文屋

オンラインスクール

末広がりの年輪経営プロジェクト
ビジネス・オンラインスクール
高野登さんと学ぶ

「わたしの人生を変えたホスピタリティライフのすすめ」
~リーダーとは相手の美点をリードする者である~
(全12回・学習期間6ヶ月間)

特典1:
「高野登さんが大切にしている!人生が豊かになる朝習慣」
今回限りの完全非公開映像です。

※3回目の配信コンテンツにて公開いたします。

特典2:
高野さんの集大成となる一冊!!
オンラインスクールとセットで学ぶと効果絶大!
高野さんが「ホスピタリティ」を美しい写真とともに、
詩のように編んだ静かなロングセラー
『おもてなし日和』(文屋)全文のpdfをプレゼント!

【利己から利他へ コロナ禍の意味は価値観の大転換】

人類はコロナ禍の真っ只中にいます。わたしたちは、効率・速さ・成長・移動・交流など、これまで築いてきた文明の価値観の見直しを迫られています。

人類はいま、原点に立ち戻る踊り場にいます。チャンスです!
価値観や手段をゼロベースで見直して、プラスに転じていく時です。
これからのわたしたちを導くいていく軸になる本物の知性、
それがホスピタリティライフです。

それは、他を押しのける排他的な利己主義から、マネジメント、利他主義への大転換です。

「それはキレイごとでしょう?」と思われるかもしれません。

これからご紹介する「ホスピタリティライフ」は、
自己犠牲の上に成り立つ利他ではありません。
自分を大切にするように他者を大切にする、あり方です。

自他それぞれの美点を磨き合って、お互いを高め合う、生き方です。

「ホスピタリティライフ」は、人生のあらゆる場面で、
愛情をもって、知性と意志を使って行動する、
新しい価値観による生き方です。

写真1

【コロナ前も後も人の問題はコミュニケーション】

人間の悩みや課題の大半は、人間関係です。

社長と社員、会社とお客様、夫婦、政府と国民、
マスコミと視聴者、人間と自然・・・
すべてはコミュニケーションで成り立っています。

なぜ思い通りにならないのでしょうか?
そもそも人は思い通りになるのでしょうか?
社員教育とは? 教えるとは何なのか?

そこで提唱したいのが、ホスピタリティライフによる
相手を輝かせるリーダーシップです。

ホスピタリティライフ。
これは、高野登さんが初めて提唱する新しい言葉です。

【西洋と東洋。二つの極が融合して生まれた「ホスピタリティライフ」】

高野さんは、1973年に渡米されました。NYプラザホテルなどのラグジュアリーホテルの現場体験を経てマネジメント部門を担い、90年には世界トップブランドのリッツ・カールトンホテルに移籍。ホスピタリティの現場を取り仕切りながら、マネジメント、リーダーシップ、ブランディングをテーマにした人財研修を担当されました。
リッツ・カールトンのハワイ、日本、アジアへの進出をリードし、リッツ・カールトン大阪を開業5年目で国内最高ホテルも評価を得るまでに育て上げました。

現在は、「人とホスピタリティ研究所」代表として、業種や規模を問わず、企業研修やリーダー研修の講師をとつめています。座右の銘は「仕事の報酬は次の仕事」。求められ続け、働き続けて「110歳の過労死」を目指している方です。その端正なお姿と共に、ホスピタリティマインドに満ちた受け答えから、老若男女、幅広い層の多くのお仲間に囲まれ、日々、いきいきと活動されています。
高野さんのふるさとは、長野県の戸隠村(現・長野市)です。戸隠は、日本神話の天の岩戸開き(あまのいわとびらき)伝説で知られています。「戸隠山に恥ずかしいことはするな。幼いころからご両親に、そう言われて育ちました」と語ります。帰国後は、おもてなし、利他の精神、江戸しぐさ、論語など、日本・東洋の精神文化の研究を進めていらっしゃいます。
大自然に感謝して、お互いを敬い合う日本的な精神と、アメリカ型の個性を輝かせる一流のリーダーのあり方。二つの極が融合する中で高野さんがたどり着いたのが、「ホスピタリティライフ」です。このオンラインスクールでは、マネジメント、リーダーシップ、ブランディング、そしてホスピタリティなど、多様で豊かな視点と視座から、高野さんと共に学んでいきます。
高野さんのご著書は、40万部を超すベスト&ロングセラーである『リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間』(かんき出版)など、20冊以上にのぼります。

【このオンラインスクールの内容】

ホスピタリティライフには、至高の問いがあります。Golden Questionとも呼びます。
それはこの問いです。

「この瞬間に、わたしという存在の何が、まわりを幸せにしているか?」

これは実際に、リッツ・カールトンで日々社員が問いかけていた「問い」です。
問いは、想像と創造の源泉です。答えの質は問いの質で決まります。
いい問いは、クリエイティブな行動につながるアイデアをもたらします。

「わたしは何をやればいいのかな?」

「この瞬間に、わたしという存在の何が、まわりを幸せにしているか?」

2つ目のGolden Questionが秘めた、現実を変えていく力を実感されることでしょう。

社員・スタッフを「教育」していませんか?
真のリーダーとは、相手の美点をリードする人、
クリエイティビティを引き出す人です。

社員からアイデアが出てこない?
すべての人には、クリエイティビティ・創造性があります。
クリエイティブな「場」が用意できれば、創造性は発揮されていきます。

事例1)
社員から飛び出たアイデア「1億円の結婚式」。その結果とは・・・

事例2)
氷細工に秘められたプロポーズ大作戦とは・・・

クリエイティブな社員が増えることは、すなわち変化に強いチームができるということです。いまの時代に必要なこと、それは「変化し続けること」です。

社員を引っ張っていこうとしていませんか?
大事なことは「物語」の共有です。
会社のビジョン、理念、戦略、戦術は、物語のあらすじです。
社員は、その物語を現実のものにしていく主役です。
会社の理念を共有していく、日々の一人ひとりの成果を共有していく。
そして、その物語の舞台に迎えられたお客様が、輝いていく。
どんなステージも一人ひとりにとって大事な舞台です。

あなたの目の前には、生き生きと輝く人たちに囲まれた、
素晴らしい日々が待っています。
利己から利他へ価値観の転換をはかる
このホスピタリティライフの旅に、ご一緒しませんか?

【このオンラインスクールの特徴】

  1. パワーポイントは使いません。高野さんは、手書きの画用紙と板書を使って、アナログで、みなさまの心に語りかけます。
  2. 高野さんが半世紀近くにわたって、国内外の一流の現場で積み重ねた生きた事例と知恵を余すことなくお伝えいたします。
  3. 高野さんと受講生同士が交流するコミュニティづくりを目指します。高野登さんとリッツ・カールトン東京で会食するツアー、伊那食品工業を訪問するツアーなどを運営してまいります(コロナの状況を見て慎重に企画いたします)。
  4. 深い知性✕感情✕意志=幸せにご機嫌に、そして美しく生きる決定打!

    この講座では、自分・家庭・職場・社会など、
    多様な場面における考え方、働き方、生き方などのあり方、
    ありようを考え、学び、実践していきます。

    自分とまわりを安心感と幸福感で包み、豊かな味わいのある感動を楽しむために。
    高野さんとご一緒に問い、考え、行動していきましょう。

    写真2

【このオンラインスクールの内容】

1回60分前後の講義を、映像と音声で、月2回、全12回、学習期間 6か月間で学びます。以下のテーマと内容は、高野さんと質問者の思索と議論の進化と深化によって、予告なく変更される場合があることを、ご了承ください。

・1か月目第1講・第2講 「ホスピタリティライフのすすめ概論①②

・2か月目第3講・第4講 「自己成長を支えるホスピタリティ ①と②」

・3か月目第5講・第6講 「人間関係を築くホスピタリティ ①と②」

・4か月目第7講・第8講 「チームワーク(仲間)を支えるホスピタリティ ①と②」

・5か月目第9講・第10稿 「リーダーシップとホスピタリティ ①と②」

・6か月目第11稿・第12講 「コミュニケーションにおけるホスピタリティ①と②」

・番外編 「ホスピタリティライフの実践編①」

【このオンラインスクールの学び方】

 1月16日に第1講のURLがメールで配信されます。URLは、1)映像 2)音声 3)自習用テキストのpdfの3点です。
 第2講は、【お申し込み日】の15日後に、第3講以降は15日間隔で自動配信されます。
 映像と音声は、URLをクリックすれば、いつでも、どこでも、何回でも、6か月間の受講期間の終了後も、ご視聴いただくことができます。

 

パソコンやタブレット端末で映像を観たあと、スマートフォンで散歩や通勤、家事や運転などをしながら音声を聴くのが効果的です。繰り返し聴くことで、日々、ホスピタリティマインドを養い、実際に活用して実証していきます。その繰り返しと積み上げによって、「当たり前」のレベルを上げていきます。その成果は、必ず表れます。
また、自習用テキストは、ご自身の生活と経営を進化させる手立てとして、ご活用ください。自習用テキストへの書き込みは、手書きをおすすめいたします。手で書くことは、五感全体を使う全身運動です。手を使ってひたすら書くことで、問題意識を脳に刻み込むことができます。問題意識は、いわば受信アンテナです。明瞭になっていることで、アイデアをつかむ、心の態勢が調います。
 ご質問、ご意見などは、木下豊 bunya@e-denen.netまで気軽にお寄せください。
文屋がこれから運営するリアルセミナーやオンラインセミナーでのご発言も、歓迎いたします。
 なお、文屋のオンラインスクールは、「セミナーズ」のブランド名で知られるラーニングエッジ株式会社(東京)の「スクールシステム」と提携、配信されます。

写真3

【このオンラインスクールを学ぶことで得られること】

  1. 自分自身:心の平安を得ることができます。自分の中にまだ眠っている限りない可能性に目覚めることができます。
  2. 家庭:思いやりに満ちた家族を築くことができます。
  3. 職場:お互いの存在を認め、尊重して、それぞれの可能性を見つめて伸ばし、活躍するチャンスを活かして、目指す実績を手にすることができます。
  4. 社会:それぞれの人が役割を果たしながら、感謝し合い、和合の社会をつくっていくことができます。

特に仕事の場にホスピタリティライフを活用して得られることは・・・

  1. 真のリーダーとして、あり方やコミュニケーションについて学び、体得することができます。
  2. 社員を引っ張っていこうとしなくても、自然に社員自ら動けるようになる方法が、手に入ります。
  3. 空間や時間を見渡して、ものごとの本質を読み解く力、深い洞察力が身につきます。
  4. 社員自らの発案を生かし、変化の時代に必要な、集合知を使うコツをつかむことができます。
  5. 常にものごとの状況から、新しい戦略と戦術を生み出す集団になる、仕組みを理解できます。

【このオンラインスクールの受講料】

全12回・学習期間6か月間39,600円
月額払い 月々6,820円✕6か月=40,920円(税込) 

特典1:
高野さんが大切にしている!
人生が豊かになる朝習慣(今回限りの完全非公開映像)
※3回目の配信コンテンツにて公開いたします。

特典2:
高野さんの集大成となる一冊!!
オンラインスクールとセットで学ぶと効果絶大!
高野さんが「ホスピタリティ」を美しい写真とともに、
詩のように編んだ静かなロングセラー
『おもてなし日和』(文屋)全文のpdfをプレゼント!

おもてなし日和

一括払いはこちら 月額払いはこちら
銀行振込の方はこちら

【人生のすべての場面で活かせるホスピタリティライフ】

同心円の図

「暮らしと働きのあらゆる場面」というのは、
あなた自身を中心にした、
水の波紋のような同心円を思い浮かべてみてください。

ホスピタリティライフを実践し、
まず中心にいるあなた自身が輝き、
そして夫婦親子などの家族に、

職場の仕事仲間に、お客様や取引先に、
さらに地域や世界の社会へと、
輝く人々が広がりつながっていくことを願っています。

一括払いはこちら 月額払いはこちら
銀行振込の方はこちら

写真4
左から、諏訪戸真理子・木下豊・竹内明仁・高野登さん・加藤史子・石曽根久晴・藤井明菜。
わたしたちが制作・運営しております。よろしくお願いいたします。

image