文屋

ブログ

2022年9月22日

職場に「心理的安全性」を生み出す、リーダーのあり方――オンライン通信講座【高野登さんと学ぶ「わたしの人生を変えたホスピタリティライフのすすめ」】⑩

最近、ビジネスや人間関係をスムーズにするために有効な感覚として、「心理的安全性」という言葉をよく耳にします。

職場をはじめとする人との関係性のなかで、「本音を話したら相手に受け入れられない」という不安は、誰もが感じたことがあるでしょう。心理的安全性とは、こうした不安が少ない状態で、安心して発言や指摘ができるという個々の感覚のことを意味します。

心理的安全性のある場では、参加者のやる気が引き出されたり、創造的なアイデアが生まれたりする可能性が高まります。

では、どうしたらこのような場がつくれるのでしょうか。

文屋より配信中の【高野登さんと学ぶ「わたしの人生を変えたホスピタリティライフのすすめ」】をとおして、ご一緒に考えてみましょう。

このセミナーの講師は、「人とホスピタリティ研究所」の高野登さんお客様に寄り添い、サービスを超える「おもてなし」の感性で新たな価値をつくるホスピタリティによって、ビジネスや人間関係に向き合う新たな方法を伝えてくれます。

高野さんは今回、長野県に本社を置く伊那食品工業の最高顧問、塚越寛さんとのご縁から、心理的に安心で安全な職場とは何かを理解したことを語っています。

高野さんと十数年のご縁がある伊那食品工業は、「人と社会の幸せ」を経営目的とする、真の「おもてなし」企業。塚越寛さんは、トヨタをはじめとする多くの経営者からも尊敬されています。

経営のトップが何十年経っても変わらずに、一貫したメッセージを送り続けていること。そして職場のリーダーたちの言葉と行動が、ぶれずに一致していること。こうしたことが安心と安全を生み出すことを、伊那食品工業であらためて実感しました。もし自分の職場がそうでなかったとしたら、リーダーとして何が欠けているのかを自問自答するといいと思います。(高野登さん、セミナー第10講より)

では、リーダーとして自分に何を問えばいいのか――。高野さんは、これまでのセミナーで触れてきた大切なことを、今回あらためて問いかけてくれます。

まず、「自分の人生を動機づけるものは何か」ということ。社会のなかで生きる私たちの欲求を高めるものは、学び、責任ある行動をとおして他人に貢献し、自分が承認されることにほかなりません。

そしてこの動機は、「得たもの」ではなく「与えたもの」によって成立します。リーダーとして、あなたは周りの人たちに何を与えてきたのか。そのことによって、チームや組織のなかにどんな人間関係ができ、メンバーたちはリーダーの存在をどう感じているのか。率直に向き合うことで、これまでとは違う自分のあり方が見えてきます。

もうひとつは、「自分のマインドセットとなどのようなものか」ということ。マインドセットは思考の置き方であり、同じ状況にも違う解釈を生み出します。

たとえば、「失敗」から学べばそれは成功になり、「問題」は現状とのギャップをきちんと認識することで、成長の糧になります。誰よりもまずリーダーが自分のマインドセットを意識し、思考を転換することができれば、メンバーにたいする言葉も行動も大きく変わってくるはずです。

人間がひとりでできることは、限られています。とくにいま、環境が複雑で価値観も多様化している世の中では、さまざまな個性をもつ人々が協働しなければ、未来を創る新しい価値を生み出すことはできません。

そのためにはまず、リーダーが日々、自分の言葉や行動に敏感になることが大切です。そしてそのことは、自分の人生を導くリーダーとして、誰にとっても価値があることです。

協働を促進し、創造性につなげる「心理的安全性」を生み出すために、いま一人ひとりに何ができるのか。より深い思考で、ご一緒に考えてみませんか。

このセミナーの後半では、高野登さんがみなさまからの質問に答える時間があります。

・失敗を恐れて行動が遅れてしまう思考パターンを変えるためには、どうすればいいか。
・リーダーと社員の間で「安心・安全な職場」の認識にズレがある場合はどうするか。


具体的に役立つコツが満載の答えにも、ぜひご期待ください。


【末広がりの年輪経営プロジェクト】
ビジネス・オンラインスクール 高野登さんと学ぶ「わたしの人生を変えたホスピタリティライフのすすめ」

https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school_02.php

伊那食品工業の経営に学ぶこちらの講座も、ぜひおすすめです。
ビジネス・オンラインスクール「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」

https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school_01.php

«  2022年9月  »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

image