小布施町飯田45
TEL: 026-242-6512 FAX: 026-242-6513
http://www.e-denen.net  E-mail: bunya@e-denen.net

プレゼント

参加記念として、竹節さんお手製のラベンダーのポプリと、文屋謹製「野菜の花」のポストカード5枚セット(撮影:関真澄)を、プレゼントいたします。

講師プロフィール

竹節志げ子( たけふし・しげこ)

1945(昭和20)年8月21日、長野県大町市生まれ。70(昭和45)年、山ノ内町志 賀高原へ嫁いだのち、夫婦で企業の山荘の管理人を務める。91(平成3)年に夫が早世。翌年、3人の子どもを育てるため、学生向けのスキーロッジを開業。 99(平成11)年、小布施町へ転居、翌年「プチレストラン・マードレ」を開店。2005(平成17)年春、マードレを閉店し、畑で野菜や果実を栽培しな がらつぎの活動のかたちを模索。同年夏、文屋より初の著書『マードレの田園レシピ』を発刊。

2010(平成22)年春、自宅にて民家食堂まあどれ「静」を開店して再出発。同居していた養母を見送ったあと、同店を閉店。

2013(平成25)年夏、活動の拠点を軽井沢に移し、料理ケータリングのまあどれ“静”と、料理と着物の着付け教室をスタート。

〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉896-1 プロムナード軽井沢B105
e-mail: madre-bamboo24@docomo.ne.jp
TEL 090-3143-0330

顔写真 『マードレの田園レシピ』表紙写真

竹節さんが自著を語る。

竹節さんから文屋座へご招待のメッセージです。

花井 裕一郎(はない・ゆういちろう)

演 出家、NPOオブセリズム理事、NPO長野県図書館等協働機構事務局長、株式会社ATR Creative アドバイザー、株式会社五星「パブリックマネジメント研究所」特任研究員。1962(昭和37)年福岡県生まれ。映像作家として訪れた長野県小布施町に魅 せられ、家族とともに移住。公募で館長に就任した町立図書館「まちとしょテラソ」 が、2012(平成24)年、ライブラリーオブザイヤー大賞を受賞。日本一チャーミングな図書館に選ばれる。同年、文屋より初の著書『はなぼん ~わくわ く演出マネジメント』を発刊。

映像の世界で培った「演出」をキーワードに、ユニークなマネジメントで、各地でワクワクする空間を創り出している。全国の図書館関係、まちづくり関係の講演会講師多数。

NPO法人オブセリズム:http://www.obuserhythm.com

顔写真 『はなぼん ~わくわく演出マネジメント』

メールマガジン 文屋だより

文屋だより

Vol.836 「洗車しているのに事故が」と嘆く人に捧げた3つのポイントと1つの糸口とは?
みなさん、こんにちは。お元気ですか? 信州小布施はきょうも、 初冬のさわやかな快晴です。 きのうは、11月最後の日曜日。 午後、このメルマガを下書きしたあと、 お庭の冬仕舞いの片づけに精を出しました。 ... 続きを見る

Bookフェアの開催予定

オリジナル絵はがき

ご購入のご案内

  • bunya Facebook page
  • @bunyakinoshita

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法