文屋

ブログ

2021年11月4日

未来をつくる子どもたちに、国歌『君が代』の起源を正しく理解してほしい――絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』

文屋ではいま、今年7月に出版した絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』を日本と世界の子どもたちに贈る、寄付本プロジェクトを展開しています。

第1次の寄贈先は、福島県内の小学校と公共図書館、全国の児童養護施設と小児医療の病院。そして第2次の寄付先は、世界各国の駐日外国公館と、世界中の日本人学校でした。

みなさまのご支援により、合わせて500万円(2,500冊分)の目標額をすでに達成いたしました。

そして現在は、第3次の寄贈先として、全国の幼稚園・保育所・小学校・中学校・高校・大学図書館・公共図書館を想定しています。各2冊ずつ送るために設定した目標額は、3億2千万円(160,000冊)です。

これまでとは大きく桁が変わる、この壮大な目標をなぜ掲げることになったのか。文屋を導いてくださったのは、何より読者のみなさまからの声に他なりません。

国歌『君が代』のルーツが、愛する人に贈ったラブソングであったこと。それを知ったことによる驚きと感動のメッセージが、日々あちこちから届いています。

このブログでも、幾度となくご紹介してきました。さらに「インフルエンサー」と呼ばれる強い発信力をもつ方々も加わり、共感の輪は無限に広がろうとしています。

そのうちのひとりが、国際関係アナリストの北野幸伯(きたのよしのり)さん。1999年より発行を続けるメールマガジン『RPE(ロシア政治経済ジャーナル)』が、「メルマガ日本一」と称賛されている著名な執筆家です。

『RPE』は日本最大のメルマガ配信サービス「まぐまぐ」で、2005年、2008年、2014年に「まぐまぐ大賞」の「ニュース・情報源部門」1位を受賞。さらには2015年に「政治経済・国際情勢部門」1位に選ばれ、同年「総合大賞」1位となって殿堂入りしました。

その北野さんが、10月6日発行の『RPE』にて、絵本『ちよにやちよに』をご紹介くださり、多くの方から反響をいただきました。下記に、一部抜粋したものを掲載いたします

――――――――――――――――――――

皆さん、以下の事実、ご存知でしたか?

・『君が代』は、1100年以上前、
平安時代によまれた歌でした。


・誰が読んだのかは不明です。
(よみ人しらず。)

・君が代の「君」は、
天皇陛下ではなく、自分の恋人、
あるいは妻、夫のことでした。

・つまり、『君が代』はもともと、
「愛の歌」「ラブソング」だったのです。

私たちは、過去の歴史を、
「軍国主義」「全体主義」とすべて捨て去りました。

建国神話のことも知らず、
国歌の起源も知らないのです。


私たちは皆、
「日本の復活」を願っています。

しかし、「自分のルーツ」を知らずに、
あるいは「自分のルーツは悪」と信じていて、
「真の日本復活」は可能でしょうか?

私はそうは思いません。

(中略)

実は、有名な「博多の歴女」白駒妃登美(しらこまひとみ)さんから
「ちよにやちよに」
という、すばらしい絵本を贈っていただいたのです。

この絵本には、
私たちがほとんど知らない『君が代』の起源
書かれています。

非常に美しい絵本なので、
お子さんたちと一緒に読むのに最適です。

しかも、
英訳もついているので、外国人の皆さんに
「君が代の真実」を知ってもらうのに便利です。

・『君が代』の歴史と真実を知りたい方

・自分のお子さんに、日本の肯定的な歴史を伝えたい方

・幼稚園や保育園の先生

などに、特にお勧めしたいです。

(中略)

私たちの未来は、善良な子供たちにかかっています。
子供たちに、健全な誇りを、自信を与えたい方は、
是非入手してください。

北野絶対お勧めです。

―――――――――――――――――――

絵本『ちよにやちよに』の著者である白駒妃登美さんは、国歌『君が代』に秘められた日本人の真心を伝えたいという一心で、この本を制作しました。

和を尊び、命を慈しむ、先人たちがつないできた真心です。

北野さんが表現する「日本の復活」。いま日本人が心から望むその姿は、新たにつくられるものではなく、私たちの起源、そのルーツを正しく理解し、真の誇りをもつことから生まれるものなのでしょう。

白駒妃登美さんが絵本で紡いだ物語は、まさにその復活の鍵を握る象徴的なものとなるはずです。

未来をつくる子どもたちに、誰よりそのことを伝えたい。多くのみなさまの声を聴くことで、文屋はその使命感を強くし、寄付本プロジェクトの第3次目標額を大きく設定いたしました。

中傷や批判によって未来が開けることは、けっしてありません。それができるのは、感謝と誇りです。

この絵本を開けば、きっと誰もがそのことに気づくことができると思います。

絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』のご購入や、寄付本プロジェクトへのご参加は、こちらからどうぞ。

https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php

«  2021年11月  »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

image