文屋

ブログ

2021年9月2日

発売からひと月で増刷決定!――子どもも大人も学べる絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』

文屋より7月9日に出版された、絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』

多くのみなさまにご賛同、ご共感いただき、発売からひと月あまりで増刷を決定いたしました。

この場を借りまして、みなさまのご支援に心よりお礼を申し上げます。

この本は、子どもたちも楽しめる大人向けの絵本です。

作者である白駒妃登美(しらこまひとみ)さんは、歴史上の日本人の生き方から多くを学んできた博多の歴女。こうした人物たちからの学びをご自身の人生に活かし、また書籍や講演をとおして私たちにも伝えてきてくれました。

そんな学びのなかでも、白駒さんが「私の人生が大きく変わった」とまで語っていること。それは、東洋思想研究家の境野勝悟(さかいのかつのり)氏の『日本のこころの教育』(致知出版社)から得たものでした。

白駒さんは、こう語ります。

そこには私たちの祖先が何を畏(おそ)れ、何を信じ、何を大切にしてきたのか、日本人の源流が綴(つづ)られていました。そのなかに、国歌『君が代(きみがよ)』の本歌となった、『古今和歌集』の「詠(よ)み人知らず」の歌が紹介されていたのです。

わがきみは ちよにやちよに
さざれいしの いわおとなりて
こけのむすまで

この和歌は、愛する人がずっと幸せでありつづけてほしいという祈りの歌でした。幾千年も、小さな石が大きな岩になり、苔が生えてくるまでずっと、と深い想いを伝えるラブレターだったのです。

この出会いこそ、白駒妃登美さんが絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』を制作するきっかけとなるものでした。

この和歌が収められている『古今和歌集』は、平安時代前期に活躍した歌人たちによって編纂(へんさん)されました。

名高い歌人たちの和歌が多く収められる『古今和歌集』のなかで、いまも歌い継がれる和歌。詠んだのは、名も残らないような人物だったのです。

にもかかわらず、込められた想いは1000年のときを超えて多くの人々の心に刻まれ、やがて国歌となりました。

白駒妃登美さんは、「君が代はラブレターだった」ということを、小学校など多くの教育の場での講演で話すようになりました。

そこでは子どもたちだけでなく、保護者である大人たちからも驚きと感動の言葉が聞かれます。

なかでも一番多いのは、「もっと早く知りたかった」という声。このブログでも読者さまのご感想を紹介していますが、こうした声が多いことをあらためて実感します。

今回ご紹介するのは、THS経営組織研究所代表の小杉俊哉先生が、ご自身のFacebookにあげてくださったものです。

慶應義塾大学の特任教授も務められ、経営や人事、キャリアや生き方など幅広く多数の書籍も出版されている小杉俊哉先生が、こんなふうにおっしゃっています。

お恥ずかしいことに、君が代の歌の成り立ちよく知りませんでした。知らずにどれだけ唄っていた(唄わされていた?)ことでしょうか。これ、本当に小学校の時に知りたかったです!日本人として。
もともとラブレターだったと。だから子ども達に知って欲しい!寄付本プロジェクト、既に250万円、1250冊が1250カ所の図書館や施設に寄贈されています。素晴らしいですね。微力ながら参加させていただきました。

絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』は、子どもたちはもちろん、私たち大人にも学びがあります。

ストーリーの後には、国歌『君が代』の成り立ちが解説されています。そこには、ラブレターだった和歌がどのようにして国歌になったのか、まさに「愛のうた 君が代の旅」が描かれているのです。

子どもたちと一緒に、絵本をとおして新たな『君が代』を発見してみませんか。

小杉俊哉先生もご協力くださった絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』の寄付本プロジェクトでは、日本や世界の子どもたちに絵本を贈るため、みなさまからのご支援を募っています。

早くも7月4日に、第1次目標を達成することができました。福島県内の小学校図書館446館、福島県内の公立図書館118館、全国の児童養護施設590館、小児医療の病院96施設の合計1250個所に絵本を寄贈させていただき、喜びの声もとどいております。

第2次目標の寄付先は、世界各国の駐日外国公館約230館(1館3~5冊)、世界中の日本人学校約100校(1校2冊)の合計1,250個所です。現時点では、240冊(565,000円)のご寄付をいただいております。

寄付本プロジェクトの詳細は、下記からご覧いただけます。みなさまのご支援を、心よりお待ちしております。

https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php

2021年9月9日

「正しく知り、正しく恐れる」とは何かを伝える免疫絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』

新学期が始まりましたが、新型コロナウイルスの感染拡大はつづいています。

いま、もっとも感染が広がっているデルタ株は、コロナの変異株のなかでも感染力が強いことが指摘されています。

とくに心配されているのが、子どもへの感染。デルタ株の感染が広がったここ数ヶ月で、10代以下の感染率は大きく上がり、新学期の学校再開を懸念する報道があとを絶ちません。

子ども関連のクラスターのニュースを聞けば、親たちは当然、学校の休校を望みます。

わが家の息子が通っている小学校は休校にならず、感染対策をより徹底する連絡とともに、新学期が始まりました。でも、クラスメートのなかには感染を恐れ、自主休校している子どもがいます。

新型コロナに関しては、だれもが納得する答えはまだありません。たくさんの情報と賛否ある選択肢のなかで、自分で判断しなければならないのです。

コロナとともに生きる私たちにとって、「正しく知り、正しく恐れる」とはどういうことなのか。

そのことを考えるひとつの材料として、4月に文屋が出版した絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』をご紹介します。

この本は、スタンフォード大学で免疫の研究をしている新妻耕太さんとルーシーさんご夫婦が制作した免疫絵本です。

人の免疫細胞が外部から入ってきたウイルスに反応するしくみを、ルーシーという女の子の冒険のストーリーとして描いています。

ある夜、ぶるぶる震えて鼻水や咳がでてきたルーシーは、布団に入って眠ることにしました。すると、夢の中でウイルスと一緒に自分の体のなかに迷い込んでしまいます。

「やぁ ぼくたちは ウイルスだよ
このぬまの そこは 
なかまが ふえる ゆめのせかい 
きみもいっしょに もぐろうよ!」


体の奥深くに潜り込み、つぎつぎに増えていくウイルス。怖くなったルーシーに声をかけるのは、免疫細胞を模した仲間です。

どんどん増えるウイルスと闘うために、花火を上げてもっとたくさんの仲間の細胞を呼びます。

「たいへんだ~ みんな あつまれ~!!」

ルーシーも、仲間探しを手伝います。ウイルスの情報と地図をもって、体のなかを駆けめぐるのです。

作者の新妻耕太さんとルーシーさんご夫婦が、この絵本を制作するにあたって強く意識したこと。それは、子どもたちにもわかるようなやさしいストーリーのなかに、ウイルスや免疫細胞に関して科学的に正確な情報を示すことです。

作画を担当した こまちだたまお さんも、綿密に打ち合わせて挿し絵を描きました。色彩豊かな親しみやすい絵は、ウイルスやヒトの体内細胞、血管やリンパ管などの特徴をしっかりと模しています。

じつは こまちだたまお さんは、新妻耕太さんの子ども時代の絵の先生。「創意工夫を絶やさず、作品を最後まで作りとおす耕太さんは、昔から変わっていない」と語っています。

絵本の巻末には、読み語る親や先生が子どもたちに免疫のしくみを説明できるように、わかりやすい解説もついています。

いま、発信されているコロナ情報の「正しさ」は限定的です。

たとえば、多くの人が注目するワクチン接種に関する情報。ファイザー、モデルナなどのワクチン効果の差、また認可されて間もないアストラゼネカの副反応などは、私たちの判断に大きく影響します。

でも、これらはあくまでも現在の、しかも特定の状況下におけるデータからわかりつつあることです。

日々刻々と状況が変化するだけでなく、一人ひとり生活状況や身体状況によっても、ワクチンの効果や副反応は異なるでしょう。

コロナに関する情報は、判断基準としては有効です。でも、すべての人にとって、いつどんなときも等しく「正しい」とはいえないのです。

それに比べ、人の体の免疫機能に関する情報は、これまで長く培われてきた研究の蓄積によって明らかにされてきました。

そのしくみを知り、できるだけ体にウイルスを入れないような行動(予防)と、もし入ってしまっても闘いに負けないように体を調える生活習慣(養生)に努めること。

それは、いつどんなときも等しく「正しい」といえるはずです。

そのことを理解したうえで、一人ひとり異なる状況にきちんと向き合うこと。それが、たくさんの情報のなかからベストな答えを探す出発点になるはずです。

ルーシーの冒険をとおして、ご家庭や教育現場でもう一度、いま自分たちにできること、すべきことは何かを考えてみませんか。

絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』のご購入は、下記の文屋サイトからどうぞ。

https://www.e-denen.net/cms_book.php?_id=47

2021年9月16日

コロナ感染予防のために、科学リテラシーを養う――絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』

ここ数週間で、新型コロナウイルスの感染者数が減ってきています。そのためワクチン接種者を中心に、規制緩和の方針が打ち出されました。

とはいえ、1年半以上にわたってコロナ感染者数は増減を繰り返しています。もはや、このまま収束することは期待できないでしょう。

感染を予防しつつ、経済活動を再開していく段階となったといえます。今後、人との接触の機会が少しずつ取り戻されていくことになるかもしれません。

職場や友人関係、子どもの教育など、それぞれに異なる状況のなかで、感染を予防しながらどう行動するのか。これまで以上に、むずかしい判断に迫られる場面が増えてきそうです。

必要な知識を得て自分で考え、情報に惑わされずに行動するためにも、私たち一人ひとりに科学リテラシーが求められます。

その第一歩として、ウイルスや免疫の知識を養うことには大きな意味があります。

文屋より出版中の絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』は、こうした学びを深めることができる免疫絵本です。

「リテラシー」とはもともと、言語を読み書きする能力のこと。でも最近では、ある分野に関する知識への理解と、それを活用する能力として使われる言葉になってきました。

絵本『おやすみルーシー』の作者は、免疫学者である新妻耕太さんとルーシーさんご夫婦。コロナ感染の不安が広がるいまだからこそ、子どもたちに生命科学へのリテラシーを養ってほしいと考えて、絵本を制作しました。

大学時代に塾講師として、教育経験をもつ新妻耕太さん。妻とともに、ウイルス感染と免疫機能に関する基礎知識を、専門用語なしで解説する活動をつづけてきました。

 

そんななか、「幼い子どもであっても、情報を得ることにおいて仲間はずれにしたくない」というルーシーさんの言葉が、新妻耕太さんをさらに動かしました。絵本『おやすみルーシー』の制作について、ふたりはこう話しています。

絵本は子どもを広大な宇宙から、目に見えない小さな世界にまで連れていってくれる夢のようなツールです。体を守る免疫細胞たちの活躍を絵本で表現できたなら、きっと幼い子どもたちとも免疫の素晴らしさを共有できると考えたのです。

絵本の主人公は、妻のルーシーさんと同じ名前の少女。夢のなかで自分の体に入り、免疫細胞を模した仲間「まっくん」(マクロファージ)、「ティービー兄弟」(T細胞、B細胞)と一緒に、ウイルスと闘います。

このストーリーの後につづくルポ編では、絵本を読み語る大人たちに科学知識をわかりやすく解説しています。大人が子どもに説明しながら会話する機会をつくることで、お互いに科学リテラシーを養う工夫がなされているのです。

この絵本を「すべてのこどもたちにおすすめします!」と推薦してくださっているのは、感染症専門医の忽那賢志先生(大阪大学教授)。新型コロナ問題が浮上してからずっと、感染症に関する情報発信を熱心につづけてきました。

 

忽那賢志先生は、こんなふうに話しています。

専門家がテレビ局を通さず情報を発信するようになったことは、SNSの時代の一つのいい側面だとは思います。(中略)ただ、医療者は情報発信のプロではありません。医療者が学ばないといけないことは多いですが、科学的にシンプルに正しいことを伝えるのはやりやすい時代です。

一般の人たちが科学リテラシーを養っていくために、忽那先生もまた医療にかかわる専門家として、必要な情報をわかりやすく発信する責任を自覚しています。

忽那賢志先生が推薦する絵本『おやすみルーシー』は、子どもだけでなく大人にも、人の体の免疫機能について「科学的にシンプルに正しいことを伝える」絵本です。

いま、感染予防にもっとも大きな効果を発すると考えられているワクチン接種は、12歳未満の子どもたちは対象となっていません。

そして限られたワクチンを若者たちに接種するのか、中年世代を優先するのか、もしくは高齢者の3回目接種をすすめるのかなど、今後の方向性もまだ見えてきません。

ワクチン接種後に感染する、ブレイクスルー感染の例も見られています。基本的な感染対策を徹底していくことは、誰もがしっかり自覚しなければならないことです。

コロナと付き合いながら安全な日常を取り戻すために、ご家庭や学校で科学リテラシーを養う教材として、ぜひ絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』をご活用ください。

ご購入は、下記の文屋サイトからどうぞ。

https://www.e-denen.net/cms_book.php?_id=47

2021年9月23日

国歌『君が代』に詠(よ)まれた「母ごころ」――絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』

日中の暑さは残るものの、すっかり秋らしい陽気になってきました。

シルバーウィークの今週、みなさまはどのようにお過ごしでしょうか。
家族で過ごすことも多いと思いますが、子どもがいると悩みますね。外出や人との接触が制限されているなかで、子どもたちの楽しみや成長のために、どう時間を使えばいいのか、と。

その一方で、こういう時期だからこそ、家族でゆっくり考える機会にもなります。これまで目を向けてこなかったこと、当たり前に思っていたことに思考をかたむけてみると、そこには新たな「気づき」が待っています。

文屋が目指しているのは、「100年後も読み継がれる本」。とくに絵本は家族で読めること、子どもたちが楽しめるだけではなく、読み語る大人にも「気づき」をもたらすことを、強く意識しています。

そんな文屋が、7月に出版した絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』。今回は、この絵本をとおして生まれた、ある父親の「気づき」をご紹介します。

日本人なら誰もが知る国歌『君が代』。でもそのルーツを知る人は多くありません。

絵本『ちよにやちよに』は、「愛のうた、きみがよの旅」を描いています。平安時代に詠(よ)まれたある和歌が、長く歌い継がれて国歌となり、さらなる未来に向かって希望の歌となっていくストーリーです。

『君が代』の本歌は、愛する人の末永い幸せを祈る和歌のラブレターでした。

でもこの和歌が伝える愛の深さは、男女間のみならず、広く自分にとって大切な人やものを想うこころへとつながっていくのです。

読者の鈴木崇之さん(帝人ソレイユ株式会社)は、3人の子どもたちと一緒に絵本『ちよにやちよに』を読むうちに芽生えた想いを、作者である白駒妃登美さんに寄せてくださいました。

その内容を、一部抜粋してご紹介します。

――――――

『ちよに やちよに』は、
子ども向けの絵本ではありません。
子育て真っ只中にある父親が
「一家団欒を取り戻すきっかけ」です。


(中略)

たいせつな あなた
あなたの いのちが いつまでも いつまでも
永く 続きますように


「母ごころ」

これ以上の祈りはあるのでしょうか。
我が子の幸せを願う、切なる祈り。

健やかに発育しますように。
天賦の才能が、開花しますように。
たくさんのいいご縁に、恵まれますように。

喜怒哀楽の溢れた、
豊かな人生でありますように。

「幸せな人生だった」と思える、
死に際でありますように。

そんな「母ごころ」が、
父親である自分の体内から泉のように湧き上がり、
ついつい目頭が熱くなるのです。

(中略)

私たち父親は、
何か大切なものを置き去りにしてきたことに、
ようやく気づき始めました。

その流れの中で、いまここに、

『ちよにやちよに』があります。

私は、子どもたちへの読み聞かせを通じて、

子どもたちを授かれたことの無上の幸せ、

その子どもたちを産んでくれた家内への感謝、

そして、
自分を産んでくれた母親への感謝、

そんなアタリマエが
当たり前でなかったことに気づかされました。


「千代に八千代に」との祈りは、
子どもという鎹(かすがい)を通じて、
夫婦の間に自然と育まれるものなのでしょう。

「母ごころ」が詠み込まれているからこそ、
この歌は、あらゆる人たちのこころを、
千年にわたって共鳴させ続けてきたに違いありません。

人類の誰しもが、母親の子宮の中で生を受け、
十月十日を経て産道から
この世に飛び出してきました。

誰一人として、例外はいないのですから。

――――――

鈴木さんが共有してくださったのは、『君が代』に込められた子を想う母のこころ、その母親の尊さへの「気づき」でした。

そして、このお便りによって『ちよにやちよに』制作チームもまた、この絵本の持つ人を動かす力に気づかされました。

鈴木さんは、「ちよにやちよにプロジェクト」のプロモーション担当として、仲間入りしてくださいました。文屋ではいま、鈴木さんと語らうなかで、寄付本プロジェクトの第三次目標の実現に向けて、計画が進行中です。

日本全国の幼稚園と保育園、全国の小中高校、全国の大学図書館と公共図書館の約8万か所に、2冊ずつ、16万冊を贈る壮大な寄付本プロジェクトです。

私たちは、日本国内のすべての子どもたちに、絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』をとどけ、たくさんの「気づき」の輪を広げていきたいと思っています。

第2次目標がまもなく50%に達成しようとしています。寄付本プロジェクトの詳細は、下記からご覧いただけます。

https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php

2021年9月30日

制作チームも驚くほど、共感の輪が広がっていく――絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』

9月も終わりに近づき、陽が落ちるのがずいぶん早くなってきました。これから、どんどん秋も深まっていきます。

秋は栗の季節。文屋代表の木下が「取締役用務員」を務める小布施牧場でも、まさに栗の収穫の真っ最中です。

栗が特産の小布施町のなかでも、「栽培好適地」といわれる農園でつくっています。自家培養した土着の善玉菌で育つ小布施栗にご興味があれば、こちらものぞいてみてください。

https://obusedairyfarm.co.jp/products-post/obusekuri/

秋の味覚を楽しんだら、長い夜には読書を楽しみたいものです。

ただ、小さな子どもがいるご家庭では、なかなかゆっくり読書する余裕はないですよね。そんなときは、子どもたちと一緒に絵本を読んでみてはいかがでしょう。

読書の秋に、子どもも楽しめる大人向けの絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』をご紹介します。

東京2020オリンピック&パラリンピックにサッカーW杯予選と、今年は夏から国歌を聞く機会が多い年です。

歌い手のパフォーマンスなど、何かと話題になる『君が代』斉唱。でも、その歌詞の本来の意味は、あまり知られていません。

絵本『ちよにやちよに』は、美しい日本画とやさしくあたたかい語りによって、親子で楽しく国歌『君が代』の意味を学ぶことができる本です。

作者である博多の歴女、白駒妃登美(しらこまひとみ)さんは、初めて『君が代』の意味を知ったときの気持ちを、こんなふうに語っています。

私たちの国歌『君が代』の本歌は、平安時代に生きた、ある人物の詠(よ)んだ「愛の歌」です。このことを知った時、梅の花に太陽の光が差し込みキラキラと輝き始めたような、美しいあたたかさが、胸いっぱいに広がっていきました。

白駒妃登美さんご本人が熱くこの気持ちを語る動画も、必見です。

国歌『君が代』が、あふれる愛の心をつづった歌と知った白駒さんの想い。絵本の制作は、この想いへの共感の力によって、実現したものです。

学校などでの講演も多い白駒妃登美さんは、いつも『君が代』の本来の意味を話していました。すると、生徒や保護者の方々からこんな声があがります。

「今日から『君が代』を、誇りを持って歌います」
「今日聞いた『君が代』の話を、もっと幼いころから子どもたちに聞かせたい」

その声が、白駒妃登美さんを絵本制作に導きました。

国歌『君が代』には、さまざまな賛否があります。出版までの険しい道のりにもかかわらず、白駒さんが決してあきらめなかったのは、それほどにこの共感の力が大きかったからです。

そして今年の7月、文屋より絵本『ちよにやちよに』が出版されてから、共感の輪は大きく広がっていきました。

「もっと早くに、小学生の時に教えてほしかった。孫たちに読んであげます」
「君が代アレルギーが治りました。これでスッキリした気分で歌えます!」

こうしたご感想をつぎつぎにいただくようになり、さらにその想いを行動に移す方も出てきました。

前回のブログでご紹介した鈴木崇之さん(⇒https://www.e-denen.net/cms_blog.php/29)は、娘さんが通われている「めばえ幼稚園」(千葉県我孫子【あびこ】市)に、絵本『ちよにやちよに』を1冊寄贈されました。

そして鈴木さんと語り合った園長の井上ミドリ先生は、こんなふうにおっしゃったそうです。

この歳になるまで、てっきり軍国主義と結びついた歌とばかり思っていました。地味な音色ですし、
いまひとつパッとしない国歌だと思っていました。幼稚園児にも読み聞かせるべき内容ですね。さっそく園として15冊ほど買って、まずは職員全員に読ませましょう。

絵本はめばえ幼稚園の蔵書として、園児への貸し出しもすることになりました。

それだけでなく、井上園長は鈴木さんに絵本の魅力を知らせるチラシづくりを依頼し、230人の園児のご家庭すべてにチラシを手渡ししてくださったのです。

絵本『ちよにやちよに』の人を動かす力に誰より驚いているのは、制作チームかもしれません。

そしてこの共感の力はいま、文屋をさらなる使命に導いています

地球を丸くあまねく太陽のように、和やかなあたたかさをもつ日の本の国、日本。ここで和を尊び、感謝の心を大切に、日々の創意工夫を重ねてたくさんの知恵を生み出してきた先人たち。

それを受け継ぐ私たち日本人には、未来に向かってできることがたくさんあるはずです。

持続可能な世界を築くために、「いま」をかたちづくる「ちよにやちよにプロジェクト」。また近いうちに、発信したいと思います。

絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』のご購入や、寄付本プロジェクトへのご参加は、こちらからどうぞ。

https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php

«  2021年9月  »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

image