文屋

ブログ

2021年7月1日

文屋主催・白駒妃登美さん出版記念講演会へご招待――絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』

絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』のまもなくの出版に先立ち、文屋は下記のとおり、白駒妃登美さん出版記念講演会を開催いたします。​

【絵本『ちよにやちよに ~愛のうた きみがよの旅』に込めた私たちの祈り】
日時:2021年7月4日(日)10時~11時30分
会場:国際文化会館(東京都港区六本木)
定員:20人
※ZOOMを利用したオンライン参加も可能(定員250人)

司会を務める山本ミッシェールさんは、NHK Worldキャスター・リポーター、バイリンガルMCとして活躍中で、この絵本の英訳者でもあります。

また作画を担当した日本画家の吉澤みかさんも出演し、制作に込めた想いを語ります。

博多の歴女・白駒妃登美さん「この本を遺すために私は生まれてきた」とまで語る、絵本に込められた祈りとは、いったいどのようなものなのでしょうか。

この講演会は、文屋サイトから絵本の購入予約をされた方、もしくは寄付本プロジェクトにご協力くださった方を無料でご招待するものです。

下記にて詳しくご案内いたします。ぜひ、ご参加ください。

https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_seminar.php
 

絵本を購入されるみなさまには、もうひとつ素敵なお知らせがあります。

白駒妃登美さんと山本ミッシェールさんは、それぞれ日本語と英語で、絵本『ちよにやちよに ~愛のうた きみがよの旅』を朗読する動画を撮影いたしました。絵本の巻末に、この朗読動画が見られるQRコードがついています。

子どもたちは保育園や幼稚園、もしくは小学校などで初めて、国歌『君が代(きみがよ)』を学びます。この絵本に触れることで、子どもたちにとって『君が代』の意味は、大きく変わってくるはずです。

朗読動画を活用し、保育園や幼稚園、小学校で絵本を教材として使うこともおすすめします。白駒妃登美さんが日本語で、山本ミッシェールさんが英語で優しく朗読する『君が代』のこころは、原画の画像や音楽とともに、和やかで美しい世界観をつくりあげています。

ぜひ、ご期待ください。

きみがよは ちよにやちよに さざれいしの
いは(わ)ほ(お)となりて こけのむすまで


幼い子どもたちはこの歌に出会うとき、どのような印象をもつのでしょう。

おそらくその意味は、この歌のことを教え伝える親や先生たちから大きく影響を受けるのではないでしょうか。

白駒妃登美さんがこの絵本をつくるきっかけとなったのは、学校教育の場に講演に招かれたときに聴いたこんな声でした。

「今日から君が代を、誇りを持って歌います」と話す子どもたち、そして「『君が代』の意味を、もっと早く知りたかった」と語る大人たちの声です。

白駒さんが語る『君が代』の物語は、まっさらな気持ちで聴く子どもたちのこころを大きく開き、親や先生たちがもっていたこの歌に対する感情を強く揺さぶるものです。

国歌『君が代』の本歌となる和歌は、いまから1100年以上前の平安時代に詠(よ)まれました。

平安時代はいまとは違い、貴族の男女が簡単に会うことができませんでした。そこで「五・七・五・七・七」の和歌を詠み、ラブレターとして想いを伝えあう風習が生まれたのです。

国歌『君が代』のもとの歌も、こうして詠まれたラブレターでした。

たいせつな あなた 
あなたの いのちが いつまでも いつまでも 
永く つづきますように


あなたが、ずっと しあわせで ありますように

深い愛を語ったラブレターは、きっと贈られた相手のこころをぎゅっと掴んだことでしょう。

この短い歌に込められる深い愛のことばが、平安時代からときをへていま、私たちの国の歌になっているのです。

最初の和歌では「きみがよ」は、「わがきみ」と詠まれていました。愛しく想う相手のことです。誰を「きみ」とするかは、読む人の自由なのです。


子どもたちの「愛しく想うこころ」を大切に育む絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』は、まもなく7月9日の発売です。

ぜひ、保育園や幼稚園、学校などの教育の場でご活用ください。

この絵本を、福島県を中心とする子ども関連施設や、世界各国の駐日外国公館、そして世界中の日本人学校へと贈る寄付本プロジェクトを展開しています。

寄付本プロジェクトの詳細については、こちらからどうぞ。

https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php

「頑張らない」英語学習法をすすめる「イングリッシュ・ドクター」西澤ロイさんが、白駒妃登美さんへのインタビュー動画をアップされました。絵本『ちよにやちよに』に込められた想いを語り合うおふたりの対話を、ぜひご覧ください。

2021年7月8日

「令和の名づけ親」中西進先生からのメッセージ①――絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』

いよいよ明日7月9日、文屋は絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』を発売いたします。

博多の歴女、白駒妃登美(しらこまひとみ)さんが、国歌『君が代(きみがよ)』のこころを描いた絵本です。

白駒妃登美さんは講演や著書をとおし、日本の歴史上の人物たちの生き方から、いまを生きる私たちにたくさんの学びのヒントを伝えてきました。

 

『君が代』の本歌は、平安時代に編纂された『古今和歌集』にある和歌。詠(よ)み人知らずのこの和歌は、名もなき人物が愛する人に詠(よ)んだラブレターでした。

白駒妃登美さんが絵本で教えてくれるのは、この愛の歌がこの世のすべてをつつみこむ深いこころをもっているということです。

そのこころに賛同し、「令和の名づけ親」といわれる国文学者、中西進先生がこの絵本を推薦してくださいました。

中西進先生は、「令和」の出典元といわれる『万葉集』研究の第一人者。日本の教育者、文学者として「現代国文学界の象徴的存在」とまで言われる方です。

 

6月半ばの佳(よ)き日、文屋代表の木下豊は、中西進先生が館長を務められている富山県立高志(こし)の国文学館を訪れました。先生に、ご推薦への感謝の気持ちをお伝えするためです。

この日に直接いただいたお言葉、その貴重なお話を、2回にわたってこのブログでお伝えします。

木下は2011年から2年間、東京の「中西人間塾」の塾生として、中西進先生の教えを受けていました。

そして修了記念の旅行では、長野県小布施町に先生ご一行をお迎えし、文屋(木下の自宅)で中西先生と語り合いました。

それ以来9年ぶりの再会です。

高志(こし)の国文学館の館長室にて、中西進先生は1時間かけ、絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』への想いを語ってくださいました。

――――――――

『君が代』の本歌はラブレターでした。
愛の歌です。しかも、詠み人知らず。
国歌なのに作詞者が不明なのです。
それがこの国のありように通じるように思います。

世界には、革命の成功や自国の強大さなどを歌う国歌が多いなか、

ラブレター、愛の歌であることはとてもユニークな存在です。
自国礼賛型のレベルではありません。
人類愛のレベルの歌といってもいいでしょう。

本歌は、平安時代に編纂された

古今和歌集に収められている「わがきみは」で始まる和歌。
しかし、この和歌の精神、命を寿(ことほ)ぐ気持ちを詠む歌はすでに、
『万葉集』にも見てとることができます。
巻13の3245~3247の3首です。

『君が代』の起源は、万葉の時代にまでさかのぼります。

他者を愛し、自然を畏(おそ)れつつ敬い、
大らかに和やかに暮らすことを重んじてきた
日本人の根源的な想いと願いが、この歌には込められています。

こうして千年以上にわたって

日本人の先人たちに愛されてきたのが、この歌です。

開国して間もない140年ほど前、外交の国際儀礼上、

「国歌」を演奏することが必要となりました。
その時点で、多くの国民に永い間愛されてきた、
日本を代表する歌として、
『君が代』の和歌に白羽の矢が立てられました。

富国強兵政策のもとこの歌は、

国家主義、軍国主義、戦争と結びつけられるようになり、
1945年の終戦を迎えました。

国家がこの歌を利用してきたのです。

その結果として、政治的な立場が

いわゆる右系の人たちには礼賛され、
左系の人たちには嫌悪されたり否定されたりする状況が、
80年近くもつづいています。

歌には何の罪もありません。

しかもこうした歴史は、

この歌の千年以上の旅のなかの、ほんの100年ほどの、
人間たちのしわざ、その結果にすぎないのです。

この絵本は『君が代』を「もとにもどす」
大切な役割があります。

だからわたしはこの絵本の出版に大賛成です。

この役割を正面切って引き受けた一般向けの書物は、無かった。

じつに大事な役割の本になります。

―――――――――

奈良時代の『万葉集』、そして平安時代の『古今和歌集』から受け継がれる命を寿ぐ歌。その歌の意味が、日本という国家の歴史のなかでゆがめられてしまったこと。それを「もとにもどす」この絵本の役割。

版元として、文屋はこの言葉を深く、重く、受け止めています。

中西進先生のメッセージは、次回に続きます。


絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』の寄付本プロジェクトは、おかげさまで、開始から50日ほどで第1次目標金額250万円を達成することができました。

この成果として、1,250冊を、児童養護施設や子ども病院などで頑張っている子どもたちにプレゼントすることができます。
第2次目標には、各国の大使館や世界中の日本人学校への寄贈を予定しています。

引き続き、みなさまからのご支援をお待ちしております。

https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php

2021年7月15日

「令和の名づけ親」中西進先生からのメッセージ②――絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』

文屋は7月9日に、絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』を出版いたしました。全国の読者のみなさまから、好意的なご感想がとどき始めております。

国歌『君が代(きみがよ)』の歌詞に込められた本来の意味を、幼い子どもたちにも理解できるやさしい言葉で伝える絵本です。

『君が代』は、平安時代に生きた名もなき人物が詠(よ)んだ和歌。愛する人に寄せた、熱いラブレターでした。

たった32音の短い和歌に、想う相手の健やかな日々を願うこころが込められています。千年も、さらにいく千年も、「ちよにやちよに」その日々が続いてほしい、と。

この無償の深い愛を謳(うた)う平安時代の和歌が、令和のいまも国歌として歌い継がれているのです。

しかしこの歌はいま、政治的な賛否の枠に閉じ込められています。

だからこそ、作者の白駒妃登美(しらこまひとみ)さんは絵本をとおして、国歌『君が代』をときはなとうとしています。

この想いに賛同してくださった国文学者の中西進先生が、この絵本を推薦してくださいました。

「令和の名づけ親」といわれる中西進先生からのメッセージを、前回につづいてご紹介いたします。

(前回の記事はこちら → https://www.e-denen.net/cms_blog.php/19

――――――――――

国歌を、政治的な立場や認識と関連づけて、
これほど極端に賛否が分かれるのは、
この歌にとっても、わたしたち日本人としても、
喜ばしいことではありません。

なげかわしく、不幸なことでもあります。

金メダルの喜びと共に日の丸が挙げられても、

卒業式の晴れやかなお祝いの場でピアノ伴奏が始まっても、
感謝や喜びと共に歌えないのは、なげかわしい。

とくにかわいそうなのは、

学校現場の先生方と子どもたちです。

上(文科省や都道府県教育委員会など)からは

歌うこと、歌わせることを強制されています。

子どもたちも、

この歌の本来の意味も、平安時代からつづく歴史も知らされないまま、
歌わざるをえない状況です。

「『君』ってだれのこと?」

「さざれいしのいわおをなりてこけのむすまで、って何のこと?
それはどんな意味?」・・・

この絵本を最後まで読めば、

学校の先生方も保護者のみなさんも、
「愛の歌」であることを理解し、納得して、
子どもたちに伝えることができます。

「君」は誰でもいいのです。

学校の先生でもご両親でも、気になるあの子でもいい。
オリンピックで歌うのなら、世界中の人々を思ってもいいし、
人ではなく、虫でも動物でも、地球や月や宇宙でもいい。

そう教えていただければ、「強制」の必要はなくなります。

国家に利用されてきた「愛のうたきみがよ」を、
各個人、一人ひとりを尊重する愛の歌として、

元に戻してあげればいいのです。

日本国憲法の前文は、聖徳太子の十七条憲法、

リンカーン大統領のゲティスバーグの演説(Gettysburg Address)の流れを受け止め、
第二次世界大戦の殺し合いに疲れ果てた人たちが作り上げた、
永い人類の歩みの結晶であり、
奇跡的に誕生した宝石です。

この前文は、国家愛ではなく、人類愛のレベルです。

その意味で、国歌『君が代』は、日本国憲法前文と憲法第九条の
積極的非暴力平和主義、人類愛のレベルで、共通します。

トルストイの名著『セワ゛ストーポリ』にも通じる

平和の精神が込められています。

こうした思いを込めて、推薦文を書きました。

お手紙に「大賛成」と書いたのもこの気持ちからです。

「御本 有益な役割で 大賛成です」【中西先生から木下(文屋代表)へのお便りより抜粋】

――――――――――

十七条憲法、ケティスバーグ演説、そして日本国憲法前文。すべて私たちが人として、国民として「どうあるべきか」を問う文章です。

どれも、短い文章で語られる言葉です。これらの言葉をどう意味づけるのかは、他人ではなく自分が決めることなのです。

世界一短い歌詞の国歌『君が代』。ここで歌う「君」が誰かということも、それぞれに違っていいはずです。

この歌を大らかで和やかな人類愛、地球愛、宇宙愛の歌と受けとめるとき、私たちの前には、これまでとは違う世界が広がっていくでしょう。

いま何を信じ、何をたいせつに思うのか。それは、私たち次第です。


絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』をとおして、ひとりでも多くの人に新しい気づきがあることを願っています。

ぜひご家庭や学校で、子どもたちと一緒にお読みください。
 

この絵本を、日本や世界の子どもたちにとどける「寄付本プロジェクト」を展開しております。

おかげさまで、第一次目標を達成することができました。ひきつづき、第二次目標を設けております。今回も250万円(1250冊分)を目標とし、世界各国の駐日外国公館と、世界中の日本人学校に送りとどけます。

みなさまのご理解とご参画をお待ちしております。

https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php

2021年7月23日

国歌『君が代(きみがよ)』は、1000年のときを超えた先人からの手紙――絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』

7月23日は「ふみの日」です。

毎月23日は「ふみの日」ですが、とくに7月は「文月ふみの日」として親しまれています。夏休みが始まり、暑中見舞いを書く季節でもありますね。

子どものころ、長い夏休みで会えない先生や友達に、よく暑中見舞いのはがきを送りました。立秋を過ぎると、「暑中見舞い」ではなく「残暑見舞い」になり、残り少ない夏休みを名残惜しんだことを思い出します。

ふみの日は、「手紙の楽しさ、手紙を受け取るうれしさを通じて、文字文化を継承する一助となるように」という主旨で、1979年に当時の郵政省が定めたものです。

郵便局では毎年、「ふみの日にちなむ郵便切手」を発売します。なかでも「日本の雅を伝えたい」と百人一首を題材にした切手が人気で、過去にいく度となく発売されました。

百人一首にふくまれるものをふくめ、和歌はまさに、古くは日本人の間でやりとりされた「手紙」でした。でも私たちの身近には、より馴染みのある和歌があります。

文屋は7月9日に、この和歌をテーマとする絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』を出版いたしました。

わがきみは ちよにやちよに さざれいしの
いわおとなりて こけのむすまで


国歌『君が代』の歌詞は、平安時代に詠(よ)まれたこの和歌を本歌とするものです。

それは、名もなき人物が愛する人に宛てた「手紙」。ラブレターでした。

「たいせつな あなた
あなたの いのちが いつまでもいつまでも
永く つづきますように」


愛しい相手の健やかな未来を祈るラブレターです。

7月4日、文屋は絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』の出版記念講演会を行いました。

作者である白駒妃登美(しらこまひとみ)さん
をはじめ、制作チームメンバーが参加し、それぞれに絵本への想いを語りました。

そこで白駒妃登美さんは、『わがきみは』の句と、百人一首にもふくまれるもうひとつの和歌のお話をしてくださいました。

――――――
平安時代に編纂された『古今和歌集』。

ここには、『君が代』の本歌「わがきみは」の句とともに歌い継がれてきた

もうひとつの和歌があります。

ひさかたの ひかりのどけき はるのひに
しづごころなく はなのちるらん


「春ののどかな光の中で、散るゆく桜の花びら
なぜそんなにも散り急ぐのか」


そんなふうに、桜を惜しむ想いを詠んだ、
歌人・紀友則(きのとものり)の和歌です。

かたや「詠み人知らず」の和歌。

そして、かたや有名な歌人の和歌。
この二首を日本人は、ならび讃(たた)えてきたのです。

じつは私は、とても緊張したときや、ひどく絶望したときに、

「ひさかたの」の句を心のなかで唱えています。

「ひさかたの」は光にかかる枕詞(まくらことば)。

この「ひさかたのひかり」とは、「永遠の光」ということ。

それは、日の本(もと)の国「日本」を表している気がします。

この国に無数の人が生を受け、その命をまっとうして生を終える。

その何千年もの命のバトンを受け取っている私たちは、
決してひとりではない。

そんなふうに思えて、力が湧いてくるのです。

たった31音、もしくは32音の和歌の力と深さ。

そこには日本人の真心が込められています。

この和歌とならび讃えられる、もうひとつの和歌。

ごくふつうの人がつくった和歌「わがきみは」の句が
やがて「きみがよは」とされ、国歌になったのです。

平安時代からとどけられた愛と祈りの歌。

ラブレターが国歌になるなんて、
なんと素敵な国なのか、と思います。

――――――――――

最近では、メールやLINEなどさまざまな通信手段が発達して、手紙を書くことが少なくなりました。

31音の和歌で伝えられるのは、Twitterよりも短い文。でもそこに込められる想いは、1000年のときを超えて私たちの心を潤してくれます。

その想いに触れ、この夏はあなたも誰かに手紙を書いてみませんか。

絵本の原画より、5種類のポストカードを制作しました。暑中見舞いにもおすすめです。
現在、販売準備中です。お楽しみにお待ちください。

絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』の巻末には、絵本の朗読動画をご案内するQRコードがついています。

日本語で読み語る作者の白駒妃登美さん、そして日本語と英語で交互に読み語る英訳者の山本ミッシェールさん。挿し絵の画像が音楽とともに流れる動画と、音声データを視聴することができます。

ぜひ、親子でお楽しみください。

この絵本を国内外の子どもたちに贈る「寄付本プロジェクト」を展開中です。絵本のご購入も、こちらから可能です。

https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php

«  2021年7月  »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

image