文屋

ブログ

2021年4月1日

感染症専門医の忽那賢志先生もおすすめの絵本「おやすみルーシー」――ウイルスや免疫への理解と納得を生む物語

あっという間に4月です。もうすぐ新学期が始まりますね。

わが家の息子も、小学校2年生になります。すでにコロナ禍にあった昨年のこの時期は、小グループごとの卒園式の後、保護者ひとりしか参加できない入学式。大切な節目を、感慨深く過ごす余裕がなかったことを思い出します。

新学期も緊急事態宣言で、すぐ2ヶ月間の休校に。家ですごす毎日は、どうしてもTVを観る時間が増えてしまいます。でも親の心配などおかまいなく、息子は大好きな動物番組に夢中でした。

みなさんは、NHK総合『ダーウィンが来た』やBSプレミアム『ワイルドライフ』を見たことはありますか。スクープ映像と粘り強いスタッフの取材で、野生動物の生態にせまる番組です。

でも息子を一番引きつけるのは、そこに物語があること。

極寒の北極で過酷な子育てをするペンギン、アフリカのサバンナで群れのリーダーを争うチーターなど。ときには主人公に名前をつけ、視聴者を物語の世界に引き込んでいきます。

親の私も、つい夢中になってしまう。物語には、理屈より深い理解と納得を生む力があるように思えます。

 

文屋も4月に、絵本「おやすみルーシー~ウイルスがやってきた」を発売します。物語の主人公は、ルーシーという女の子。夢の中で、ウイルスとたたかう“まっくん”を助けます。

“まっくん”は、ヒトの体内にあるマクロファージという細胞。体に入ってくる異物を食べ、ヒトの免疫機能を高める働きをするのです。

この物語の作者は、スタンフォード大学で研究する免疫学者の新妻耕太さんと妻のルーシーさん。2人は「幼い子どもであっても、情報を得ることに仲間外れにしたくない」という想いから、ウイルスや免疫への理解を深めるこの絵本をつくりました。

最近のTVやニュースで、頻繁に情報発信されている忽那賢志先生(国立国際医療研究センター感染症専門医)も、この絵本をおすすめしています。

 大人にとっても子どもにとっても新型コロナは大事な問題です。一方で、感染症や免疫といった概念は専門的な説明になりがちです。子どもたちが新型コロナや免疫について知り、考えるためにとても大事な教材だと思います。新妻先生たちの絵本プロジェクトを応援しています。

子どもたちはいま、通常以上に健康面や衛生面に気をつけなければなりません。早寝早起きをしてしっかりご飯を食べ、マスクをして手洗いうがいも頻繁に。給食時間も前をむいて、おしゃべりは禁止です。

幼い子でも、理由がわかれば約束は守ります。でもまだまだ理屈より興味が先にくる年齢。「コロナ感染を広げないようにするため」という説明は、なかなか理解できないでしょう。

そんな子どもたちが、絵本の中でルーシーと一緒に自分の体の中を旅したら、どんなふうに感じるでしょうか。そこには、驚くような世界が広がっています。

「たいへんだ! ルーシー!もっと つよいなかまを つれてきて!」

「たいへんなことが おきてるの!あなたは このウイルスと たたかえる?」

子どもが共感できるハラハラドキドキの物語は、まさにおすすめの教材。ルーシーと“まっくん”は、ウイルスをやっつけることができるのでしょうか。

 

作者の新妻耕太さんとルーシーさんは、この絵本で子どもたちのこんな疑問に答えたいと語っています。

1. ウイルスってどんなもの?

2. 免疫細胞は、どのようにしてウイルスから体を守ってくれるんだろう?

3. 免疫細胞が上手に活躍するために、私たちはどんな暮らしをつづければいいの?

絵本の世界を旅しながら、ぜひ親子で一緒にその答えを探してみてください。

 

文屋は、この絵本を全国の子ども関連施設に届けるプロジェクトに参加しています。すでに、当初の予定以上のご協力が集まっています。ご自身のお手元にとどくプランもありますので、ぜひご検討ください。

自分の体ってすごいんだ!今こそ、免疫の不思議を絵本で子どもたちに!

 

5/1追記)

2021/2/13~4/30まで展開した本プロジェクトは、638人の方々から総額5,177,000円のご支援をいただき、345%の達成率となりました。多くの方々からこの絵本を評価いただき、著者への信頼と、その想いに共感いただいた結果と思います。

https://readyfor.jp/projects/OyasumiLucy

 

絵本「おやすみルーシー~ウイルスがやってきた」は4/25に発売後も、Amazonなどで高い評価をいただいています。

ご購入はこちらからどうぞ。

https://www.e-denen.net/cms_book.php?_id=47

 

2021年4月8日

コロナ禍を生きる子どもたちに、ウイルスと免疫の知識を――絵本「おやすみルーシー」の親しみやすさと科学的正確さ

入園、入学、もしくは進級とステップアップする新学期が始まります。

いま教育現場では、コロナ禍でも子どもたちの成長を止めないよう、通常以上の工夫や努力が求められています。

例えば感染症対策として、マスク着用やソーシャルディスタンスをとることが必要です。でもその影響で相手の表情がわからず、触れ合うことも制限されます。それが子どもの心の発達に影響を及ぼす、という指摘もあるのです。

特に幼い子を相手にする保育園や幼稚園、学校の先生たちは苦労が絶えないでしょう。でも子どもたちの情緒を育むために、できることはあります。

さまざまな絵本の読み語りも、そのひとつ。表情豊かなキャラクターたちが織り成すストーリーは、読み手と聞き手の間に感性豊かなコミュニケーションをうながします。

文屋が4月25日に発売する「おやすみルーシー~ウイルスがやってきた」も、ぜひ教育現場で活用していただきたい絵本です。

この絵本には、ウイルスや免疫細胞の働きについて知ってもらうためのさまざまな工夫がなされています。

作者の新妻耕太さんとルーシーさんご夫婦は、免疫学者です。ウイルスや免疫の専門知識をもち、それを小さな子どもたちにも伝えたいという強い使命感からこの本をつくりました。

お二人が特に意識したのは、子どもたちにも伝わる「親しみやすさ」と、研究者として伝えるべき「科学的正確さ」の両立。そこに共感したメンバーが、絵本制作をサポートしてきました。

作画を担当する こまちだたまお さんは、画家であり、表現する喜びを伝える教育活動家でもあります。絵本のなかで描かれるのは、色彩豊かなやさしい絵。その一方で、新妻さん夫妻と綿密に打ち合わせ、ウイルスやヒトの体内細胞、血管やリンパ管などの特徴をしっかりと模しています。

子どもたちを怖がらせることなく、正確な知識を伝える作画は、専門家たちをも唸らせるでしょう。

絵本の文章表現にも、工夫がいっぱいです。ウイルスの大増殖という緊急事態を知らせる「花火の打ち上げ」、ルーシーが見つけたウイルスとたたかうことができる細胞「ティービーきょうだい」。

子どもたちの想像力をかきたて、科学の不思議を味わう言葉があふれています。

こうした言葉を紡ぎだした協力者は、幼稚園教諭免許も持つ現役小学校教諭のCHINAMIさん。そして、育児支援や企業コンサルティング、ナレーションなど幅広い分野で活躍する新妻久美子さんです。

さらに、子どもたちの免疫教育に力を入れる髙岡晃教教授(北海道大学 分子生体防御分野)は、絵本巻末のルポ編でコラムを書いて応援しています。

多彩なメンバーによる制作プロジェクトを編集者として支えたのが、文屋の木下豊です。米国西海岸、千葉、長野をつなぐオンライン編集会議を何度も重ね、ついに絵本が完成しました。

医師の稲葉可奈子さん(みんパピ!みんなで知ろうHPVプロジェクト代表)も、こんなメッセージを寄せています。

 私が産婦人科医として、母として、子どもたちに知ってもらいたいことがあります。それは、私たちの命が、体が、いかに素晴らしいものであるかということ。知れば知るほど、自分の体がいとおしくなるはず。漠然とした不安が世の中に蔓延しているコロナ禍の今だからこそ、子どもたちにも、そしてお父さんお母さんたちにも、体の素晴らしさを知ってもらいたい。

 この絵本は、そんな私たちの体の強さを、やさしく教えてくれます。そして、「科学情報から誰一人仲間外れにしたくない」というこのプロジェクトの理念に、心より賛同します。誰もが自分の体を大切に思える社会に。このプロジェクトを心より応援します。

コロナの逆境を、科学リテラシーを養う機会へと変える教育絵本「おやすみルーシー~ウイルスがやってきた」。ぜひ、教育現場での活用をご検討ください。

 

両親と一緒に暮らすことができない子どもたちが過ごす児童養護施設をはじめ、全国の子ども関連施設にこの絵本をとどけるプロジェクトを展開中です。

自分の体ってすごいんだ!今こそ、免疫の不思議を絵本で子どもたちに!

 

5/1追記)

2021/2/13~4/30まで展開した本プロジェクトは、638人の方々から総額5,177,000円のご支援をいただき、345%の達成率となりました。多くの方々からこの絵本を評価いただき、著者への信頼と、その想いに共感いただいた結果と思います。

https://readyfor.jp/projects/OyasumiLucy

 

絵本「おやすみルーシー~ウイルスがやってきた」は4/25に発売後も、Amazonなどで高い評価をいただいています。

ご購入はこちらからどうぞ。

https://www.e-denen.net/cms_book.php?_id=47

 

2021年4月15日

世界中の子どもたちにウイルスと免疫のことを知ってほしい――絵本「おやすみルーシー」は、日本語と英語を併記

新型コロナウイルスが最初に発症してから、1年半になろうとしています。

2019年12月に中国武漢省で症例が発生してから、このウイルスは世界中に感染を拡大させました。世界のだれもが当事者となる、未曾有のパンデミックを引き起こしたのです。

コロナは国境を超えて、人々を感染症の問題に向き合わせました。

この逆境を生き抜くために、大人だけでなく子どもたちにも必要な知識をとどけたい。その想いをこめ、文屋は4月25日に絵本「おやすみルーシー~ウイルスがやってきた」を発売します。

この物語の主人公ルーシーは、夢の中でウイルスといっしょに自分の体に入ります。

そこで出会うのが、体に入ってきた異物を食べるマクロファージ“まっくん”。そして、ウイルスとたたかうことができるT細胞とB細胞“ティービーきょうだい”。

絵本を読むことで、子どもたちはルーシーになり、体内の免疫システムの働きを実感することができるのです。

絵本にはストーリー編に加えて、専門家でなくてもわかるやさしい言葉で説明されたルポ編があります。読み語る大人の知識にもなり、それを子どもにも教えられるように工夫されています。

この絵本の作者である新妻耕太さんと妻のルーシーさんは、スタンフォード大学で研究する免疫学者です。

かつて高校の理科教員を志望していた新妻さんと、上海出身のルーシーさん。この本を通して、世界中の子どもたちにウイルスや免疫細胞のことを知ってもらいたい、と強く願っています。

その想いから絵本全編に、日本語だけでなく英語も併記しています。正確でわかりやすい英訳をめざし、翻訳者と複数の協力者がチェックを重ねました。

英語の併記は、世界で出版するための第一歩です。この想いは、新妻さんご夫婦と文屋を結びつけるものでもありました。

文屋のモットーは、”In and from Obuse”。拠点である信州小布施から世界に向けて発信しています。

これまでも「Pot with the Hole 穴のあいた桶」を、英語版をはじめ22か国で翻訳出版しました。

新妻さんが文屋を知り、お互いにその想いを共有したことが、この絵本制作の実現につながったのです。

絵本「おやすみルーシー~ウイルスがやってきた」は、すでに米国での出版計画が進んでいます。また中国での出版は、より早く実現する段階にあります。

未知のウイルスに対しては、先進国であってもなす術がありません。私たちは自分を守るために、他人との接触の影響や自分の体のしくみを知る必要があります。

一般の人々であっても、社会で生きる上で最低限の科学的知識を身につけること。「科学リテラシー」は、いま日本だけでなく世界中で求められています。

 

元陸上選手の為末大さん(Deportare Partners代表)も、次のようなメッセージを寄せています。

 科学の世界はどんどん進んでいきますが、それを追いかける私たち一般の人間の知識は頑張ってもなかなか追いつくことができません。こうして科学の世界の知識をわかりやすい形で正しく伝えてもらうことは人類にとって本当に有益なことだと思います。

 

国境を超え、親子で、もしくは教育現場で、この絵本が科学リテラシーを養うために活用されることを、制作チームは願っています。

日本語と英語を併記する絵本「おやすみルーシー~ウイルスがやってきた」は、まもなくの発売です。

 

この絵本を、全国の児童養護施設とこども病院(小児専門病院)へ寄贈するプロジェクトを展開しています。

当初の目標はすでに達成され、さらに児童相談所(一時保護所)や、寄贈を希望する幼稚園・保育所・小児科などにも絵本をとどけるネクストゴールを設定中です。

自分の体ってすごいんだ!今こそ、免疫の不思議を絵本で子どもたちに!

 

5/1追記)

2021/2/13~4/30まで展開した本プロジェクトは、638人の方々から総額5,177,000円のご支援をいただき、345%の達成率となりました。多くの方々からこの絵本を評価いただき、著者への信頼と、その想いに共感いただいた結果と思います。

https://readyfor.jp/projects/OyasumiLucy

 

絵本「おやすみルーシー~ウイルスがやってきた」は4/25に発売後も、Amazonなどで高い評価をいただいています。

ご購入はこちらからどうぞ。

https://www.e-denen.net/cms_book.php?_id=47

 

2021年4月22日

親や先生も、ウイルスや免疫のことがわかる――絵本「おやすみルーシー」は、子どもへの「読み語り」に役立つルポ編付き

ゴールデンウイークも間近ですね。コロナ禍が続き、連休は家で過ごすご家庭も多いことでしょう。

小学生の息子がいるわが家も同じです。最近は図書館で本を借り、家で読む機会がずいぶん増えました。

親や先生が子どもに本を読んで聞かせることを、「読み聞かせ」と言いますよね。でも、一生懸命「聞かせ」ようとすると、なかなか上手くいきません。

子どもが本当にワクワクするのは、大人も本の内容に興味を持っているときだからです。

一方的に「聞かせる」のではなく、かかわりながら「語る」こと。こうした意識から、あえて「読み語り」ということがあるようです。(※この背景について、ぜひ文末にリンクする「文屋だより」をご一読ください。)

「読み語り」の心を大切にしている文屋では、4月25日に新たに絵本「おやすみルーシー~ウイルスがやってきた」を発売します。

新型コロナウイルス感染症は、依然として広がり続けています。この絵本はご家庭、幼稚園や保育園、もしくは学校教育の場で、ぜひ「読み語り」してほしい一冊です。

絵本の作者は、免疫学者のご夫婦である新妻耕太さんとルーシーさん。一般の人々にも科学リテラシーを養ってほしいという想いから、ウイルスや免疫に関する情報発信を続けてきました。

そして「幼い子どもたちも、情報を得ることにおいて仲間外れにしたくない」と考え、この絵本をつくったのです。

絵本には2つのパートがあります。主人公ルーシーが仲間と一緒にウイルスとたたかうストーリー。そして、その背景にある体内の免疫システムを解説するルポ編です。

子どもたちには、ドキドキワクワクする冒険のストーリーを。そして「読み語る」大人には、生物学の知識を知り、子どもにも説明できる解説が役立ちます。

この両方に、親しみやすさと科学的正確さへのこだわりがつまっています。

「細胞は1つから2つ、2つから4つと分かれるようにして倍々で増えます(細胞分裂)。もう一度絵本を読みかえして分裂途中の細胞を探してみましょう!」(ルポ編より抜粋)

色鮮やかでかわいらしい挿し絵にも、実は科学知識を養う工夫がいっぱい。ルポ編を読めば、ストーリーを読み返してもっと体内の不思議を探りたくなるにちがいありません。

実はこれまで文屋が出版してきた絵本の多くにも、ルポ編が添えられています。

「読み聞かせ」で教え育てることから、「読み語り」で共に育つかかわりづくりへ。文屋はその可能性を、「ルポ絵本」という新たなジャンルに見出しました。

そして「寄付本プロジェクト」を展開し、これまでに国内外の子どもたちに15,000冊以上の本をとどけてきました。

児童養護施設や、東日本大震災の被災地である福島県の小中学校や公共図書館をはじめ、多くの施設に本を通じて想いを伝えてきたのです。

こうした活動が新妻夫妻の想いと共鳴したことが、この絵本を文屋から出版するきっかけのひとつとなりました。

「おやすみルーシー」の制作チームも、子ども関連施設に絵本をとどけるプロジェクトを展開中です。すでに想定を超える多くの方々から、ご支援いただいています。

自分の体ってすごいんだ!今こそ、免疫の不思議を絵本で子どもたちに!

このプロジェクトを応援するひとり、小児科医の堀向 健太さん(東京慈恵会医科大学葛飾医療センター)は、次のように話しています。

 このストーリーを読んでいて、子どもたちに、ウイルスとどのように向かい合えばいいのかを十分に伝えてこなかったことに思い当たりました。この絵本を通じて子どもたちが、自分の体の中で頑張っている細胞たちを愛おしく思えるようになってくれることを願っています。

 

大人も子どもも共に学び、共に育つ機会をつくる絵本「おやすみルーシー~ウイルスがやってきた」は、まもなくの発売です。ぜひお手にとってご覧ください。

 

5/1追記)

2021/2/13~4/30まで展開した本プロジェクトは、638人の方々から総額5,177,000円のご支援をいただき、345%の達成率となりました。多くの方々からこの絵本を評価いただき、著者への信頼と、その想いに共感いただいた結果と思います。

https://readyfor.jp/projects/OyasumiLucy

 

絵本「おやすみルーシー~ウイルスがやってきた」は4/25に発売後も、Amazonなどで高い評価をいただいています。

ご購入はこちらからどうぞ。

https://www.e-denen.net/cms_book.php?_id=47

 

※「文屋だより」Vol.747 教育の「読みきかせ」から共育の「読みかたり」へ

https://www.e-denen.net/cms_mailmag.php?_id=737

2021年4月29日

「いい会社をつくりたい」「会社を永続させていきたい」と願い、模索されている経営者の皆さまへ――オンライン通信講座「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」へのお誘い

経営にまつわるお悩みをお持ちの方々は、さまざまな経営セミナーをお探しでしょう。

コロナ禍でオンラインのセミナーも増えました。しかし、こうした場を有効活用するために意識すべきことがあります。

経営セミナーで得られる知識は「答え」ではなく、「問い」だということです。

探すべきは誰もが成功する方法ではなく、自分にしかできない方法。「問い」は、経営者としての生き方や、経営のあり方を考え直すきっかけとなるものです。

「いい会社をつくりたい」「永続企業にしていきたい」。そのために、自分は何を問えばいいのか。そうお悩みの経営者の皆さまに向けて、文屋はオンライン通信講座を立ち上げました。

「問い」を発するのは、かんてんぱぱブランドで知られる伊那食品工業株式会社の塚越寛氏。長年にわたり伊那食品工業の社長・会長を務め、現在は最高顧問を務めています。

人生を賭して永続企業のあり方を追究し、末広がりの年輪経営という独自の哲学を発信してきました。

塚越氏は伊那食品工業会長として、2017年度に「渋沢栄一賞」を受賞しています。「渋沢栄一賞」は、福祉や教育にも尽力した渋沢栄一の精神を受け継ぐ全国の企業経営者を対象に、埼玉県から贈られる賞です。(渋沢栄一は、今年の大河ドラマでも話題ですね。)

そして塚越氏は、トヨタ自動車社長の豊田章男氏が経営の師とあおぐ人物でもあります。

塚越寛氏の集大成の最新刊『末広がりのいい会社をつくる』にて、豊田章男氏は次のような推薦文を寄せています。

この本は本気で社員を愛し、本気で地域に寄り添い、本気でお客様と向き合い、本気で次世代を想い、悩み、決断し続けている経営者のリアルストーリーである。そして、私が憧れる大先輩の物語でもあります。変革の時代に、「ブレない強さ」をおしえていただきました。塚越さん、私もしっかり後を追っていきます。(トヨタ自動車社長・豊田章男)

このように豊田章男氏も推奨する、企業永続のための年輪経営の極意。それは雲の上ではなく、ごくありふれた組織の日常とつながっています。

今回のオンラインセミナーの最大の特徴は、塚越寛氏の経営哲学の重要な「問い」を、多くの経営者の皆さまの学びと成長に変える伴奏者がいることです。

1人目は、「人と経営研究所」所長の大久保寛司氏。相手の立場に立ったわかりやすい言葉が評判の大久保寛司氏が、みずから塚越氏にインタビューし、より深い言葉を引き出します。

2人目は、「人とホスピタリティ研究所」所長の高野登氏。インタビュー映像を見ながら、ザ・リッツ・カールトン・ホテル元日本支社長としての経験を交え、塚越氏の言葉と学ぶ人の思考を結びつけます。

企業活性化や人材育成の分野で、多くの経験と実績を持つお二人。3人目は、この著名な二人との繋がりを活かし、このオンラインセミナーを立ち上げた文屋の木下豊です。

30年にわたるご縁を通して塚越寛氏の生き方を深く理解し、みずからも年輪経営を実践する木下豊が、高野登氏の読み解きをさらに深めます。

かんてんぱぱブランドを築き上げ、永続企業のあり方を追究してきた塚越寛氏の年輪経営に興味を持つ経営者は、近年増えています。オンラインセミナーは、全12回・1年間にわたって年輪経営を学びます。

大久保寛司氏による塚越寛氏へのインタビューと、それを読み解く高野登氏と木下豊の対話。その映像だけでなく音声データが毎月1回配信され、その後はいつでも、どこでも視聴いただけます。

塚越寛氏の年輪経営を、大久保寛司氏、高野登氏、文屋・木下豊とともに学び、「いい会社」をつくるために新たな一歩を踏み出してみませんか。

トヨタの社長・豊田章男氏も学ぶ、かんてんぱぱ・伊那食品工業の塚越寛氏の年輪経営。このブログでは、その極意を少しずつご紹介していきます。

 

【末広がりの年輪経営プロジェクト】
ビジネス・オンラインスクール「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」

https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school_01.php

«  2021年4月  »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

image