文屋

ブログ

2021年6月3日

博多の歴女、白駒妃登美(しらこまひとみ)さんが伝える国歌『君が代(きみがよ)』の本来の意味――絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』

いま世の中は、コロナ一色です。特に最近は、コロナワクチンのことが連日ニュースで取り上げられていますね。

ワクチンを打つかどうかは、それぞれに考えが異なるでしょう。とはいえ、ワクチン接種率が上がれば少しずつ元の日常に近づくのでは、と考える人も多いはずです。

新型コロナウイルスの蔓延防止策によって、私たちの日常に及ぼしたもっとも大きな影響。それは、人との距離感が変わってしまったことではないでしょうか。

会いたい人に会えない寂しさを感じ、会いたい人に想いを馳せ、会えることが当たり前だった日常の尊さに気づく。

そんないまだからこそ、ぜひ親子で読んでいただきたい絵本があります。

文屋は7月に、絵本『ちよにやちよに 〜 愛のうた きみがよの旅』を出版いたします。

作者の白駒妃登美さんは、幼いころから歴史に親しんできた博多の歴女。多数の著書や全国での講演をとおし、「日本の歴史は『志』のリレーであり、報恩感謝の歴史であること」を伝えてきました。

そんな白駒さんが14年前に出会ったのが、東洋思想研究家の境野勝悟(さかいのかつのり)氏の著書『日本のこころの教育』(致知出版社)です。その出会いはこう語られています。

そこには私たちの祖先が何を畏(おそ)れ、何を信じ、何を大切にしてきたのか、日本人の源流が綴(つづ)られていました。その中に、国歌「君が代」の本歌となった、古今和歌集の「詠(よ)み人知らず」の歌が紹介されていたのです。

本を何度も読み返し、境野氏ご本人からも講話を聴いた白駒妃登美さん。「はじめて日本人になれた気がした」と感じ、その後の講演で『日本のこころの教育』の話をするようになりました。
 

わがきみは ちよにやちよに
さざれいしの いは(わ)ほ(お)となりて
こけのむすまで

あなたが、ずっと しあわせで ありますように
たとえば ちいさな 石が 永い 時間を かけて おおきな 岩と なって
そのうえに たくさんの 苔が はえるまで ずっと ずっと

やがて歌い始めに「きみがよは」と手が加えられるこの和歌は、平安時代に生きたある人物が愛しい人を想って詠んだラブレターでした。

その和歌が、平安時代から現在まで歌い継がれてきたのです。詩の中で綴られた無償の愛が、時代を越えて多くの人々の心に響いたからでしょう。

教育現場での講演も多い白駒さんの話を聴いた後、「今日から君が代を、誇りを持って歌います」と語る子どもが必ずといっていいほどいるそうです。
そして保護者から、「今日聞いた君が代の話を、もっと幼いころから子どもたちに聞かせたい」という声もありました。
国歌「君が代」の詩に込められた本来の意味を、一人でも多くの人に知っていただきたい。保護者の想いや子どもたちの豊かな感性に応えたい。そう考えた白駒妃登美さんは、絵本の出版を決意しました。

2020年の年の瀬に、文屋の木下豊は白駒さんからこの想いを伝えられました。それだけでなく、ある知識人から「政治的に繊細なテーマなので、気をつけるように」と助言されたことも。
 

そこで木下もまた、自身の使命を認識しました。


近代の歴史認識のいかんにかかわらず、この和歌本来の意味を、静かに、澄んだ心で見つめ、口ずさむならば、この歌の真意と、秘められた可能性の大きさを感じることができるはず。

平安時代から長きにわたって、名歌として日本の先人たちに愛唱され、伝えられ、人々の心を豊かに潤してきたこと。
文屋の使命は、ただこの一点に焦点を当てる本書を世に送り出すことです。

この絵本は、博多の歴女、白駒妃登美さんが「この本を遺すために私は生まれてきた」とまで語る作品です。

人を想う気持ちの尊さを何より実感できるいま、長く受け継がれてきた日本のこころに親子で触れてみませんか。
 

文屋では絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』の出版に先立ち、全国の子どもたちに絵本を贈る寄付本プロジェクトを展開しています。
すでに100万円に達するご支援をいただいていることを、この場を借りて深く感謝申し上げます。

https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php

2021年6月7日

『はたらく細胞』ファンにも読んでほしい免疫絵本『おやすみルーシー』――みなさまのご支援に感謝をこめて

4月25日に文屋が出版した絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた!』。発売から1か月半になりますが、おかげさまでとてもご好評をいただいています。

この本は「免疫絵本」。主人公ルーシーが夢の中でウイルスと一緒に自分の体に入り、免疫細胞「まっくん」や「ティービーきょうだい」を助けて体を守ろうとします。

子どもに親しみやすいキャラクターの活躍で、人の体が感染症にどう立ち向かうのかをわかりやすく伝える物語です。

ところで、最近『はたらく細胞』というマンガが話題となっていますね。人の体の中で実際にはたらく細胞を擬人化したストーリーで、すでにアニメ化もされて人気を集めています。

宅急便の配達員のように酸素や栄養をはこぶ赤血球や、侵入者を容赦なく切りつける警備部隊の白血球など。さまざまな細胞の機能が、人の職業や技能として表現され、年中無休ではたらく細胞たちの日常がえがかれています。

マンガ『はたらく細胞』シリーズは、すでに大ベストセラーに。テレビアニメも大人気で、続編や特別編などが次々とつくられています。

生物学の話は、子どもたちには近づきがたいもの。でも、マンガやアニメに登場するキャラクターとなれば、ぐっと身近な存在になります。


敵と闘うハラハラドキドキのストーリーが、いまこの瞬間も自分の体内で繰り広げられているかもしれない。そんな想像を掻きたてることで、免疫細胞のはたらきに興味をもつ子どもはきっと増えていくでしょう。

『はたらく細胞』のテーマは、絵本『おやすみルーシー』にも共通します。幼い子どものためのストーリー編と、そのストーリーの背景にある免疫機能をわかりやすく説明したルポ編があることも、この絵本の特徴です。

『はたらく細胞』ファンの方々も、きっと楽しんでいただけることでしょう。

この絵本は、免疫学者である新妻耕太さんとルーシーさんご夫婦が、新型コロナウイルス感染症への不安に駆られる子どもたちのために制作しました。

 

そしてお二人は、この絵本を全国の児童養護施設、こども病院(小児専門病院)で暮らす子どもたちにも届けたいと考えたのです。

その想いから、新妻耕太さんとルーシーさん、そしてお二人に賛同する文屋・木下豊もふくむ制作チームが、クラウドファンディングにてプロジェクトを展開しました。

2021年2月13日から4月30日までご支援を募ったところ、想定以上のご協力をいただくことができました。

このプロジェクトは、開始後9時間で当初の目標150万円を達成し、第二の目標500万円を設定しました。そして最終日までに、638人の方々から総額5,177,000円のご支援をいただくことができたのです。

当初の目標に対して345%の達成率で、約2000冊の寄贈が可能となりました。児童相談所(一時保護所)や、希望する幼稚園・保育所・小児科等へも絵本を届けられることになったのです。

こんなにも多くの方々からご評価いただいたことは、新妻耕太さんとルーシーさんへの信頼と、その想いに対する共感の輪が大きく広がった結果でしょう。

6月初旬、文屋より絵本の寄贈が開始しており、すでに喜びの声がとどいております。

この場を借りまして、多くの方々からご支援いただきましたことを、厚く御礼申し上げます。

本プロジェクトについて、引き続き下記サイトからご覧いただけます。

https://readyfor.jp/projects/OyasumiLucy

未知の新型コロナウイルスが、感染症の蔓延を引き起こしてから約1年半。ようやくコロナワクチンも普及しはじめましたが、まだまだ日常は戻ってきません。

ワクチン接種に関しても、一部では懸念があるようです。ワクチンによってつくられる体内免疫より、副作用への不安の方が広がっているのです。

新妻耕太さんとルーシーさんは、私たちの体はウイルスにただ攻撃されるだけの弱い存在ではないことを、絵本『おやすみルーシー』をとおして伝えてくれました。

侵入してきたウイルスと闘うために、人の体には免疫細胞という強い味方がいます。

大人にも子どもにも、そのことを納得させてくれる絵本『おやすみルーシー~ウイルスがやってきた』。コロナ禍がつづくいま、ひとりでも多くの方にお読みいただきたいと思います。
 

ご購入はこちらからどうぞ。

https://www.e-denen.net/cms_book.php?_id=47

2021年6月10日

絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』を創り上げた「つながり」とは

新緑が美しい季節にもかかわらず、自由に外出できないことがもどかしいですね。

この1年半は、誰もが人生のなかでもっとも、人とのかかわりを制限される時間だったことでしょう。

でも、目に見える距離の遠さは、目に見えない気持ちの近さを再確認させてくれます。

文屋はこれまで、さまざまな出版物やセミナーを手がけてきました。そのすべては、想いを共有できる仲間と出会い、そのつながりが広がることで築かれた財産です。

このたび、新たに出版する絵本も同じです。そしてこの絵本そのものが、人と人とのつながりの尊さに気づかせてくれる作品なのです。

今回は、7月に文屋から出版予定の絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』を創り上げた「つながり」についてお話します。

絵本の作者である白駒妃登美(しらこまひとみ)さんと文屋を結びつけたのは、松岡沙英さん。本名は三宅美穂子さんとおっしゃり、有限会社ウーヴルの社長として社員研修を手がけています。

ウーヴルでは、絵本を使ったユニークな研修プログラムを展開しています。仕事や人生に幸せを感じられる「キラキラ社員」を育てるウーヴルの社員研修。ここで文屋の書籍も使ってくださっています。

絵本を教育素材としてきた彼女は昨年末、絵本プロデューサー「松岡沙英」としての初めての想いを、文屋の木下豊に伝えました。

「今を生き、未来を創る日本と世界の子どもたちに届けていきたい」。松岡沙英さんが熱く語った絵本の構想は、博多の歴女、白駒妃登美さんがえがく『君が代(きみがよ)』の物語でした。

わがきみは ちよにやちよに
さざれいしの いは(わ)ほ(お)となりて
こけのむすまで


日本の国歌『君が代』の本歌は、平安時代に詠(よ)まれた和歌です。のちに、歌い始めに「きみがよは」と手が加えられました。

この和歌は、平安時代に生きたある人物が「あなたが、ずっとしあわせでありますように」と、恋しい人に寄せた熱いラブレターでした。

そして特殊な立場の人にかぎらず、相手を想う深い愛情を謳(うた)う歌として、長く受け継がれてきたのです。

平安時代から約1000年の時が経ち、私たちはいま「令和」の時代を生きています。

「悠久の歴史と香り高き文化、四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく、厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたい」

そんな願いを込めて名づけられた、元号「令和」。

しかしいま「ずっとしあわせであること」は、決して当たり前ではないように感じます。

白駒妃登美さんはこの歌のことを「先人たちから今を生きる私たちに、そして同じ地球に暮らす家族に向けられた、時空を超えたラブレター」と語っています。

令和の時代にふさわしく、日本人のこころを再認識させてくれます。

きみがよは 長寿と しあわせを 祈る歌 
たいせつなひとを おもいながら うたうと 
笑顔の輪が ひろがるよ

博多の歴女と呼ばれる白駒妃登美さんは、著書や講演をとおして、日本の歴史や文化の素晴らしさを伝える活動をしています。小中学校など教育の場に招かれ、保護者や子ども、先生方に向けて話すことも多いそうです。

 

そこで、国歌『君が代』の本来の意味を知った保護者や先生方からは、こんな声が寄せられます。

「もっと早く知りたかった」

「これで安心して、きちんと子どもたちに『君が代』の意味を伝えることができる」

「こんなに素敵な和歌を国歌にしている国であることに、誇りを感じる」

こうした声が、白駒妃登美さんと松岡沙英さんを動かしたのです。ところが二人は、『君が代』を「賛否の枠」に押し込める現実に直面しました。

ある出版社からは「『君が代』のテーマは、児童文学の世界ではタブーです」と断られ、ある知識人からは「政治的に繊細なテーマなので、気をつけるように」と助言されたのです。

木下はその話を聴き、この出版の構想は「天からの授かりもの」であると確信しました。

これは文屋の使命であり、このつながりが生み出す絵本こそ、まちがいなくこの国に生きるすべての人たちの、たいせつな財産になるものだ、と。

『万葉集』研究の第一人者で、「令和」の名づけ親といわれる中西進先生も、この絵本の構想に大賛成してくださり、すばらしい推薦文を書いてくださいました。

中西進先生が「万葉集からの伝統を継ぐまさに真珠のごとき愛の歌」と評する『君が代』のこころ。

読み語りによって、幼児教育などにも活用できる絵本です。ぜひ子どもたちと一緒に、深く味わってみてください。

絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』を子どもたちに届ける白駒妃登美×文屋の「寄付本プロジェクト」に、ぜひご協力ください。

https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php

2021年6月17日

家族に愛を、そして未来に希望の光を――絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』

もうすぐ父の日ですね。

まだ子どもが小学生のわが家では、父の日とはいっても母親がしかけ役。でも最近では家族形態が多様化し、「母の日」「父の日」ではなく「家族の日」「ファミリーデー」とすることも増えているようです。

この時期、保育園や幼稚園などでは父、母と特定せず、子どもたちが家族に感謝の気持ちを伝えるイベントをすることもあるようです。

家族とは、血の繋がりや物理的に近くにいる人のことではなく、「いつもありがとう」「大好きだよ」と伝えられる相手のことなのかもしれませんね。

そんな家族への想いを大切にしながら、ぜひ子どもたちに読み語っていただきたい絵本があります。

文屋はまもなく7月9日に、絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』を出版いたします。

君が代は 千代に八千代よに さざれ石の
巌(いわお)となりて 苔のむすまで


世界一短い歌詞の国歌『君が代(きみがよ)』。この歌を「愛のうた」と想像する人は、少ないかもしれません。

「公式行事で歌われる歌」「歴史的に複雑な感情を呼び起こす歌」。多くのみなさんは、このような印象をおもちでしょうか。

実は国歌『君が代』の本歌である和歌が生まれたのは、平安時代。すでに1200年のときがたとうとしています。

『君が代』が国歌となったのは明治以降の140年ほど前。平安時代から続く和歌の長い歴史のほんの一部なのです。

もともと歌い始めは「わが君は」であり、親愛の情を持つ相手に使う呼び名でした。平安時代に生きた名もなきある人が、愛する人を想って詠(よ)んだ和歌なのです。

絵本の作者である白駒妃登美(しらこまひとみ)さんは、あとがきで、こんなふうに語っています。

「わが君」が「君が代」となったことで、歌に新たな命が吹き込まれました。大切な人の長寿と幸せを祈る歌であり、一族の繁栄を祈る歌。肉体は滅んでも、魂は受け継がれ、生き続けていきます。その永遠の命を寿(ことほ)ぎ、魂を受け継ぐことをこころに誓う歌でもあるのですね。

白駒妃登美さんは、幼いころから伝記や歴史の本を読むのが大好きだった博多の歴女。登場人物と友だちのように対話をするのが、何より楽しみだったそうです。

やがて母となった白駒妃登美さんを、大病が襲いました。そこで命と向き合い、かつての日本人が生きていた「今を受け入れ、この瞬間に最善を尽くし、天命に運ばれていく」という生き方にシフトしたのです。

生き方を変えたことで、奇跡的に病状が快復した白駒さん。講演や著作活動によって、日本の歴史や文化の素晴らしさを発信することに天命を見出しました。

この絵本は、そんな白駒妃登美さんが「日本のこころ」すべてを吹き込んだと語る物語です。

「日本のこころ」を美しく彩る挿し絵は、日本画家の吉澤みかさんによるものです。学生時代に京都で日本画を学び、京都を中心に、数々の作品展で受賞、入選しています。

吉澤みかさんは日本画だけでなく、児童文学の世界でも活躍しています。

絵本『ざっそう』(今人舎)をはじめ作画を担当した絵本は多く、2019年度の日本児童文学者協会機関紙「日本児童文学」では、1年間表紙画を担当しました。

吉澤みかさんが時代考証をもとに、日本画家ならではの繊細な描写で表現した「きみがよ」の世界。子どもたちも、そして読み語る大人も、想像力が広がっていくことでしょう。

絵本の出版に合わせ、原画から5種類のポストカードをつくり、近々完成予定です。同じく2種類の原画のエコバッグも制作中で、6月中には完成できることになっています。

1.菜の花畑の祈り A Prayer: The Field of Mustard Flowers

2.夜空の祈り A Prayer: The Starry Night

3.燃ゆる想い A Passionate Feeling

4.雪月花 The Seasons: Snow, Moon, and Flowers

5.蝶と紫陽花のシンフォニーThe Symphony of  Butterflies and Hydrangeas


ぜひ、楽しみにお待ちください。

この絵本は、白駒妃登美さんが「自分のいのちそのものと言えるような作品」と語る想い入れの深い一冊です。

制作チーム一同、絵本を手にとってくださる家族が愛にあふれ、未来に希望の光を灯してくれることを願っています。
 

絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』制作チームは、この絵本を福島県内の小学校や公立図書館、全国の児童養護施設や小児医療の病院にとどける寄付本プロジェクトを展開しています。

ご支援の金額に相当する冊数を寄付先にプレゼントします。ぜひ、みなさまからのご支援をお待ちしております。

https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php

2021年6月24日

日本の伝統的な「和の美しさ」を世界へ――絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』

君が代は
千代に八千代に
さざれ石の
いは(わ)ほ(お)となりて
こけのむすまで

日本人であれば誰もが知る国歌『君が代(きみがよ)』。この歌がもつ、ふたつの「世界一」をみなさんはご存知でしょうか。

ひとつ目は、わずか32音からなる世界一短い歌詞の国歌だということ。世界大会などの表彰式でも、あっという間に終わってしまいますよね。

そしてもうひとつは、世界一古い歌詞の国歌であるということ。

『君が代(きみがよ)』の本歌となった和歌は、平安時代に詠(よ)まれました。1200年のときをへて受け継がれる、日本のこころを謳(うた)っているのです。
世界でもっとも短い歌詞の背景にある、世界でもっとも長い歴史。そこには、和を尊(とうと)び、命を慈(いつく)しむ、先人たちの真心があふれています。

この歌のこころを、日本中、そして世界中にとどけたい。

その想いをのせて、文屋は7月9日に、絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』を出版いたします。

あなたの命(あなたの御代[みよ])が、
いつまでも、いつまでも、永く続きますように…。
たとえば小さい石が、
永い時間をかけて大きな岩に成長し、
その上にたくさんの苔が生えるようになるまでね

こうした意味をもつ国歌『君が代』のもとの歌は、平安時代に名もなきある人物が、愛する人を想って謳(うた)った和歌でした。

ただひとりを想い、当初は「わが君は」と歌い始めた和歌でした。この歌が多くの人に親しまれ、賀歌(がのうた)、つまりお祝いの席で謡(うた)われる歌になりました。

そして愛され謡われつづけるなかで、「君が代」はと手が加えられたのです。ただひとりの長寿と幸せを祈る歌から、一族の繁栄を祈り、さらには受け継がれる命を寿(ことほ)ぐ歌となりました。

平安時代からいまにつづく『君が代』に秘められるこうした想いと、その和やかな美しさ。著者である白駒妃登美(しらこまひとみ)さんは、絵本をとおしてそのことを私たちに伝えてくれています。

そして絵本のあとがきで、白駒妃登美さんはこう語っています。

大らかで和やかな人類愛、地球愛、宇宙愛を込めた、究極の愛のうた。「この素敵な先人たちからの贈り物を、世界中の人々と分かち合いたい」との思いから、英訳をつけたバイリンガル絵本といたしました。

そのこころを受け、絵本を英語に翻訳したのは、山本ミッシェールさんです。NHK Worldキャスター・リポーター、バイリンガルMC、大学講師、そして翻訳家と多彩な顔をもつ女性です。

アメリカで生まれ、幼い頃からイギリス、フランス、ドイツなどで海外生活を経験した山本ミッシェールさん。国際的な感覚をもちながらも、日本の伝統的な「和の美しさ」への関心が高く、記者時代に過ごした京都をはじめ、日本の伝統美の取材を独自で続けています。

そんな山本ミッシェールさんだからこそ、白駒妃登美さんが伝える和のこころを、豊かな感性をもつ英語で、世界へととどけることができるのです。

文屋は”In and from Obuse”をモットーとし、これまでも拠点である信州小布施から世界へ発信してきました。

『Pot with the Hole 穴のあいた桶』は、英語版をはじめ22か国で翻訳出版しています。

世の中はいま、新型コロナの不安にうごめいています。そしてこれ以上大切なものを失わないために、地球規模で持続可能な社会を目指そうとしています。

世界を、そして地球をも愛でつつみこむこの絵本が、国境を超えた多くのみなさまのもとにどときますように。そしてみなさまの幸せな毎日が、永く永くつづきますように。

全編を通して英語の翻訳がついている絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』の発売はまもなくです。

文屋をふくめた制作チームは、この絵本を全国の子どもたちに贈る寄付本プロジェクトを展開しています。

和を尊び、命を慈しむ、受け継がれてきた日本人の心。地球賛歌であるこの歌を世界へと届けるために、さらに追加して絵本を寄付することが決まりました。
寄付先は、世界各国の駐日外国公館、そして世界中の日本人学校です。

国内外のひとりでも多くの方に絵本をお読みいただけますように、みなさまからのご支援をお待ちしております。


https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php


筆者の白駒妃登美さんご本人が、絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』の魅力を語るご挨拶動画が完成いたしました。白駒さんの穏やかで優しい語りそのものが、何より愛にあふれています。ぜひご覧ください。

«  2021年6月  »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

image