文屋

ブログ

2022年2月3日

「100年カレンダー」で、人生のストーリーを考える――オンライン通信講座「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」⑥

今日は節分ですね。

節分は文字通り、季“節”を“分”ける日。時の移り変わりを意識するときです。ただ昨今では、節分といえば「子どもたちが豆まきをする日」くらいの認識かもしれません。

年齢を重ねて日々の生活に追われていると、時間の流れを意識することがどんどん少なくなっていきますが、時間とは限られたものです。

この限りある時間をどう使うのか――。こうして自分の人生に向き合うことを、社員研修の最重要テーマとしている企業があります。

「かんてんぱぱ」で知られる伊那食品工業です。

文屋では、「かんてんぱぱ」伊那食品工業の最高顧問、塚越寛さんが考える「年輪経営」を学ぶオンラインセミナーを配信しています。

経営者のみなさまは、社員研修で何を学んでもらいたいですか。新卒であればビジネスマナー、企業制度や仕事のやり方などでしょうか。

でも新たに一緒に働く人たちに一番考えてもらいたいことは、おそらく経営者であるあなたが、もっとも大切にしていることでしょう。

塚越寛さんが考える年輪経営の目的は「社員の幸せの最大化」。ですから「たった一度の人生をどう生きるか」が、社員研修の最重要テーマなのです。

人生ということを、今の人はあまり教えないし、考えませんが、よくわからないながらも、「人生はどうあるべきか」と理屈っぽく考えてみる価値はあると思います。(中略)せっかくたった一度のチャンスですから、生き方を心得ていなければもったいないと思うんです。(塚越寛さん)

伊那食品工業では毎年、新入社員研修で「100年カレンダー」を使います。「100年カレンダー」には、100年分の日づけがすべて印刷されています。

いまは100歳を超える人も増えてきましたが、ほとんどの人は「100年カレンダー」のなかに人生が終わる日があります。

20歳前後に就職し、そこからの人生を50~60年ほどと考えれば、日数にすると約2万日。この期間を目で見て確かめることは、漠然と考えていた人生の有限さを実感させます。

このオンラインセミナーでは、塚越寛さんのインタビュー映像を「人とホスピタリティ研究所」の高野登さんが読み解きます。

この期間に何ができるかということだけでなく、ここで一緒にスタートすると意識することに意味があります。米国の黒人テニスプレーヤーのアーサー・アッシュは、「偉大なことを成し遂げたいのであれば、自分が今いるところから始めなさい」と語りました。(中略)塚越さんは「100年カレンダー」を通して、あなたたちはいま、企業の一員として社会に貢献し、価値をつくる人間として認められたんだと伝えたいのではないでしょうか。
(高野登さん)

働くとは、社会のなかで生きて成長すること――。高野登さんはさらに、語り相手の文屋・木下豊とともに人生の「目的」と「目標」について語り合います。

目的とは、死ぬまで探し続けるもの。ひとつの集団に属すれば、そこで人間としていかに成長するのかを考えるうえで、目指すべき「的」。

目標とは、その成長プロセスにおけるマイルストーン。具体的に定められる「道標」。

人生とは「目的」というゴールに向かって、ひとつひとつの「目標」をつなげていくストーリーなのかもしれません。そして働くということは、こうしたストーリーを描き、実現していくことなのでしょう。

塚越寛さんは、働くすべての日本人にと、文屋より発売中の絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』を推薦してくださっています。

国歌『君が代』の本歌は天皇の御代を称える歌としてではなく、1000年以上も前に、愛する人の長寿と幸せを祈る歌として詠(よ)まれました。

永い歴史の中で多くの人に愛され、やがて国歌となった「君が代」の旅。絵本のストーリーは、1000年先の平和な未来という目的に向かって、笑顔、思いやり、よろこび、感謝、愛、いのちといった道標がちりばめられています。

和を尊び、命を慈しむ日本人の心のストーリーです。そのなかにはきっと、あなたの人生の目的や目標の本質となるものがあるはずです。

働くことをとおして、社員たちに人生を価値あるストーリーにしてほしい。


もしいま、経営者のみなさまがそう感じられたなら、「かんてんぱぱ」伊那食品工業で使われている「100年カレンダー」と、絵本『ちよにやちよに』をぜひ、おすすめいたします。

何より経営者であるあなた自身にとって、大きな発見があるに違いありません。

【末広がりの年輪経営プロジェクト】
ビジネス・オンラインスクール「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」

https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school_01.php


【絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』ご購入はこちらから】

文屋サイト https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php
Amazon https://amzn.to/2UYJJBs

2022年2月10日

経営者として「遠きをはかる」とは――オンライン通信講座「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」⑦

明日は「建国記念の日」。「建国をしのび、国を愛する心を養う日」と定められた祝日です。

日本という国、そして日本人であるということを、じっくり思考したいですね。

経営という視点に立つなら、会社のあり方が地域や国にどうつながっているのか、ということになるでしょうか。

「目の前のことに精一杯でそんな余裕はない」という声も聴こえてきそうです。でも行き詰った状況だからこそ、視野を広げることを意識する経営者もいます。

文屋では、「かんてんぱぱ」で知られる伊那食品工業の最高顧問、塚越寛さんの「年輪経営」を学ぶオンラインセミナーを配信しています。

今回は、そのなかのテーマのひとつ「遠きをはかる」について考えてみます。

いまや寒天メーカーとして、国内シェア80%、世界シェア15%を占める伊那食品工業。じつはかつて、寒天は価格や供給が安定しない相場商品でした。

私どもの製品の原料というのは海藻ですが、ある日突然高騰したり 、なくなったりすることが何度もありました。(中略)どうやら目先のことだけではだめだ。メーカーならば長期的に原料確保のことを考えなければいけない。「あらゆることを長期的に考えなければ」という結論になってきたんです。(塚越寛さん)

そこで塚越さんが考えたのは、海藻の供給や品質を安定させるための開発輸入という方法でした。海外の原料産地を開拓し、経営指導や技術指導をしながら、現地の人たちを育てることです。

価格競争のような短期策ではなく、長期的に持続可能な方法を考えることによって、寒天に安定供給という新たな価値を生みだしました。

塚越寛さんは目の前にある困難に直面したとき、すぐにできる解決方法ではなく、問題の背景にある本質に目を向けたのです。

この考えを確信に変え、その後の経営指針となったのが、二宮尊徳翁の教えです。

「遠きをはかる者は富み 近くをはかる者は貧す
それ遠きをはかる者は 百年のために杉苗を植う」

さらに将来を見据え、伊那食品工業は寒天の新たな用途開発に取り組みます。やがて未開拓の市場をつくり、寒天の新たな需要を生み出しました。

社員たちも二宮尊徳翁の教えを共有し、本質を見抜くことが徹底されているのでしょう。

塚越さんが二宮尊徳翁と共鳴した「遠きをはかる」は、時間軸のみならず空間軸によっても理解できます。

自社の枠組みを超え、地域や業界、国をも見据えていくということです。

たとえば伊那食品工業の本社敷地内につくられた「かんてんぱぱガーデン」。自然の景観を活かした広大な憩いの場として、地域活性化に大きく貢献しています。

そして何より、伊那食品工業は「人と社会の幸せ」のために安全で健康的な食品づくりに邁進し、日本中にファンがいます。「いい会社」とは何かを考えるうえで、あらゆる側面から会社のあり方が注目されている企業です。

このオンラインセミナーでは、「人とホスピタリティ研究所」の高野登さんと文屋の木下豊が、塚越寛さんのインタビュー映像を読み解きます。

高野さんは、塚越寛さんが考える「幸せ」について語ります。

誰にとっての幸せかを考えるレベル、その視野が圧倒的に広いんです。自分の生活、社員の生活、会社の将来、地域性、もっと言えば、日本を見据えています。「こういう国でなければならぬ」と。そこが、トヨタ自動車の豊田章男さんのような方にも響いているのでしょう。(高野登さん)

それに応え、木下は話します。

「いい会社づくりはいい世界づくり」と塚越さんはいいます。「いい会社をつくれば、いい社員になる。いい両親がいれば、安定して幸せな家族ができる。幸せな家庭が増えればいいまちができ、それが集まっていい国になり、いい世界が生まれる。だから経営者は、本当に責任が重いんだ」と。

経営者として、遠く広い視野をもっているからこそ出てくる言葉です。

塚越寛さんは、文屋より発売中の絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』を推薦くださっています。

『君が代』の元歌は1000年以上前、ただひとり想う相手の末永い幸せを「こけのむすまで」と祈る和歌のラブレターでした。その想いを受け継いできた私たち日本人の心を、遠い未来につなぎ、広い世界に伝える絵本です。

日本という国で、日本人としてどう生き、どう経営していくか。

「かんてんぱぱ」伊那食品工業の塚越寛さんに学び、また絵本『ちよにやちよに』をとおして、この機会にじっくり考えてみませんか。


【末広がりの年輪経営プロジェクト】
ビジネス・オンラインスクール「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」

https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school_01.php


【絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』ご購入はこちらから】

文屋サイト https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php
Amazon https://amzn.to/2UYJJBs

2022年2月17日

「末広がり」の将来を語り、それを実行する――オンライン通信講座「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」⑧

新型コロナウイルスが蔓延するなか、ここ数週間はオミクロン株による急激な感染拡大が続いています。

今回は、子どもの感染がもっとも深刻です。それでも「コロナが終わったら、あれをしよう、これをしよう」と、コロナ収束後の楽しみを話してくれるのも、子どもたちです。

ビジネスにおいても、不安や心配はつねにあります。でもそんなときこそ、将来の夢を語れるリーダーの存在は大きくなります。

「かんてんぱぱ」で知られる伊那食品工業は、60数年前は破綻寸前の小さな寒天メーカーでした。

ここに「社長代行」として任命された現在の最高顧問である塚越寛さんは、将来の夢を語り続け、いまでは日本中から愛される会社をつくりました。

文屋では、塚越寛さんの「年輪経営」に学ぶオンライン経営セミナーを配信しています。本日は講座テーマのひとつ、「末広がりの経営」について考えてみたいと思います。

まず、1枚の絵をご覧いただきましょう。

葛飾北斎画『福寿草と扇面』

末広がりの富士山が描かれた扇面、そしてまさにいま、2月に開花している春を告げる花・福寿草。めでたい尽くしの一枚です。

葛飾北斎は江戸時代に活躍し、文屋の所在する信州小布施で晩年を過ごした浮世絵師です。浮世絵は、江戸時代の娯楽のひとつでした。

人々の想像力を刺激し、ワクワクさせるような絵画。それは、自分の描く夢に社員たちを引き込むリーダーの語りと、どこか通じるものがあるような気がします。

インタビューをとおして、塚越寛さんは語ります。

末広がりの経営とは、夢をもてるということです。「何年後にはこうしよう」「何年後にはこうなるよな」という夢をつねに語り、それを実行していくと、社員との間に確実な信頼関係が築かれていくわけです。いま、私はどんなことでも有言実行しています。(塚越寛さん)

将来の夢を語り、社員たちとともに実行してきたこと。この有言実行に、塚越寛さんのリーダーシップの真髄があります。

オンラインセミナーでは、塚越寛さんのインタビュー映像を「人とホスピタリティ研究所」の高野登さんが読み解きます。

私の周りにいる「かんてんぱぱ」ファンは、定期的に製品を購入しています。通信販売でも購入できますが、ときには伊那まで車で出かける「何年もファンです」という人ばかり。社員たちが成長し、新しい製品がどんどん出てきて、その製品は世の中に受け入れられる。こういう正しい循環が起きているんです。(高野登さん)

「かんてんぱぱ」シリーズは、伊那食品工業が一般の消費者向けに製造販売している寒天製品群です。簡単に手づくりできるデザートから、毎日の食事で手軽に食物繊維が摂れる加工製品まで、知れば知るほど欲しくなる魅力にあふれたラインナップです。

かつては、和菓子の原料となる乾物でしかなかった寒天。大人から子どもにまで愛される寒天製品をつくることは、当時は夢のような話でした。

塚越寛さんは、十分な資金力がなくとも希望を持っていました。さまざまな工夫を凝らし、社員たちを鼓舞して有言実行したのです。

塚越さんはまず、誰より経営者である自身が熱意を持ちつづけ、社員を先導してきました。通勤中も化学の参考書を読んで研究に没頭し、みずから固形寒天も開発しています。

そして「かんてんぱぱ」という親しみやすいブランド名も、社員に明るく楽しい将来をイメージさせ、みずからその輪に飛び込んでもらうきかっけとなったはずです。

いま、ビジネスの世界には夢や希望が失われています。

塚越寛さんはインタビューのなかで、現在のデフレはいわゆる経済学上の需要・供給の不均衡ではなく、経営者たちの安売り競争の結果だと話します。

それに応え、高野登さんは情報拡散が安売り競争の連鎖を助長させ、さらなる「SNSデフレ」を起こしていると分析します。

夢を語れない、将来に希望を持てなくなった経営者たちがつくるデフレの悪循環。それが現在の経済不況の正体なのかもしれません。

いま、あなたは経営者としてどんな将来を描きますか。

塚越寛さんと「かんてんぱぱ」伊那食品工業のストーリーは、きっとそのことを問い直すきっかけになるでしょう。

【末広がりの年輪経営プロジェクト】
ビジネス・オンラインスクール「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」

https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school_01.php


塚越寛さんが「働くすべての人に読んでほしい」と推薦くださる絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』もぜひご覧ください。

文屋サイト https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php
Amazon https://amzn.to/2UYJJBs

2022年2月24日

競争優位を超え、社会「全体」最適を目指す塚越イズムとは――オンライン通信講座「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」⑨

梅が開花しています。梅の次は桜と、美しい花景色が連なる春がやってきます。

春は、新年度の始まり。会社では新入社員を迎え、年度替わりにあらためて自社の方向性を見直す機会も多くなります。

新年度に、経営者として何を意識すべきか――。文屋のオンラインセミナーをとおして考えてみませんか。

「かんてんぱぱ」で知られる伊那食品工業の最高顧問、塚越寛さんの「年輪経営」を学ぶ通信講座をご紹介します。

「新年度には、新しい戦略を」

こうお考えの経営者の方も多いでしょう。利益が出にくい状況なら、何かを変えたい時期です。

製品・サービスの売上実績やコスト構造を分析し、見えている問題に手を入れ、個々の打ち手を見直すかもしれません。

ところが、ここで意思決定に苦慮することも多いはず。なぜなら、本当の問題はたいてい見えないところにあるからです。

そのため近年では、戦略やビジネスモデルを個々の要素ではなく、その背景にある関係性や繋がりによって考えることが浸透しつつあります。

伊那食品工業の敷地内には、地元の人々や観光客が自由に訪れることができる「かんてんぱぱガーデン」があります。このガーデンの経営について、塚越寛さんは語ります。

そば屋さんを含めてレストランが三軒ありますが、パートさんよりも正社員が多いので儲かりません。ただ、この部門で儲からなくても、来られたお客様がみんな「よかった」と思ってくだされば、今度はうちの製品を買ってくださるわけです。おかげさまで、「かんてんぱぱガーデン」全体のバランスはとれています。(塚越寛さん)

伊那食品工業では、会社経営の目的を「人と社会の幸せ」と明言しています。この目的をしっかりと共有し、業務に反映する強い使命感をもった正社員たちの創意工夫には、大きな価値があります。

たとえ部分的には見えずとも、全体として会社に利益をもたらすのです。

 

全体のバランスを見た意思決定によって成功している企業は、最近では少なくないかもしれません。

でも、伊那食品工業はさらに「その先」にある会社です。というのも、塚越寛さんは経営者としてこの「全体」を、「会社全体」ではなく「社会全体」と考えているからです。

たとえば塚越さんは、パイの決まっている既存分野において、急成長は戒めるべきと考えています。技術革新や画期的な発明は別ですが、一社が急激に売上を伸ばせば他社の売上を奪います。

ゆっくり成長することで他社にも準備の時間を与えられれば、みんなが創意工夫して幸せになれるはずと考えているのです。

さらに塚越さんは、「自社の経費は他社の売上」とも話します。社会全体の利益を考えるならば、「経費を減らす」必要はないと投げかけます。

社会という究極の「全体」。その幸せを経営の目的とする伊那食品工業の意思決定は、ひとつひとつの方法としてはむしろ、逆の選択をしているようにすら見えるかもしれません。

既存の経営手法の先の先をいく、塚越イズム。こうした考えに触れることは、私たちが「あたりまえ」と考えていることの背景に目を向け、いまとはまったく異なる方法を見出すきっかけをくれるはずです。

この講座で塚越イズムをみなさまの理解につなげるナビゲーターのひとり、文屋の木下豊は、塚越寛さんの考える経費とは幸福費であると話します。

人件費や福利厚生費は自社の社員の幸せのため、そして、その他の経費は関係する企業の社員の幸せのためにある、と。一般に減らすべきと考えられている経費とは、会社にかかわるすべての人たちの幸せにつながるお金だということです。

文屋は昨年、絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』を発売いたしました。

 

この絵本は、国歌『君が代』にたいする私たちの解釈を大きく変えるものです。利他の心で未来をつくる日本人の使命を、やさしい言葉で伝えています。

「みんなの幸せ」を考えるための絵本です。

3月10日(木)午後、伊那食品工業の本社セミナー室にて、『ちよにやちよに』出版記念ビジネスセミナーが行われます。(オンライン同時開催)絵本の著者である白駒妃登美(しらこまひとみ)さんと、塚越寛さんの対談が予定されています。

https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_30.php

経営者ひとりひとりが創意工夫し、競争優位を超えた社会「全体」最適をいかに実現するか。ご一緒に考えてくださるみなさまの参加を、心よりお待ちしております。

この春、みなさまに新たな発見がありますように。

【末広がりの年輪経営プロジェクト】
ビジネス・オンラインスクール「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」

https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school_01.php


塚越寛さんが「働くすべての人に読んでほしい」と推薦くださる絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』もぜひご覧ください。

文屋サイト https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php
Amazon https://amzn.to/2UYJJBs

«  2022年2月  »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

アーカイブ

image