文屋

ブログ

2021年12月2日

利他愛のうた『君が代』、大人も子どもも感じる日本の「根っこ」――絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』

今年も残すところあとわずか。令和に入り3年目、みなさまにとってどんな年でしたでしょうか。

世界中でコロナ禍が続くなか、各国それぞれに対応し、結果としていま状況は国ごとに大きく異なっています。ここであらためて、日本という国のあり方を考えたという人も多いかもしれません。

この年に、まるで運命に導かれたかのように、文屋は絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』を出版いたしました。

筆者の白駒妃登美(しらこまひとみ)さんは、「博多の歴女」。多数の著書をとおし、またコロナ禍でも日本中から現地講演の依頼を受け、いまを生きる私たちに日本人の心を伝えてくれています。

そんな白駒妃登美さんが「この本を遺すために私は生まれてきた」とまで語っているのが、絵本『ちよにやちよに』です。

この絵本は、愛する人へのラブレターという国歌『君が代』の本来の意味を、私たちに教えてくれます。

ただただ相手の幸せと長寿を願う利他の愛を謳(うた)ったこの歌が、永く受け継がれてきたこと。古来、日本人が和を尊び、命を慈しむ深い真心をもっていることを、絵本が実感させてくれるのです。

「令和」の名づけ親とされる、国文学者の中西進先生も、『君が代』を「まさに真珠のごとき愛の歌」と表現し、この絵本を推薦してくださっています。

いま、この絵本と出会ったたくさんの読者のみなさまが国歌『君が代』の意味を知り、日本人としての愛と誇りを感じて、さらに多くの人々に絵本を届けたいと感じてくださっています。

そのなかには、「インフルエンサー」と呼ばれるような大きな影響力をもって、絵本が伝える大切なメッセージを発信してくださる方もいらっしゃいます。

創刊より20数年を越えるメールマガジン『国際派日本人養成講座』編集長の伊勢雅臣(まさおみ)さんも、そのひとり。【絵本『ちよにやちよに』が伝える日本の「根っこ」~『君が代』はすべての「いのち」へのラブレター】というタイトルで、本書をご紹介くださいました。

「幼児にも分かるように描いてありますが、この絵本には、すべての日本人への根源的なメッセージが込められています」。冒頭でこう綴られる伊勢さんの記事では、以下のような興味深い項目で、そのメッセージが詳細に語られています。

■1.「この絵本の大事な役割は『君が代』をもとに戻すこと」

■2.「恋しい人に『いつまでも、長生きしてくださいね』」

■3.「1000年以上にわたって私たちの先人たちが愛唱してきた歌」

■4.政治的喧噪の中で忘れられた『君が代』の「もとの状態」

■5.「こういう恋文を、国歌にする国ってなんて素敵なんだろう」

■6.「すべてを神のいのちの表れ、神の恵みとみた」

■7.「こういう国が私のルーツだなんて、とっても誇らしく思いました」と気がつく機会をすべての子供たちに


少しだけ内容をご紹介するならば、伊勢さんが納得された絵本の意味は、ここで何度か繰り返される「もとにもどす」「もとの状態」という表現に込められています。

この言葉は中西進先生が語られた言葉ですが、伊勢さんはこんなふうに解釈しています。

戦後は、左翼から「君が代は天皇制賛美、戦争で使われた軍国主義の歌」などという批判が起こるようになりました。その政治的喧噪の中で、名も無き作者が自分の大切な人に送ったラブレターから始まった、この千年の愛と祈りの歴史が忘れ去られてしまったのです。

中西進教授が、『君が代』を「もとの状態に戻す」というのは、この政治的喧噪の前の、我が先人たちが、恋人や一族の長や天皇にまで愛情や長寿への祈りを込めて歌い交わしてきた伝統に帰る、ということなのです。

大切な相手を想う深い心こそ、まさに日本の「根っこ」に違いありません。

著者の白駒妃登美さんも称賛する伊勢さんの記事、ぜひ全文をお読みください。

http://blog.jog-net.jp/202110/article_2.html

利他の愛、日本の「根っこ」を感じているのは、大人だけではありません。ある読者の方から、こんなメッセージが届いています。

小学1年生の子どもが誕生日パーティで、絵本『ちよにやちよに』を友だちに読み聞かせてほしいと頼んできました。「みんながみんなを大好きで、いい未来ができるために」と。

令和の時代を生きる子どもたちに、こんな想いにあふれてくれたらと、心から願います。

文屋はいま、国内外の子どもたちに絵本を届ける「寄付本プロジェクト」を展開しています。じつはすでに絵本をたくさん購入し、自律的に「寄付本」活動をしてくださる方もいらっしゃるのです。

ひとりでも多くのみなさまに日本の「根っこ」を感じていただけるよう、文屋は努力を続けていきます。

絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』のご購入や、寄付本プロジェクトへのご参加は、こちらからどうぞ。

​https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php

2021年12月9日

絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』【普及版】新発売――“特大盛り”キャンペーン中!!

文屋は12月4日、白駒妃登美(しらこまひとみ)著 絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』の普及版[定価:550円]を発売いたしました。

この絵本には、多くの読者の方々が共感し、ご支援をいただいています。

既刊本の初版発売日より1か月で2版増刷が決まり、絵本を国内外の子どもたちに届ける「寄付本プロジェクト」には、すでに550万円を超えるご支援が集まっています。

この共感と支援の輪はますます広がり、みずから「身近な子どもたちに贈りたい」と、絵本を個人で大量購入してくださる方も出てきました。

そこで文屋は、既刊本[定価1,650円]の1/3というお求めやすい価格の普及版を制作し、発売することを決定しました。

既刊の上製本は、厚紙の表紙でつくりのしっかりとした本ですが、今回発売する普及版は並製本で、シンプルな冊子スタイルです。もちろん内容はすべて同じですから、教育教材、入学式や卒業式の記念品にも最適です。

普及版の発売の目的はただひとつ、絵本『ちよにやちよに』をひとりでも多くのみなさまに届けることです。

絵本を手に取り、内容に触れたならば、この本を「一生の宝」にしたいと既刊本が欲しくなるでしょう。「この絵本にはそれだけの価値がある」という確信を持って、文屋は今回の発売に踏み切りました。

◆絵本の普及にご協力くださる方に、文屋より感謝をこめて◆

<10冊以上お申込みの方に “大盛り”ご購入特典>
お申込み冊数の10%分(10冊なら1冊、100冊なら10冊)を上乗せしてお届けします。


\さらに!いまだけの“特大盛り”キャンペーン/

《期間》
11月25日(木)13時から12月15日(水)13時までの3週間

《特典》
10冊以上を予約し、この期間に銀行振込でお支払いくださる方には、お申込冊数の20%分(10冊なら2冊、100冊なら20冊)を上乗せしてお届けします。



【子どもにも大人にも、教育教材やプレゼントに(普及版のご要望例)】

・クリスマスや年末年始で集まる子どもや孫たち全員に手渡したい。

・新入学する1年生や、卒業生全員にプレゼントして、母校にご恩返ししたい。

・母校の在校生全員に贈ることで、ふるさとへの感謝の気持ちを伝えたい。

・ボーナスやお給料の日に、社員全員にメッセージを添えて贈りたい。

・退職記念に、後輩の社員のみなさんに贈りたい。

・創立記念日に、すべての社員とお取引先のみなさんに贈りたい。

・総合的な学習の時間や道徳科の副読本として使いたい。

・海外へ!美しい英訳付きなので、外国の知り合いや取引先の人たちに手渡したい。

日本人であれば、誰もが知る国歌『君が代』。しかし、その起源と、本来の意味を知る人は多くありません。『君が代』の元歌は、いまでは名も残っていないある人物が、愛する人に贈ったラブソングでした。

「大切なあなた…。あなたの命が、いつまでも、いつまでも、永く続きますように。そしてあなたがずっと幸せでありますように」と。

長寿としあわせ、お祝い、毎日のよろこび、愛といのち・・・。絵本のなかで、著者の白駒妃登美さんが綴る言葉はこのラブソングの意味をより深くとらえ、和やかで美しい「君が代」の世界をつくり上げています。

『君が代』をラブソングと知れば、読む人の世界は大きく広がります。そして、この歌を国歌とする日本という国に、愛おしさと誇りを感じることができるでしょう。

『君が代』の新しい世界観をぜひ多くの方に味わってほしい。白駒妃登美さんとともに、わたしたち制作チームは心から願っています。

絵本『ちよにやちよに』(既刊本)は、発売と同時に寄付本プロジェクトを開始しました。

第1次の寄贈先は、福島県内の小学校と公共図書館、全国の児童養護施設と小児医療の病院。そして第2次の寄付先は、世界各国の駐日外国公館と、世界中の日本人学校でした。

そして現在は、第3次の寄贈先として、全国の幼稚園・保育所・小学校・中学校・高校・大学図書館・公共図書館を掲げています。各2冊ずつ送るために設定した目標額は、3億2千万円(160,000冊)です。

これまでとは桁が変わる壮大な目標ですが、この絵本に共感してくれる潜在人口は計り知れません。

寄付本プロジェクトの目的は、絵本が誰より子どもたちの手に届いてほしいということです。

さらに【普及版】によって、教育教材、入学や卒業の贈り物として、さらに多くの子どもたちに絵本が届くことを願っています。

【普及版のご購入はこちらから】
https://www.e-denen.net/cms_chiyoni.php

【既刊本のご購入、寄付本プロジェクトのご参加は、こちらから】

文屋サイト https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php
Amazon https://amzn.to/2UYJJBs

2021年12月16日

ウイルスや免疫の知識を学ぶ絵本で、子どもたちを未来に導く――絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』

今年も残すところ、あとわずか。みなさまは、年末年始をどのようにお過ごしになるのでしょうか。

10月ごろから、日本では新型コロナウイルスの感染者数が激減しました。また不思議なくらい、その数は少ないままです。

世界を見渡せば、新変異種「オミクロン株」が広がり、まだまだ先の見えない状況です。その一方で「オミクロン株」は毒性が弱く、「デルタ株」に代わることでコロナが終息するのでは、という声も上がっています。

またインフルエンザの流行期を前に、当初から予防接種のためのインフルエンザワクチン不足が取りざたされています。同時に流行拡大も予測されていたものの、現時点ではインフルエンザ患者の報告数も少ないまま。こちらも、今後の予測は難しそうです。

相変わらず、さまざまな情報に一喜一憂してしまう毎日。こんなときこそ、私たちは原点に返り、自分たちの体のことを知ることが大事なのではないでしょうか。

文屋が今年4月に発売した、絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』は、私たちの体の免疫機能について、親子で考えるきっかけをつくる本です。

物語は、主人公の女の子ルーシーがぶるぶると体を震わせ、ベッドに入るところから始まります。その後ルーシーは、夢の中でウイルスと一緒に自分の体のなかに入ります。

ちなみに絵本ではここで、ウイルスは「トゲトゲのボール」として表されています。新型コロナウイルスが蔓延してから、丸にトゲトゲがついたあのウイルスの写真を、私たちは何度も目にしていますよね。

このトゲトゲは「スパイクタンパク質」といい、ヒトの体の細胞にある鍵穴に入っていきます。こうして、私たちはウイルスに感染するのです。このトゲが太陽の周りにある光冠(corona)のように見えるため、コロナウイルスと名づけられたそうです。

絵本に描かれた絵は、作者の新妻耕太さん、ルーシーさんご夫婦と作画を担当した こまちだ たまお さんが綿密に打ち合わせて創り上げたもの。親しみやすい絵ですが、科学的な正確さにこだわってできあがったものなのです。

絵本ではこのあと、ルーシーと仲間たちが活躍し、ウイルスと闘うストーリーが展開されます。ウイルスが増殖してしまった体の中で、ヒトの免疫細胞がどのようにその力を発揮するのかを、わかりやすく正確な模写によって私たちに教えてくれます。

作者である新妻耕太さんと妻のルーシーさんご夫婦は、スタンフォード大学で活躍する免疫学の研究者。子どもたちに、ウイルスと免疫のことを正しく楽しく学んでほしいと願い、この絵本の制作を決めました。

新妻耕太さんは今年10月27日、テレビ朝日で放送された『25歳~情熱の起点』という番組に出演しています。

新型コロナウイルス感染症の拡大が始まって、真っ先に大きな生活の変化を強いられたのは、じつは子どもたちなんです。(新妻耕太さん)

「子どもたちにこそ、正しい知識を伝えたい!」そんな想いでつくられた絵本は、児童病院など、日米で2,000か所以上に提供されている。(ナレーター・内藤剛志さん)

短い番組ですが、新妻耕太さんはこの絵本『おやすみルーシー』をとおして子どもたちに伝えたかった想いを、しっかりと語っています。
(番組HPより視聴可能です。)

新型コロナウイルスの流行が始まって、もうすぐ2年。子どもたちがいま経験している我慢や不安は、大人である私たちの想像を超えるものです。

そんな子どもたちの気持ちに寄り添っているからこそ、新妻耕太さんはこう語ります。「ネガティブなことが起っても、知ることによって『面白い』とか、『自分の体ってすごいんだ』って思ってもらいたい」と。

コロナ禍に負けず、科学の楽しさを知り、興味を広げてほしい。絵本『おやすみルーシー』には、そんな子どもたちの未来を想う作者の気持ちが詰まっています。

いま新型コロナの感染者数は落ち着いているものの、私たちが今後いつ元の生活の戻れるのかは、予測できません。ワクチン接種についても、まもなく3回目が始まります。そして、子どもたちのワクチン接種についても議論がされています。

子どもたちも決して、部外者ではないのです。親子で自分たちの体のことを学び、自分たちにできることを考える機会を持つことは大切なことです。

年末年始のお休みに、ぜひご家族で絵本を読みながら、語り合っていただければと思います。

絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』のご購入は、下記からどうぞ。また全国の書店でもお取り寄せいただけます。

文屋:https://www.e-denen.net/cms_book.php?_id=47
Amazon:https://amzn.to/3kxIdB5

2021年12月23日

世界中の子どもたちのクリスマスプレゼントに――絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』【普及版】のおすすめ

まもなく、クリスマスです。子どもを取り巻くさまざまな大人たちがサンタクロースになるこの季節、プレゼントのご準備は万端でしょうか。

幼い子どもたちにとって、サンタクロースは愛と夢にあふれた存在ですね。

サンタの国といわれるフィンランドでは、世界中からサンタクロースに手紙が届くそうです。そしてサンタクロースから、世界中に手紙が届けられるサービスもあるそうですよ。

嬉しそうに手紙をやりとりしたり、プレゼントをもらって喜ぶ子どもたちの姿を想像するだけで、幸せな気持ちになれるような気がします。

今年のクリスマス、思いやりと優しさのこもった小さなプレゼントをプラスしてみませんか。

文屋より発売したばかりの、絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』【普及版】がおすすめです。

絵本『ちよにやちよに ~ 愛のうた きみがよの旅』【普及版】
並製本・定価550円(税込)

博多の歴女である著者・白駒妃登美(しらこま ひとみ)さんが、和を尊び、命を慈しむ日本人の心を綴った絵本『ちよにやちよに』には、英訳もついています。世界中の子どもたちに、クリスマスプレゼントとして最適です。

絵本のストーリーは、「太陽のように あかるく 丸く あたたかいこころ」をもつ私たち日本人に受け継がれてきた、ある和歌の紹介からはじまります。

わがきみは ちよにやちよに さざれいしの
いわおとなりて こけのむすまで


日本人なら誰もが知る国歌『君が代』。歌い始めはいまとは少し異なりますが、その元歌は、1100年以上も前に詠(よ)まれた和歌でした。

この時代、和歌は直接会うことが許されなかった男女が気持ちを伝えあう手紙。国歌『君が代』の元歌は、愛する人を「わが君」と呼び、その長寿と幸せを祈る和歌のラブレターでした。

「千代に八千代に」は、「ずーっと永く、いつまでもいつまでも」。「さざれ石」は小さい石、「いわお」は「大きな岩」のこと。(中略)「こけのむす」は、「苔が生える」という意味。石が成長して岩となり、その表面に苔が生えるまでというのは、永い永い年月のたとえであり、同時に、愛の深さを表しているのでしょう。(白駒妃登美さんのあとがきより)

やがてこの和歌は、歌い始めに「きみがよは」と手を加えられ、永く歌い継がれて、ついに日本の国歌となりました。

末永く続く愛と祈りが込められたこの歌を歌うとき、「君」は誰でもいいのです。愛する人や家族でも、大好きな友達や動物でも、守りつづけたい伝統や自然環境でも・・。

「いつまでもいつまでも 小さな石が永い時間をかけて大きな岩に成長し、その上にたくさん苔が生えるようになるまで」――。

いま私たちがその心を知り、大切に歌い継いでいけば、国歌『君が代』は1000年先の平和な未来へとつながっていくでしょう。

白駒妃登美さんが綴る「君が代」の世界を、吉澤みかさんの美しい日本画が彩り、和のこころを知る山本ミッシェールさんが英訳した絵本『ちよにやちよに』。

既刊本がたいへんなご好評をいただき、文屋が展開中の寄付本プロジェクトには、550万円を超えるご支援が集まっています。

それだけでなく、みずから絵本を大量に購入して地元の子どもたちに贈る、「自律型」の寄付本プロジェクトを行う方もつぎつぎと現れています。

今回発売した【普及版】は、既刊本(定価1,650円)の約1/3のお値段でお求めいただけます。10冊以上をご購入くださる場合、冊数の10%分(10冊なら1冊、100冊なら10冊)を上乗せする大盛り特典もございます。

お孫さんひとりひとりへ、またクラブの全メンバー、学年や学校の全生徒たちに贈ることもできます。想いのこもったクリスマスプレゼントに、ぜひご検討ください。

先日12月7日、白駒妃登美さんは「かんてんぱぱ」で知られる伊那食品工業の最高顧問 塚越寛さんと初対面しました。

文屋と永くご縁をいただき、代表の木下豊も実践する「年輪経営」を唱える塚越寛さん。この経営の核にある「永続こそ、企業の最大価値」という考え方を、塚越さんは「苔むす会社でありたい」と表現しています。

塚越さんは経営者として、まさに「ちよにやちよに」を体現しているのです。

白駒妃登美さんと塚越寛さんの対話を、より多くのみなさまにお聞きいただく機会も近々実現しそうです。ぜひお楽しみにお待ちください。

それではみなさま、どうぞ素敵なクリスマスを。

【普及版のご購入はこちらから】
文屋サイト https://www.e-denen.net/cms_chiyoni.php
Amazon https://amzn.to/3Eqfs0j

【既刊本のご購入、寄付本プロジェクトのご参加は、こちらから】

文屋サイト https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php
Amazon https://amzn.to/2UYJJBs

«  2021年12月  »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

image