文屋

ブログ

2022年1月20日

ニューノーマル時代の経営に、利他の心を――オンライン通信講座「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」④

新型コロナウイルス感染症の問題が続き、生活のあらゆる場でニューノーマル(新たな生活様式)が求められています。

ニューノーマル時代の経営者には、新たな常識のなかでいかに組織を維持、向上させていくかという課題が投げかけられています。

このとき多くの場合、その方法にばかり目が向きがちです。しかし、この時代を生き抜く経営者がまず意識すべきことは、「なぜ」「何のために」をしっかりと根底にもつことのように思えます。

この確固たる信念を「経営の神髄は、社員の幸せの最大化」という言葉で表しているのが、「かんてんぱぱ」で知られる伊那食品工業の最高顧問、塚越寛さんです。

文屋では、塚越寛さんが唱える「年輪経営」を学ぶオンラインセミナーを配信中です。

経営において、塚越寛さんが社員の幸せのために意識していることのひとつは、「反対の立場で考える」ということです。

例に挙げられるのが、社員旅行。伊那食品工業では、国内、海外と隔年で社員旅行を実施しており、社員たちは毎年とても楽しみにしています。

それもそのはず、文字通り「社員のために」企画されているのですから。

費用負担や旅先での自由度など、「みんなが楽しめるためには」ということを会社側がとことん追求し、さまざまな工夫がなされています。

言うは易く行うは難し。予算の問題だけでなく、旅先でまで上下関係にしばられたくないと社員たちに拒まれ、いま多くの企業では社員旅行を実施していません。

経営者である塚越寛さんが「反対の立場」になりきること、「自分が社員だったら」と考える力がいかに優れているかを物語っています。

こうして築かれた伊那食品工業の社風において、社員たちは「上下関係の意識はあまりない」と語ります。役職はあくまで役割に過ぎず、自由に意見を言い合うことの妨げにはならないと感じているのです。

このオンラインセミナーでは、人とホスピタリティ研究所の高野登さんが、文屋の木下豊とともに塚越寛さんのインタビュー映像を読み解きます。

上下関係にしばられず、社員たちが自律的に考えることができる伊那食品工業では「社員のエネルギーと創造性が良い感じに発散されている」と高野さんは語ります。

ニューノーマル時代に求められる価値観は、これまでの延長線にはありません。伊那食品工業では「かんてんぱぱ」シリーズをはじめ、社員たちが自由な発想でつくり出す毎年のラインナップが、市場に新たな価値を生みだしているのです。

商品の研究開発における創造力の発揮には、相手の立場になって「自分ごと」として考える姿勢が大事だと高野登さんは語ります。

ザ・リッツ・カールトンホテルの元日本支社長としての経験から、高野さんは相手の利を追求する「ホスピタリティ」の重要性を説いています。

「ホスピタリティとは、相手の心に寄り添って、相手の立場で考えて、その人にとって何がベストで幸せかを考えるのが原点。驚くのは、訪れるたびに伊那食品工業のホスピタリティ・レベルが上がっていることです。」(高野登さん)

ホスピタリティは、利他の心ともいえるでしょう。塚越寛さんがみずからがその姿勢を貫いてきたことで、その心が会社全体に浸透しているのです。

塚越寛さんは、文屋より発売中の絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』を推薦してくださっています。

 

国歌『君が代』の起源は、愛する人に送ったラブレターでした。無償の愛という国歌『君が代』の本来の意味を伝える絵本『ちよにやちよに』のストーリーは、まさに利他の心に満ちています。

塚越さんは、国歌『君が代』の「こけのむすまで」を引用し、自社を「苔むす会社でありたい」と語っています。永続企業を目指しているということです。

利他の心というと、どこか綺麗ごと、偽善的で、それで会社経営がうまくいくのかと懐疑的になる人もいるでしょう。

しかし伊那食品工業は、社会情勢に左右されずに、60年以上も成長を続けてきた企業です。利他の心を根底にもち、塚越寛さんは「苔むす会社」となること、企業を永続させることに取り組んでいるのです。

ニューノーマル時代に、永続企業、「苔むす会社」を目指して、いまこそ始動しませんか。

「かんてんぱぱ」伊那食品工業の塚越寛さんの利他の心のなかに、多くの経営者のみなさまが意義ある学びを見出されることを、私たちは確信しています。

【末広がりの年輪経営プロジェクト】
ビジネス・オンラインスクール「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」

https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school_01.php


【絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』ご購入はこちらから】

文屋サイト https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php
Amazon https://amzn.to/2UYJJBs

«  2022年1月  »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

image