文屋

ブログ

2021年8月5日

国蝶オオムラサキが導く国歌『君が代(きみがよ)』1000年の旅――絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』

夏休みが始まりました。

子どもたちには嬉しい夏休み。でも親にとっては子どもの相手をする時間が長くなり、なかなか悩ましい日々かもしれません。 

小学生の息子がいるわが家でも、朝早くから公園に昆虫さがしと、ちょっとハードな毎日です。でも、子どもと一緒に昆虫を追いかけまわしていると、思わぬ発見もあります。

たとえば蝶というと、モンシロチョウにアゲハチョウ、せいぜいクロアゲハくらいしか私に思い浮かびません。でも公園では、アオスジアゲハという蝶を見つけました。

黒地に青い模様が美しいアゲハ蝶で、都市部などにも生息しているようです。こんなに綺麗な色の蝶が身近に見られるとは、驚きました。

でもやはり、蝶のなかでも別格なのはオオムラサキでしょう。その堂々としたたたずまいと気品のある美しさから、1957年に日本昆虫学会より、「国蝶」に選定されました。

文屋が7月に出版した絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』では、ストーリーのガイド役として、この日本を代表する国蝶オオムラサキがたびたび登場します。

『君が代(きみがよ)』は、日本人であれば誰もが知る国歌です。でもその歌詞が、1100年以上前の平安時代に詠(よ)まれた和歌であることは、あまり知られていません。

男女が自由に会うことが許されなかった平安時代、和歌は相手への想いを伝える唯一の手段でした。

国歌『君が代』の本歌である和歌は、名もなきある人物が、愛する人の健やかな日々がずっとつづくことを願った愛のうたです。

この愛のうたが永く歌い継がれて、日本の国歌となったのです。

作者である白駒妃登美(しらこまひとみ)さん
は、絵本のあとがきでこんなふうに話しています。

もしかしたら『君が代』は、先人たちから今を生きる私たちに、そして同じ地球に暮らす、あらゆる命に向けられた、時空を超えたラブレターなのかもしれません。

博多の歴女・白駒妃登美さんはこの絵本をとおして、私たちが知る国歌『君が代』の世界を大きく広げてくれます。

そんな「きみがよの旅」を導いてくれるのが、国蝶オオムラサキです。

オオムラサキは、羽を広げると10㎝以上にもなる大柄な部類で、鮮やかな羽に美しい紫の模様の蝶。華麗でありながら、餌場を守るためにスズメバチやカブトムシでさえ、大きな羽をばたつかせて追い払うほど勇ましい蝶です。

でもじつは、オオムラサキの幼虫は、とても愛らしいのです。

この美しく勇ましいオオムラサキが、日本画家・吉澤みかさんが描く絵本の挿し絵のあちこちで羽ばたいています。まるで、1000年の時空を超える旅を、一緒にしているかのようです。

そしてこの旅は、最後に私たちの未来へとつながっていきます。

わたしたちの歌声が
世界中に ひびき わたりますように
1000年先の 平和な 未来に とどきますように


平安時代からいまをへて、未来へとつづく「きみがよの旅」とは、いったいどのようなものでしょうか。

絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』は、子どもも楽しめる大人向けの絵本です。

今年はとくに、国歌『君が代』を聞く機会が多い夏。そして夏休みには、読書感想文などの宿題が出る学校も多いかと思います。

子どもと一緒にこの絵本を読み、親子でいろいろな話をして読書感想文にしてみるのもよいのではないでしょうか。

また絵本の巻末には、朗読動画をご案内するQRコードがついています。

日本語、そして日本語と英語と交互の2種類の読み語りです。挿し絵の画像が音楽とともに流れる動画と、音声データを視聴することができます。ぜひご活用ください。

長い夏休みですから、昆虫さがしや読書など、子どもたちと一緒に楽しめるといいですね。

絵本の原画より、5種類のポストカードを制作しました。夏のお便りにもおすすめですので、ぜひご覧ください。

https://e-denen.net/cms_hagaki.php


絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』を国内外の子どもたちに贈る「寄付本プロジェクト」を展開中です。
最新の状況はこちらからご確認いただけます。

https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php

2021年8月12日

コロナとの闘いに必要なのは、予防と養生――免疫絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』

新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化してから、2度目の夏。今年も猛暑のなかでもマスクが欠かせず、熱中症と感染症の両方の対策に気が休まらない毎日です。

一般にはウイルスの活動が弱まるはずの高温多湿の季節でも、感染症の拡大は収まりません。

そして新型コロナウイルスの変異株も、相次いで発生しています。唯一の対策といわれるワクチン接種が進んでも、感染者数は増減を繰り返しています。

先の見えない状況のなかで、情報ばかりがあふれている・・。でもそこに明確な答えはなく、ただ不安だけが増していくような気がします。

そんないま、文屋がみなさまにとどけたいのが、絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』です。

この本は、私たちの体の免疫機能がウイルスにどう立ち向かうのかを、大人にも子どもにもわかりやすく伝える絵本です。

作者である免疫学者の新妻耕太とルーシーさんご夫妻は、免疫細胞の働きを多くの人に少しでもわかりやすく伝えるために、これまで発信をつづけてきました。

You Tube「専門用語無しでウイルスを学ぶ動画」や、書籍『Dr. 新妻免疫塾 正しく知る!ウイルス感染と免疫の基礎』(東京図書)など、一般の人にもわかりやすい説明が評判になっています。

そんな新妻耕太さんとルーシーさんが、幼い子どもにもわかるようにと制作した絵本がこの『おやすみルーシー』。あとがきで、こう語っています。

免疫とは、病原体から私たちの体を守る防衛システムで、目に見えないほど小さな免疫細胞たちによって支えられています。一つひとつの免疫細胞が環境の変化を察知して、お互いにコミュニケーションをとりながら協調して働きます。私たち研究者は、彼らがどんな話をして、どんなしくみで動いているのかを知りたくて、日々研究を続けています。

新妻耕太さんとルーシーさんは、体のなかで働きの異なる免疫細胞たちは、ひとつのチームと考えています。それぞれが自分たちの役割を果たし、協力することで大きな力となることを、私たちに教えてくれるのです。

絵本のなかでは、ルーシーという名の女の子が夢の中で自分の体を旅しながら、その様子が描かれています。免疫細胞に見立てた仲間たちと協力して、ウイルスと闘うストーリーです。

そして最後に、宿主である私たちが免疫細胞の働きを高めるためにできることは、予防と養生だということを伝えてくれるのです。

新型コロナを取り巻く状況は、この1年で変化しました。

2020年秋ごろから、相次いで新たな変異株が発見されています。最近、日本で急激に感染者が増えているのが、インドで発生した「デルタ株」。これまでの変異株より感染率、重症化率ともに高くなる可能性が指摘されています。

その一方でワクチン接種が進み、65歳以上の人口の81.4%、全人口の32.7%がワクチンを2回摂取しています(8月8日時点)。高齢者の感染率は目に見えて減っているものの、ワクチンに関しては、多くの人が発熱や倦怠感などの副反応を経験しています。

刻々と変わる状況や、その背景を知ることは大事です。でも、こうした情報を伝えるマスコミの発信は、読み手の感情をあおるようなものが多いことも事実です。

大人が不安になれば、子どもはもっと不安になります。私たち大人がまず冷静になるために、自分の体には本来、ウイルスと闘う力があること。その力を高めるためには、予防と養生が大切であると知ることが必要なのではないでしょうか。

忽那賢志先生(2021年7月より大阪大学医学部教授)は、正しい情報を伝えることに強い使命感を持つ医療者のひとりです。事実を客観的にわかりやすく伝え、現実的な対策を教えてくれる、いまもっとも信頼されるコロナ情報発信者でしょう。

そんな忽那先生も、絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』を推薦してくださっています。

子どもたちが新型コロナや免疫について知り、考えるために、とてもだいじな教材です。すべての子どもたちにおすすめします!(感染症専門医・忽那賢志)

忽那賢志先生はご自身の記事の発信で、いつも最後に「手洗い啓発ポスター」を掲載しています。どんな人にも効果があるのは、やはり予防と養生であることは間違いありません。

自分と周りの人たちを守るために何ができるか、絵本を通してもう一度、親子で話してみませんか。

絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』のご購入はこちらからどうぞ。

https://www.e-denen.net/cms_book.php?_id=47

2021年8月19日

思いやりこそ、感染症の蔓延を防ぐ大きな力に――絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』

東京を中心に、全国で新型コロナウイルスの感染拡大が深刻です。

第5波と言われる今回、感染者数は過去最多に。ワクチン接種が進み、感染者や重症者に占める高齢者の割合は減っていますが、本来なら入院が必要な中等症の方々も入院できないほど、医療はひっ迫しています。

じつは最近、わたしの身近なところでもコロナ感染者がでました。また、家族がコロナワクチンの接種で副反応を経験し、わたし自身も近くワクチン接種を控えています。

生活の変化を実感しながらも、どこか遠巻きに見ていたコロナウイルスの怖さが、ぐっと迫ってきたような不安があります。

こんなときだからこそ、不安に負けず自分ができることをしっかりと意識したいものです。

日々の感染予防に努め、生活ペースを崩さず、体が本来持っている免疫力を落とさないようにすることです。

文屋が4月に出版した絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』は、ウイルス感染におびえる私たちに「自分の体ってすごいんだ!」ということを教えてくれます。

作者である免疫学者の新妻耕太さんとルーシーさんご夫婦は、「自分の体を知って興味を持つことが、自分の体を大切にする行動につながる」と信じて、この絵本を制作しました。

この物語は、ウイルス感染したときに体のなかで実際に起こる反応をベースに描かれています。

主人公ルーシーが夢の中で、免疫細胞を模した「まっくん」(マクロファージ)や「ティービー兄弟」(T細胞とB細胞)と協力して、ウイルスを撃退するのです。

出版に先立ち、新妻耕太さんと絵本制作チームは、この絵本を全国の児童養護施設、こども病院(小児専門病院)で暮らす子どもたちにとどけるプロジェクトを展開しました。

その結果、当初の目標に対して345%のご支援をいただき、児童相談所(一時保護所)や、希望する保育所・幼稚園・小児科等にも寄贈が可能となりました。合わせて約2,000冊の絵本が子どもたちにとどいたのです。
(プロジェクトの詳細はこちらから⇒https://readyfor.jp/projects/OyasumiLucy

文屋はこれまでも、独自の方法で「寄付本プロジェクト」をつづけてきました。

そのはじまりは、『Pot with the Hole 穴のあいた桶』(プラム・ラワット著)という本の読者さまからいただいたお便りでした。

「ラワットさんの素晴らしいメッセージを、日本中、世界中に広げたい。文屋に送金して買った本を、全国でたいへんな想いで暮らしている人たちに、寄付してください」

「本を購入するだけでなく、他の人に贈りたい」。これほど嬉しいお便りはありません。その後「寄付本プロジェクト」を通し、文屋は15,000冊以上の本を国内外の子どもたちにとどけてきました。

絵本『おやすみルーシー』の作者・新妻耕太さんもまた、子どもたちに絵本をとどけたいと考えていました。そのことが、新妻さんご夫婦と文屋を結びつけるきっかけのひとつとなったのです。

文屋は先般、地元・小布施町ご出身の高澤信行さん(東京小布施会会長)と共同して、この絵本を小布施町の子どもたちにプレゼントしました。

保育所、幼稚園、小学校と中学校のすべての学級と、町立図書館へ、合わせて60冊の寄贈です。そのことは、地元紙「須坂新聞」に掲載されました。

その記事を読んだ文屋の読者・羽生田義夫さん(須坂市高梨)が、なんと絵本を100冊購入して、須坂市教育委員会に寄贈してくださったのです。

「わたしも地元の子どもたちに役に立ちたい」と。

「寄付本プロジェクト」は、読者さまの思いやりが生んだ企画でした。そして今回また思いやりの輪が広がり、さらに多くの子どもたちに絵本がとどいたのです。

感染症対策には、まず自分自身の予防と養生が大事です。

そして、私たちは社会のなかで生きています。一人ひとりが相手を思いやることが、感染症の蔓延を防ぐために大きな力を発揮するのではないでしょうか。

これまでのみなさまからのご支援すべてに、あらためて心から感謝いたします。

今後も読者のみなさまが、地元の保育所や幼稚園、小学校などに一冊でもこの絵本を贈っていただければ、これほど嬉しいことはありません。

思いやりの輪が広がることで、私たちはきっとウイルスとの闘いに勝てると信じています。

イオンモール幕張新都心・ファミリーモール・未来屋書店前で、9月16日から24日まで
絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』の原画展を開催します。

また9月1日より月末まで、絵本を未来屋書店の店頭で販売いたします。

お近くの方はぜひ、足をお運びください。

絵本のご購入はこちらからどうぞ。

https://www.e-denen.net/cms_book.php?_id=47

2021年8月26日

国歌『君が代(きみがよ)』は世界に誇るラブソング―――絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』

東京オリンピックが終わり、いよいよパラリンピックも始まりました。

コロナ禍での開催により、さまざまな意見があるのは事実です。それでもやはり、世界最高峰のパフォーマンスには、感動を覚えずにはいられません。

そして表彰式で見せる選手たちの輝かしい笑顔は、私たちに勇気と力をあたえてくれるような気がします。

さまざまな国を代表する選手たちの栄誉を称える表彰式で、日本の、そして世界の国歌を耳にする機会も多いですね。

パラリンピックの開会式では、全盲の音大生シンガー・ソングライターである佐藤ひらりさんが国歌『君が代(きみがよ)』を歌いました。

また、オリンピックの開会式ではMISIAさんが、閉会式では宝塚歌劇団のみなさんが歌ったことでも、話題になっていますね。(MISIAさんは先日のFUJI ROCKでも披露し、反響が広がっています。)

そんないま、あらためて、私たちの国歌『君が代』のことを考えてみませんか。

文屋は7月に、絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』を出版いたしました。

世界の国歌を紐解いてみると、国の栄誉を称えるもの、大自然を賛美するもの、自由を祝福するものなど、そこにさまざまな意味がこめられていることがわかります。

では、日本の国歌『君が代』にはどんな意味があるのでしょう。

この歌の意味を、「天皇陛下の御代が永続することを祈る歌」と考えている人は多いと思います。

でも『君が代』の本歌は、じつは遠い昔、平安時代に生きたある人物が、愛する人に贈った和歌のラブソングでした。

絵本『ちよにやちよに』を開くと、この和歌を受け継いできた先人たちの心に触れることができます。

わがきみは ちよにやちよに
さざれいしの いわおとなりて こけのむすまで


たいせつな あなた
あなたの いのちが いつまでも いつまでも
永く つづきますように

当初、歌い始めを「わが君は」としていたこの和歌は、ただひとり、大切に想う相手の末永くつづく健康と幸せを祈る歌だったのです。

無償の愛を伝える、まさに究極のラブソングです。

世界一短い歌詞で、子どもでも歌うことができる国歌『君が代』。でもこの歌が平安時代から歌い継がれてきたことはもちろん、その本来の意味はあまり知られていません。

そして、その意味を知ると多くの人がとても驚きます。

文屋の大切な読者さまである、マーケターの平賀敦巳さんもそのひとり。絵本『ちよにやちよに』を読み、こんなメッセージをくださいました。

日本の国歌である『君が代』のことを、もっと真面目に勉強しておくべきだったと痛感させられる。
全国民必読の書にして欲しい。


作者の白駒妃登美(しらこまひとみ)さん、そして制作チームの想いを、読者の方が言葉にしてくださったのです。

平賀さんはご自身のnoteにて、こんな発信もしてくださっています。

―――――――

「君が代=愛の歌」

そんな話を学校で習った人がどれくらいいるであろうか?
少なくとも私は記憶にない。

そのように教えてくれたのかもしれないが、
全く私の心に響く説明ではなかったのだ、残念ながら。

他の国歌は、威勢の良いものが多いのに比べて、
日本の国歌はとても地味。

「なんか退屈だよね」
「超地味だよね」

そんな評価しかしていなかった
自分の幼少時代を振り返るのがとても恥ずかしい。

確かに地味かもしれないが、
その内容は刮目(かつもく)に値するのだ。

「君」とは、君主、つまりは天皇のことだと思っている人が
かなり多いと思われる。

私もそうだった。

しかし、実はさにあらず。

夫婦、恋人など、親愛なる者同士における
相手に対する呼び名なのだ。

(全文はこちらから→https://note.com/pingdun/n/n4faf98f3d137
―――――――

きっと日本人の大多数は、平賀さんと同じではないでしょうか。

『君が代』は私たちが思うより、ずっと身近な人に向けて歌われていたのです。

長寿としあわせ、お祝い、よろこび、愛・・・。日常のなかで歌われる、相手を想う気持ちにあふれた和やかで美しいラブソング。それが、『君が代』の本来の意味なのです。

平安時代、自由に会うことの許されなかった男女が、短い詩に想いを込めて贈ったのが和歌でした。

自由に会うことが許されない・・。まるで、コロナ禍のいまのようですね。

会えないからこそ、お互いの存在の大切さを知り、ただ元気でいることがどれほどしあわせなことか、その気持ちを実感できるときです。

この夏、選手たちを称える表彰式で国歌を聴くとき、ぜひ思い出してください。

この歌が「和」を大切にしてきたこの日本で生まれた、世界に誇るラブソングであることを。

吉澤みかさんが描く絵本の美しい原画から、ポストカードを制作しました。

https://e-denen.net/cms_hagaki.php

絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』を、国内外の子どもたちに贈る「寄付本プロジェクト」を展開中です。こちらから、絵本の購入もできます。

https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php

«  2021年8月  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

image