文屋

ブログ

2021年11月4日

未来をつくる子どもたちに、国歌『君が代』の起源を正しく理解してほしい――絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』

文屋ではいま、今年7月に出版した絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』を日本と世界の子どもたちに贈る、寄付本プロジェクトを展開しています。

第1次の寄贈先は、福島県内の小学校と公共図書館、全国の児童養護施設と小児医療の病院。そして第2次の寄付先は、世界各国の駐日外国公館と、世界中の日本人学校でした。

みなさまのご支援により、合わせて500万円(2,500冊分)の目標額をすでに達成いたしました。

そして現在は、第3次の寄贈先として、全国の幼稚園・保育所・小学校・中学校・高校・大学図書館・公共図書館を想定しています。各2冊ずつ送るために設定した目標額は、3億2千万円(160,000冊)です。

これまでとは大きく桁が変わる、この壮大な目標をなぜ掲げることになったのか。文屋を導いてくださったのは、何より読者のみなさまからの声に他なりません。

国歌『君が代』のルーツが、愛する人に贈ったラブソングであったこと。それを知ったことによる驚きと感動のメッセージが、日々あちこちから届いています。

このブログでも、幾度となくご紹介してきました。さらに「インフルエンサー」と呼ばれる強い発信力をもつ方々も加わり、共感の輪は無限に広がろうとしています。

そのうちのひとりが、国際関係アナリストの北野幸伯(きたのよしのり)さん。1999年より発行を続けるメールマガジン『RPE(ロシア政治経済ジャーナル)』が、「メルマガ日本一」と称賛されている著名な執筆家です。

『RPE』は日本最大のメルマガ配信サービス「まぐまぐ」で、2005年、2008年、2014年に「まぐまぐ大賞」の「ニュース・情報源部門」1位を受賞。さらには2015年に「政治経済・国際情勢部門」1位に選ばれ、同年「総合大賞」1位となって殿堂入りしました。

その北野さんが、10月6日発行の『RPE』にて、絵本『ちよにやちよに』をご紹介くださり、多くの方から反響をいただきました。下記に、一部抜粋したものを掲載いたします

――――――――――――――――――――

皆さん、以下の事実、ご存知でしたか?

・『君が代』は、1100年以上前、
平安時代によまれた歌でした。


・誰が読んだのかは不明です。
(よみ人しらず。)

・君が代の「君」は、
天皇陛下ではなく、自分の恋人、
あるいは妻、夫のことでした。

・つまり、『君が代』はもともと、
「愛の歌」「ラブソング」だったのです。

私たちは、過去の歴史を、
「軍国主義」「全体主義」とすべて捨て去りました。

建国神話のことも知らず、
国歌の起源も知らないのです。


私たちは皆、
「日本の復活」を願っています。

しかし、「自分のルーツ」を知らずに、
あるいは「自分のルーツは悪」と信じていて、
「真の日本復活」は可能でしょうか?

私はそうは思いません。

(中略)

実は、有名な「博多の歴女」白駒妃登美(しらこまひとみ)さんから
「ちよにやちよに」
という、すばらしい絵本を贈っていただいたのです。

この絵本には、
私たちがほとんど知らない『君が代』の起源
書かれています。

非常に美しい絵本なので、
お子さんたちと一緒に読むのに最適です。

しかも、
英訳もついているので、外国人の皆さんに
「君が代の真実」を知ってもらうのに便利です。

・『君が代』の歴史と真実を知りたい方

・自分のお子さんに、日本の肯定的な歴史を伝えたい方

・幼稚園や保育園の先生

などに、特にお勧めしたいです。

(中略)

私たちの未来は、善良な子供たちにかかっています。
子供たちに、健全な誇りを、自信を与えたい方は、
是非入手してください。

北野絶対お勧めです。

―――――――――――――――――――

絵本『ちよにやちよに』の著者である白駒妃登美さんは、国歌『君が代』に秘められた日本人の真心を伝えたいという一心で、この本を制作しました。

和を尊び、命を慈しむ、先人たちがつないできた真心です。

北野さんが表現する「日本の復活」。いま日本人が心から望むその姿は、新たにつくられるものではなく、私たちの起源、そのルーツを正しく理解し、真の誇りをもつことから生まれるものなのでしょう。

白駒妃登美さんが絵本で紡いだ物語は、まさにその復活の鍵を握る象徴的なものとなるはずです。

未来をつくる子どもたちに、誰よりそのことを伝えたい。多くのみなさまの声を聴くことで、文屋はその使命感を強くし、寄付本プロジェクトの第3次目標額を大きく設定いたしました。

中傷や批判によって未来が開けることは、けっしてありません。それができるのは、感謝と誇りです。

この絵本を開けば、きっと誰もがそのことに気づくことができると思います。

絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』のご購入や、寄付本プロジェクトへのご参加は、こちらからどうぞ。

https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php

2021年11月11日

企業を永続させる経営のキーワードは「幸せ」と「感謝」――「かんてんぱぱ」伊那食品工業の2つのスペシャル対話プログラムのご紹介

来たる11月23日は、勤労感謝の日です。

勤労感謝の日は、米国の感謝祭(Thanksgiving day)とよく比較されます。感謝祭が11月の第4木曜日と時期が近いこともありますが、収穫への感謝という両者の起源が類似していることも、その理由かもしれません。

文化は違っても、「感謝」という言葉は共通なのです。

勤労感謝の日は、現在は「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう日」と制定されています。

この機会に、今回は文屋がオンラインでご提供する、2つのスペシャル対話プログラムをご紹介します。

「感謝」をキーワードに、幸せ感をより大きくする経営とはどのようなものか。コロナ問題のなかで会社経営を考えるみなさまに、文屋が贈るまたとない学習の機会です。

【1】塚越寛さんに問う「忘己利他 ~幸せ感をより大きくする経営~」

いまや日本全国から独自の経営哲学が注目されているのは、「かんてんぱぱ」で知られる伊那食品工業の最高顧問、塚越寛さん。社是「いい会社をつくりましょう」を掲げ、企業の本質的なあり方を問う「年輪経営」を説いています。

この「年輪経営」の目的は、利益の向上ではなく人と社会の幸せです。塚越寛さんは60年以上にわたり、「幸せ」を追求する経営方針で伊那食品工業を導いてきました。

ではコロナ禍のいま、幸せ感をより大きくする経営とはどのようなものなのか。塚越寛さんとご縁の深い高野登さん(人とホスピタリティ研究所)が鋭く切り込んでいきます。

幸せって、人から「ありがとう」と感謝されること。最澄の言葉「忘己利他」の精神で、人のために何ができるのかと考える。(中略)貧しさや苦労も、一概に失望するものではない。むしろ得難い経験。貧しさや苦労を経験するほど、その乖離として幸せを感じる。(塚越寛さん)

感謝されることに幸せを感じ、また自分自身がどんな状況にあっても感謝すること。こうした気持ちで経営をしていれば、「幸せ」は年輪のように少しずつ積み重なっていくのです。

こうした生き方を、そのまま会社経営のあり方に反映したのが「年輪経営」です。

高野登さんが日本支社長を務めたザ・リッツカールトン・ホテルでも「感謝」を大切にし、1日に何回「ありがとう」と言ったかを伝えあった、という話も出てきます。

経営とは、あくまで人が行うもの。「人としてあるべき姿」という土台を共有するふたりが、「感謝」の心によってぶれない経営のあり方を語り合う対話は、どう展開していくのでしょうか。

コロナ禍の逆境を乗り越え、企業の永続を目指す経営者のみなさまは必見です。

【2】塚越親子インタビュー「理念経営を受け継ぐ~父・兄・弟、三つの野心とは?~」

塚越寛さんと、2019年2月に伊那食品工業の代表取締役に就任した塚越英弘さん、同じく専務取締役に就任した塚越亮さんの父・兄・弟の3人がそろう史上初のインタビュー。引き続き、高野登さんがナビゲートします。

(尊敬する人は)三国志の項羽(こうう)と劉邦(りゅうほう)の劉邦。漢帝国を興した劉邦は、ちゃらんぽらんで周りが心配して助けてもらった。私も自分が優秀な武将のようにはうまくできないので、優秀な人たちに囲まれて、周りを巻き込んで助けてもらおうと思う。(塚越英弘さん)

英弘社長のことを、父・寛さんは、「自分が偉ぶることなく、部下にどうしたら力を発揮してもらえるかを考える謙虚さがある」と語ります。

一方、弟・亮専務は、「父以上の頑固さをもつ」と言い、英弘社長のぶれない芯の強さを語っています。

そんな亮専務は自身のことを、「現場と経営層との調整や、お客様との調整をブレずに進めていくのが、わたしにできる貢献」と話します。

忌憚なく本音を言い合える、真の意味で「仲の良い」親子の対話に、「伊那食ファミリー」と言われる家族のような組織づくりの神髄を垣間見ることができます。

「同族でもうまくいくということを体現するという野心がある。兄弟で経営しているからこそ強い」

最後に弟・亮専務のこの言葉を引き出した高野登氏が紡ぐ、永続企業を目指す親子インタビューも、どうぞ見逃しなく。

「かんてんぱぱ」伊那食品工業の2つのスペシャル対話プログラム(オンライン)の詳細は、こちらからどうぞ。

https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school_03.php

また本プログラムは、文屋が展開する【末広がりの年輪経営プロジェクト】の下記オンラインセミナーの受講により、無料で視聴することもできます。

「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」

https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school_01.php

高野登さんと学ぶ「わたしの人生を変えたホスピタリティライフのすすめ」

https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school_02.php

2021年11月18日

教育現場にこそ、共感の輪を広げたい――絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』

文屋より、7月に出版いたしました絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』。大変ご好評をいただき、現在は第2刷を発行しています。

国歌『君が代』の起源と、永く受け継がれてきた日本人の心を伝えるこの絵本を起点として、文屋はいま「ちよにやちよにプロジェクト」を進行中です。

平和の象徴としての日本の役割、そしてこの国に生きるわたしたち日本人の誇りを、多くのみなさまに共感していただくことを目指し、さまざまな企画を考えています。

絵本『ちよにやちよに』の寄付本プロジェクトは、その出発点でもあり、進捗の指標でもあります。

第1次、2次の目標達成後に、全国の幼稚園、保育所、小学校、中学校、高校、そして大学図書館と公共図書館に各2冊、合計160,000冊を贈るという第3次目標を立てました。

総額3億2千万円を募るという壮大な目標です。

その設定に至る経緯、そしてその後の反響のいずれにも、文屋の読者様の行動が大きく関係していることを、今回お伝えしたいと思います。

――2021年8月

愛知県碧南市の経営者である竹中義夫さんと杉浦三代枝さんが、絵本『ちよにやちよに』を60冊購入してくださいました。

「ふるさと碧南の子どもたちに、君が代の本来の意味と魅力を伝えたい」と、碧南市教育員会を通じて、市内のすべての小中学校に寄贈してくださったのです。

文屋が進めている寄付本プロジェクトの趣旨に共感しています。親友の杉浦さんと、わたしたちにできることは何かと話し合い、地元の子どもたちの未来に役立てればと、寄付を決めました。こうした共感の輪が、全国に広がっていくといいですね。(竹中義夫さん)

まさに「自律型」寄付本プロジェクトです。竹中さん、杉浦さんの活動に、「本家」の私たち文屋が強く突き動かされたことは、言うまでもありません。

――2021年10月

10月12日に第3次目標を公表した後に、さらなる「自律型」寄付本プロジェクトが立ち上がりました。

岐阜県にお住まいの津﨑(つざき)誠さんが、絵本『ちよにやちよに』600冊以上を、地元の子どもたちに贈ることを決められました。

津﨑さんは、絵本『ちよにやちよに』の著者である白駒妃登美(しらこまひとみ)さんのオンライン研修会の熱心な学び手です。

来年、還暦を迎えます。「ここまで生きてこられたご恩に報いたい」と、ふるさとの未来を担う子どもたちのために、なにかできることはないかと考えていました。ちょうどそんなおりに、いつもご指導いただいている白駒妃登美さんが、素晴らしい絵本を出してくださいました。(津﨑誠さん)

岐阜県下の小学校・中学校・高校のすべてに、絵本『ちよにやちよに』を贈ることを決めた津﨑さんは、最初に岐阜県教育委員会に相談されました。

そして、県下の小中学校を管轄する40数カ所の市町村教育委員会を訪問して、本書を見ていただきながら寄贈の趣旨を説明し、了解をいただいたのです。

こうした念入りな準備を積み重ね、私費を投じて絵本の普及に努めてくださる津﨑さんの想いの深さに、この絵本が人の心を動かす力の大きさをあらためて強く感じています。

白駒妃登美さんがこの絵本の制作を決めたもっとも大きなきっかけは、教育現場での講演の場で聞いた生徒や保護者の方々からの声でした。

「今日から君が代を、誇りを持って歌います」
「今日聞いた君が代の話を、もっと幼い頃から子どもたちに聞かせたい。せひ絵本にしてください」

教育現場は、国歌『君が代』にたいする複雑な感情が絡み合い、この歌を澄んだ心で歌えない、もっとも深刻な場であると感じます。

だからこそ、生徒や保護者の方々の素直な声の持つ意味は、とても大きなものです。

国歌『君が代』の起源は、たったひとりの愛する人にあてたラブレターであったということ。この歌を歌うとき、心に想う相手は、歌う人の自由であること。

国歌『君が代』の本当の意味を知ったとき、子どもたちの世界は大きく開けるはずです。

教育現場にこそ、この共感の輪を広げたい。そんな気持ちで自律的に行動してくださる方々がどんどん増えてくださることに、とても心強く思います。

みなさまの行動力に触発されながら、文屋もさらなる絵本の普及に向けて創造的で革新的なアイデアがどんどん出てきています。

近々またご紹介しますので、どうぞお楽しみに。

絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』のご購入や、寄付本プロジェクトへのご参加は、こちらからどうぞ。

https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php

«  2021年11月  »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

image