文屋

ブログ

2022年8月4日

習慣化された思考パターンを手放し、自己成長を導く――オンライン通信講座【高野登さんと学ぶ「わたしの人生を変えたホスピタリティライフのすすめ」】④

8月に入りました。新型コロナウイルス蔓延の第七波では、感染者数がとどまることを知りません。

とはいえ、行動制限は行われていない状況です。本格的にウィズコロナの生活が始まったといえるでしょう。

コロナ禍以前に戻ることは、すでに現実ではなくなりました。いま私たちは経験に頼らず、新しい状況から学んでいくことが必要です。

この大きな転換期に、学び、成長するためには何が求められるのでしょうか。真剣に向き合っているあなたに、文屋はオンラインセミナー【高野登さんと学ぶ「わたしの人生を変えたホスピタリティライフのすすめ」】をお届けします。

このセミナーの講師である、ザ・リッツ・カールトン・ホテルの元日本支社長である高野登さんは、退社後に「人とホスピタリティ研究所」を立ち上げました。ホスピタリティの伝道師として、全国の人々に新たな働き方、生き方を考える機会を提供しています。

ホスピタリティは、リッツ・カールトンのブランディングの中心にある考え方です。マニュアルどおりのサービスを超え、“いまここ”に集中してお客さまに向き合い、たくさんの感動を生む物語をつくりだす“おもてなし”の感性です。

経営や人生のさまざまな場面でこの考え方を生かし、成功に導く「ホスピタリティライフ」。それが本セミナーのメインテーマであり、今回は前回に引き続き、自己成長のためのホスピタリティを考えていきます。

日々の生活は何で成り立っているかといえば、「得たもの」。給料をいただき、食料や衣服を買わなければ、私たちは生活できません。でも長い人生を成り立たせるのは、「与えたもの」です。誰かを助けたり誰かの役に立ったり、人への貢献こそが自分の人生に価値を生みます。自分が責任をもって何かを成し遂げ、ほかの人から承認されたり、感謝されたりすること。それが人生そのものの動機づけであり、それがない人生はあまりにも寂しいものです。(高野登さん・セミナー第4講より)

利他の精神で行動すること――それはまさに、自分の人生を豊かにする自分にたいするホスピタリティであり、人間関係を充実させるものです。

高野さんは、自己を成長させるホスピタリティの視点や視座を、さまざまな角度から提示しています。

たとえば、ものごとを異なる視点からとらえてみるということ。リッツ・カールトンでは、みんなが“あまのじゃく”になるという時間があったそうです。「日本一見栄えの悪い制服で仕事をする」「約束は絶対に守らない」「掃除は1か月に1回でいい」「天井の高さはいまの半分で」など、通常とは異なる視点がたくさん出てきます。

そこから生まれたのが、リッツ・カールトン・ボストンのキッズルーム。天井が低く大きさも半分の部屋ですが、子どもたちはまるでテントに入ったように嬉しそうに遊ぶそうです。真逆の発想から、思わぬヒット商品が生まれました。

習慣化された思考パターンをいったんリセットすることは、新しい学びの鍵となります。一生懸命やってきたものを思い切って手放してみると、無意識の執着やこだわりが消え、本当に大事な能力だけが残ります。それが自分の感性を磨くことにつながると、リッツ・カールトンでは考えています。

人の成長は、自分自身ではなかなか感じられないもの。あれこれ頑張っているつもりでも、同じところをぐるぐる回っているかのような錯覚に陥ることもあります。まるで螺旋階段を上から見るようですが、じつは外から見ればゆっくりと少しずつ、確実に上がっているのです。

無意識のうちに自分のなかで習慣化してしまったことも、ほかの人に話したり相談したりすることで、新たな視座がえられます。そうやって成長できたなら、今度は自分がほかの人の成長を助ける立場になれるでしょう。

異なる視点から考える習慣、そして新たな視座で磨く感性が、自己成長を導きます。高野登さんの視点や視座をお借りして、いまあなたの視野を狭くしている思考パターンを、一度手放してみませんか。

セミナーの後半では毎回、高野さんがみなさんのご質問に独自の視点で答える時間がもうけられています。たとえば、

・身につけてきたパターンをリセットするコツは?
・ものごとに関心がわかない・・。そんなときはどうすれば?
・ブランドとマーケティングの位置づけは?

など、今回も興味深い質問が満載です。気になるお答えは、ぜひセミナーでお楽しみください。


【末広がりの年輪経営プロジェクト】
ビジネス・オンラインスクール 高野登さんと学ぶ「わたしの人生を変えたホスピタリティライフのすすめ」

https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school_02.php

«  2022年8月  »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

image