文屋

ブログ

2021年10月7日

日本という国を、そして日本人であることを誇りに思える――絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』

文屋は7月に、絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』を出版いたしました。

国歌『君が代』の本来の意味を伝えるこの絵本への共感の輪が、制作チームの予想をはるかに超えて、大きく広がっています。

『君が代』が国歌である前に、愛の歌であったこと。この愛とは、自国愛のレベルを超えた、人類愛のレベルであるということ。

それは多くの人にとって、これまで想像もしなかったことかもしれません。でも絵本をゆっくり読み進めていくと、この深い意味がごく自然と心に浸透してきます。

太陽のように
あかるく 丸く あたたかい こころを もって
「和」を たいせつにしてきた 日本

日本には 1100年以上まえに つくられた
まごころを つなぐ 歌が ある


絵本のなかの言葉は、日本人である私たちの深い根の部分にある、澄んだ心に語りかけてくれます。

そして描かれる美しい日本画は、その心を鮮やかに彩り、やさしくあたたかい気持ちで満たしてくれるのです。

『君が代』には賛否がある――。そんな理屈を乗り越えて、私たち日本人の魂にふれる絵本です。

わがきみは ちよにやちよに
さざれいしの いわおとなりて
こけのむすまで

たいせつな あなた
あなたの いのちが いつまでも いつまでも
永く つづきますように


平安時代、いまは名も残らないある人物によって詠(よ)まれた和歌。そこに深い愛を感じる多くの人々によって、歌い継がれ国歌となった和歌。

この「和」の歌は、いま怒りや憎しみでいっぱいになってしまった世界を、愛と感謝のあたたかい光で包み込む可能性を秘めています。

文屋は10年前、『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』という本を出版しました。著者である井内由佳(いうち・ゆか)さんはその後、10数冊の本を出版し、ラジオやオンライン番組で発信するだけでなく、実業家としても活躍するようになりました。

多くの人に受け入れられる井内由佳さんの語りは、いつも「ありがたい」「嬉しい」「楽しい」という心に触れるものがあります。

そんな井内由佳さんが、絵本『ちよにやちよに』を大絶賛し、ご自身が開催する登録制サロンのメンバーに絵本をプレゼントしてくださいました。

そして受け取ったメンバーから、文屋にこんなメッセーが届きました。

「それにしても私たちの国の国歌が、千年以上も昔の愛しい人を思う恋の詩だったなんて、とてもロマンチックで素敵だと思いましたし、この国歌を大切にする、この日本という国が愛おしく思えました」

「このような素晴らしい歌詞、そして素晴らしい平和憲法を持った国に生まれたことを、感謝します。今こそ日本人には誇りが必要です」

絵本『ちよにやちよに』は、『君が代』の本来の意味を伝えるだけではありません。

「愛の歌」を国歌とする日本という国、そして先人の魂を受け継ぐ日本人であるということへの誇りを感じさせてくれるのです。

そしてこの愛は、平和を誓う日本国憲法の前文に込められた、人類愛に共鳴しています。先人たちに愛された「和」の歌は、世界を平和へと導く愛の歌になろうとしています。

『君が代』を、丸くてあたたかい「世界の母・世界の太陽」になるという日本の使命の象徴として、大きな空に解き放ちたい。

文屋はこの絵本を普及することが、より大きな世界を変えていくことになると確認しました。

「ちよにやちよにプロジェクト」の名のもとに、私たちは現在、第2次目標を達成しつつある寄付本金額を大幅に超える、第3次目標を新設することにしました。

目標金額は3億2千万円です。

全国の幼稚園と保育園、全国の小中高校、全国の大学図書館と公共の図書館の約8万か所に、2冊ずつ、16万冊を贈ることが目標です。

絵本をとおし、私たちが日本という国、そして日本人であることに誇りをもつこと。愛と感謝の気持ちを大切に生きることは、きっと全世界の人びとを幸福と平和に導きます。

日本の子どもたちすべてにこの絵本をとどけることができれば、世界の未来を変える第一歩になるはずです。

多くのみなさまがこの絵本を手に取り、寄付本プロジェクトにご参画いただくことを切望しております。

絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』のご購入や、寄付本プロジェクトへのご参加は、こちらからどうぞ。

https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php

2021年10月14日

不確かな予測に惑わされず、自分にできるコロナ対策を――『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』

10月も半ばとなり、木々が少しずつ色づき始めました。

季節が移り変わるこの1か月で、新型コロナウイルスの感染者数は驚くほど減っています。

新型コロナのワクチン接種は、今年2月から始まりました。でも感染者数は増減を繰り返し、ついに夏の第5波では過去最高数を記録。そして「宣言」慣れしてしまった人の流れが抑制されることは、ほとんどありませんでした。

結局、今回の急激な減少の理由ははっきりしません。新型コロナの問題は、専門家と言われる人たちでも予測ができない事態が何度も起こっています。

もしかしたら「予測できる」と考えることが、間違っているのかもしれません。

長い歴史のなかで、繰り返し人々の生活を脅かしてきたウイルス。この人知を越える存在に対して、私たちはあらためて自分たちに何ができるかを問い直す必要があります。

文屋より発売中の絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』は、その大きなヒントになります。

コロナ禍では、ウイルスという存在に大きな注目が集まりました。じつはウイルスは細菌とは違い、宿主(しゅくしゅ)となる他の生物のなかでしか増殖することができません。

だからこそ、ウイルスは人の体内で必死に生き残ろうとします。そして人の体には、ウイルスに反応する免疫機能が備わっているのです。

絵本『おやすみルーシー』は、この人の体の免疫機能について正しく楽しく学べる教材絵本です。

作者の新妻耕太さんは、スタンフォード大学で研究する気鋭の免疫学者。2020年はじめに新型コロナ問題が浮上すると、一般の人たちにウイルスと免疫のことをきちんと理解してもらいたいという使命感をもつようになりました。

こうして同僚の研究者である妻のルーシーさんと一緒に、YouTubeチャンネル『新妻免疫塾』を発信。さらに、その内容を再構成した『Dr.新妻免疫塾~正しく知る! ウイルス感染と免疫の基礎』(東京図書)を出版したのです。

新妻耕太さんが目指したのは、専門用語を使わず、中学生でもわかるように、ウイルスや免疫の働きについて説明するということでした。

そしてより幼い子どもたちにも知識を伝えるために、絵本『おやすみルーシー』を制作したのです。

新妻耕太さんとルーシーさんがこの絵本をとおして伝えたいのは、「自分の体ってすごいんだ!」ということです。

絵本のなかで、主人公ルーシーはウイルスと一緒に自分の体に入ります。そこで免疫細胞に模した仲間たちがウイルスにどのように反応するのかを、みずから体験するのです。

わかりやすいストーリーと色鮮やかな挿し絵が、子どもたち、そして読み語る大人たちにも正しく楽しく、免疫機能に対する学びを深めてくれます。

遠い昔、医療がいまほど発達していなかったころから、ウイルスは人の生活を脅かしてきました。

でも先人たちは、ウイルスが体に入らないように予防し、たとえ入ってもしっかりと免疫細胞が働くように養生したのです。そのことがやがてウイルスの毒を弱め、共存を可能にしました。

人は免疫機能によって、繰り返されるウイルスの脅威を乗り越え、発展しつづけてきたのです。

新型コロナウイルスにかぎらず、私たちはこれからも、さまざまな感染症と隣り合わせて生きていかなければなりません。

たとえばインフルエンザは、毎年冬に流行しています。昨年はコロナ対策により、インフルエンザがほとんど流行しませんでした。そのため人々の免疫力が下がり、今年は大流行するのではという予測も出ています。

ウイルス対策に、もっとも有効といわれているクチン接種。10月に入ってインフルエンザの予防接種も始まりましたが、ワクチンの供給不足や遅れなども懸念されています。

またコロナワクチンについても、3回目のブースター接種や、12歳未満の子どもへの接種など、その是非が確定できていないことはたくさんあります。

ウイルスの発生や流行のすべてを予測し、備えるということは不可能に近いことです。

どのような状況であっても結局、一人ひとりが「予防」と「養生」に努め、自分の体の免疫機能をきちんと維持することが、ウイルスとの共存に向けた近道なのです。

私たちにできることは、不確かな予測に振り回されることではなく、どうしたら自分が健康でいられるのかに集中することではないでしょうか。

絵本をとおして、そのことを親子で考え直してみませんか。

絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』のご購入は、下記からどうぞ。また全国の書店でもお取り寄せいただけます。

文屋:https://www.e-denen.net/cms_book.php?_id=47
Amazon:https://amzn.to/3kxIdB5


新妻耕太さんの母である久美子さんが、絵本「おやすみルーシー」の一部を朗読する動画も公開中です。

2021年10月21日

著者の新妻耕太さんが『25歳~情熱の起点~』に出演――絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』

突然ですが、あなたにとって25歳とはどんな年齢でしょうか。

遠い過去、いつの間にか通り過ぎた日々、まさに目の前の現実・・。そこにはきっと、いろいろな想いがあることでしょう。

『25歳~情熱の起点~』(テレビ朝日)という番組では、人生のターニングポイントとなるこの「25歳」に注目し、さまざまな環境のなかで大きな夢に向かって歩んでいる若者たちを取り上げています。

この番組に、文屋が4月に出版した絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』の著者、新妻耕太さんが出演することになりました

▼放送日
10月27日(水) 23:10~23:15

▼放送地域
テレビ朝日 関東ローカル(東京・茨城・栃木・群馬・千葉・埼玉・神奈川)
※ご覧いただけない地域の場合は、放送後より番組HPにて視聴可能です。

https://www.tv-asahi.co.jp/25_passion/

いま30歳の新妻耕太さんの「25歳 情熱の起点」とは、どのようなものだったのでしょうか。

番組のなかでも触れられる『おやすみルーシー』は、ウイルスと人の体の免疫の働きについて楽しく学べる絵本です。

複雑な生命科学で起こる現象のエッセンスだけを凝縮して、幼い子どもたちにも理解できるように、絵本のストーリーにしたものです。

新型コロナウイルスの感染拡大を不安に思う子どもたちに、自分たちの体にはすごい力があるとわかってほしい。

その想いから、スタンフォード大学で博士研究員として免疫の研究をする新妻耕太さんは、妻であり同僚でもあるルーシーさんと一緒にこの本を制作したのです。

二人は新型コロナ問題が浮上した2020年のはじめごろ、医療従事者の人たちが頑張っている姿を見て、「自分たちにも、何かできることはないか」と考えました。

そして新型コロナウイルス感染症にかかわる基礎知識を、専門用語なしに解説する動画教材『新型コロナウイルス感染を理解するためのやさしい生物学』を、YouTubeで公開したのです。

ある日、「幼い子供たちが動画で使っているアニメーションを楽しく見ている」というメッセージが新妻耕太さんのもとにとどきました。

ところが、アニメは楽しく見ることができるけど、免疫のしくみまではわからない・・。

そんな保護者の声を聴いた妻のルーシーさんの「よし!絵本をつくろう!」という一言で、絵本制作が実現したのです。

いま、免疫学の研究者として第一線で活躍する新妻耕太さんですが、かつては生物学の教師を目指していたそうです。

教えることが好きな新妻さんは、動画や絵本で伝える内容をいかにわかりやすくするかを考え抜きました。

免疫学者として、たくさんの背景知識をもっているからこそ「情報の押しつけになってはいけない」ということを、強く意識したのです。

究極まで相手の立場になって、ものごとを見ること。読む人にとって知りたいことは何なのかを考え、読む人の知識のなかでわかるような例えで説明すること。

動画も絵本も、そんな新妻さんの工夫があふれています。

自分や相手の心にまっすぐに向き合う新妻耕太さんの姿勢は、研究者という道を選んだことや、研究者としての生き方にも、明確に表れています。

教師を目指していた新妻さんは実際に就職を考える段階になり、「このまま教師になっていいのだろうか」と迷いが生じたそうです。もっと学びたい、研さんを積みたい、と感じた新妻さんは、新しい発見や経験を得るために大学院への進学を決意しました。

そしていま、新妻さんにとって研究とは「自分をうつす鏡」だといいます。研究をするなかで、何が面白いのか、何を突き詰めたいのかということは、自分の核となる感情がどれだけ動くか、ということにかかっているからです。

だからこそ、研究の対象となる生物のことがわかったとき、自分の心の動きと向き合うことで、自分自身のこともわかると語っています。

人として、また研究者として真摯に生きる新妻耕太さんが『25歳~情熱の起点~』でどんなことを語ってくれるのか、制作チームもとても楽しみにしています。

そして、そんな新妻さんの知識と想いが詰まった絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』を、ぜひお手にとってご覧いただければと思います。

絵本のご購入は、下記からどうぞ。また全国の書店でもお取り寄せいただけます。

文屋:https://www.e-denen.net/cms_book.php?_id=47
Amazon:https://amzn.to/3kxIdB5

2021年10月28日

日本のすべての子どもたちに、誇りをもって生きてほしい――絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』

文屋はさまざまな活動をとおして、百年後も愛され続ける幸せないい人生、末広がりのいい会社、心穏やかないい世界をつくることを目指す共育会社です。

そんな活動のひとつが、寄付本プロジェクトです。

本づくりを営む文屋の使命は、著者のみなさまとのご縁に感謝し、百年後も読み継がれる本を出版すること。

ただ、それで終わるのではなく、届けたい人たちに本が届くよう働きかけ、本の可能性をより大きく広げて、本をとおして共に成長していきたいと考えています。

そんな気持ちで、「文屋オリジナル」のクラウドファンディングともいえる、寄付本プロジェクトを続けてきました。

文屋がとくに「本を届けたい」と考えてきたのは、国内外の子どもたちです。

現在は、7月に発売した絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』の寄付本プロジェクトを展開しています。

絵本『ちよにやちよに』の著者、博多の歴女である白駒妃登美(しらこまひとみ)さんは、こんなふうに語っています。

私を日本人として目覚めさせてくれた愛のうた『君が代』の本来の意味を、一人でも多くの人に知っていただきたい、保護者の思いや子どもたちの豊かな感性に応えたい……そのような経緯で、絵本の出版を決意いたしました。

私たち日本人の多くは、日本の国歌『君が代』が天皇の御代を称える歌としてつくられた、と思っています。

じつは『君が代』の本歌は1100年以上前に、いまでは名も残らない人物が、愛する人の健やかな未来を想って詠(よ)んだ和歌でした。

たいせつな あなた
あなたの いのちが いつまでも いつまでも
永く 続きますように


人を愛しく想う心を綴ったこの歌を、先人たちは永く大切に受け継いできました。その歌がやがて国歌となったのです。

この『君が代』の本当の意味を伝える絵本『ちよにやちよに』を、多くの子どもたちの手に届けたいと、今回も寄付本のためのご支援を募っています。

第1次目標としたのは、福島県内の小学校と公共図書館、全国の児童養護施設、そして小児医療の病院に本を贈ることでした。そして目標額である250万円(1,250冊分)は早々に達成することができました。

あらためまして、みなさまのご支援に心からお礼を申し上げます。

10月初旬には寄贈が完了し、その後、お礼のお手紙をたくさんいただいております。

ここで、2つの児童養護施設からのお便りをご紹介したいと思います。

まず、福島県福島市の児童養護施設青葉学園の施設長である黒沢俊之助さんからのメッセージです。

「この度は『ちよにやちよに』の図書をお送りくださって、
ありがとうございました。

私達 日本人の愛する国歌の深い意味と
あたたかさが子ども達の心に響く素晴らしい図書です。

早速 子ども達に見せたいと思います」

文屋に届いたお葉書には、学園にお勤めの保育士神戸(こうべ)まり子さんが描いた男の子と女の子の笑顔のイラストに、施設長である黒沢さんのお気持ちが、ペン字が書かれていました。

もう一通は、千葉県酒々井町(しすいまち)の児童養護施設蛍雪(けいせつ)学園の理事長である越川和哉さんからのメッセージです。

 

「特に近年、想定外の災害やコロナウイルス感染が
日野の生活に大きな影響を及ぼし
困難を来たしている方々が大勢居られる中、

いつも子ども達の事をお気に掛けて下さり、

重ねて厚く御礼申し上げます。

頂戴した絵本は皆で大切に読ませていただきたいと思います」


封書にて、丁寧に書かれたお手紙が文屋に届きました。

日本には、さまざまな理由で親と一緒に暮らせない2歳から18歳の約3万人の子どもたちが、全国に約600ほどある児童養護施設で過ごしています。

文屋は絵本をとおして、子どもたちに伝えたいと思いました。

「『君が代』を国歌とするこの日本という国に生まれてあなたたちは、こんなにも深く愛されているんだよ」と。

そして日本のすべての子どもたちに、『君が代』を正しく理解し、誇りをもって生きてほしいと願っています。

第2次目標額250万円(1,250冊分)も、すでに達成いたしました。まもなく世界各国の駐日外国公館約230館(1館3~5冊)と、世界中の日本人学校約100校(1校2冊)へ、絵本を寄贈いたします。

そして現在は、全国の幼稚園・保育所・小学校・中学校・高校・大学図書館・公共図書館に各2冊を贈る、第3次目標額3億2千万円(160,000冊)を掲げております。

まずは絵本をお手にとっていただき、『君が代』に込められた想いをみなさまの心で感じていただけたら、ぜひこのプロジェクトにご参加いただきたいと思います。

絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』のご購入や、寄付本プロジェクトへのご参加は、こちらからどうぞ。

https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php

『25歳~情熱の起点~』で絵本『おやすみルーシー』の著者、新妻耕太さんが語った想い

子どもたちに新型コロナウイルスについて正しく知ってほしい。
そんな想いで、つくられた絵本がある――

昨夜(10月27日)23:10より、テレビ朝日で放送された『25歳~情熱の起点~』に、米国スタンフォード大学博士研究員の新妻耕太さんが出演しました。

新妻耕太さんは、文屋より発売中の絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』の著者です。

番組が始まると、絵本『おやすみルーシー』のページを背景に、新妻さんの画像が登場。ナレーションを担当する俳優・内藤剛志さんが冒頭の一節を語られました。

絵本の発売前から応援し続けている私たちにとって、胸が熱くなるフレーズです。

昨年、新型コロナウイルスの問題が浮上してから、根拠のない誤った情報に大きな戸惑いを感じ、「子どもたちに正しい知識を伝えたい」と思った――。

インタビューで、新妻耕太さんはこんなふうに語っています。

発売後、児童病院など日米で2,000か所以上に、絵本が提供されたことも紹介されました。

そんな新妻さんの25歳、情熱の起点は――「サイエンスの楽しさを届ける」

高校時代、先生の影響で生物学に興味を持ち、筑波大学を卒業後、スタンフォード大学で最先端の免疫学研究に従事している新妻耕太さん。

自分自身がそうであったように、子どもたちにも科学の不思議、おもしろさを知ってほしいという情熱が、いまの新妻さんを動かしているのです。

若き科学者が、子どもたちの未来の希望になる。絵本『おやすみルーシー』は、きっとその縁を紡いでくれる。

2分と少しの短い番組でしたが、そんな大きな可能性を感じさせてくれる内容でした。

番組HPの過去の放送回より、今回の放送内容が配信されました。ぜひご覧ください。

テレビ朝日『25歳~情熱の起点~』
https://www.tv-asahi.co.jp/25_passion/

放送後、絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』へのお問い合わせをたくさんいただき、Amazonランキングも急上昇しております。

多くの子どもたちに絵本が届くことを、制作チーム一同、心より願っております。

絵本のご購入は、下記からどうぞ。また全国の書店でもお取り寄せいただけます。

文屋:https://www.e-denen.net/cms_book.php?_id=47
Amazon:https://amzn.to/3kxIdB5

«  2021年10月  »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

image