文屋

ブログ

2022年3月3日

永続企業の原点は、よき「循環」を起こすこと――オンライン通信講座「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」⑩

3月に入りました。木々が芽吹き、生き物たちが新たな命を授かる春は、冬に蓄えられたエネルギーが一気に解放される季節です。

「春の養生」という言葉をご存知でしょうか。この時期は、冬の寒さで滞っていた「気」や「血」をスムーズに流せるよう、意識しながら過ごすことが大切です。

心身を滞りなく循環させることは、健康を長く維持することにつながります。

人は古来、自然から多くのことを学んできました。経営においてもこの視点を最重要と考え、企業の永続を目指す経営者がいます。

文屋で配信中のオンラインセミナーでは、「かんてんぱぱ」で知られる伊那食品工業の最高顧問、塚越寛さんが唱える「年輪経営」を学ぶことができます。

樹木の年輪にならい、小さな成長を維持する「年輪経営」によって、伊那食品工業は着実に成長を続けています。

塚越寛さんは、社会の大きな変動にもかかわらず、これまで会社の成長を導いてきました。その考え方はときに、常識とかけ離れているようにも見えます。

たとえば、人件費は一般的に少なくしようとします。でも塚越さんはむしろ、「人件費は多くなったほうがいい」と言います。人件費を会社の利益という狭い視野ではなく、社会の利益という広い視野でとらえているからです。

冒頭で、こうお話ししました。新たなエネルギーが解放されるためには、体内に「気」「血」がじゅうぶん巡らなければならない――これは経済社会でも同じです。

塚越寛さんはインタビューで『景気がいい』というのは、お金がぐるぐる回ること。絶対額の大小ではなく、お金が循環するかどうかと語っています。人件費は、受け取る人々を幸せにするもの。そして人々がお金を使い、世の中にお金が循環していけば、その幸せは社会全体に広がっていきます。

そう考えれば、経営者は単純に人件費を減らすという発想はできなくなります。どうしたらお金が世の中に回るのか、そのために自社は一体何ができるのか。知恵をしぼって経営する、という使命を実感するでしょう。

このセミナーでは、「人とホスピタリティ研究所」の高野登さんが、塚越寛さんのインタビュー映像から「年輪経営」を読み解きます。

人件費を増やすということは、人に対する敬意、社員に対する尊敬を意味します。社員全員が同じ目線で、同じテーブルについて話ができれば、悪循環ではなく「善の循環」が起きるはず。働いている人たちの命が輝くような場面をつくることが、経営者の役割です。(高野登さん)

単純にお金、利益を増やすだけではありません。会社のなかでこうした「善の循環」を起こすことが、結果として経営を支えることになります。

高野さんは、会社だけでなく経済社会においても、お金の循環は互いの信頼関係に基づくべきと語ります。お金の流れが血流であれば、信用や信頼はリンパ腺のようなもの。両方がスムーズに流れてこそ、経済社会は健全に発展するということです。

企業の成長と永続は、社会が発展し続けなければ成しえないことです。

文屋は昨年7月、絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』を出版しました。

大自然のありように学び、すべての人やものごとを利他の愛であたたかく包み込む。『君が代』とこの絵本には、人生と経営の真髄が描かれています。社員の幸福を実現させながら、末広がりに永続する『苔むす会社』をつくっていきましょう。本書を働くすべての人たちに推薦いたします。」(塚越寛さん)

昨年末、塚越さん絵本の著者である白駒妃登美(しらこまひとみ)さんと対面し、絵本に強く共感して、この推薦文を寄せてくださいました。

絵本『ちよにやちよに』で描かれる『君が代』は、天皇の御代を称える歌ではなく、この世のすべての人々の幸せを願う語りです。

塚越寛さんの「年輪経営」と絵本『ちよにやちよに』をとおして、永続企業の原点にあるよき「循環」について、ご一緒に考えてみませんか。

来週3月10日(木)午後、長野県伊那市にある伊那食品工業の本社セミナー室にて、絵本『ちよにやちよに』出版記念ビジネスセミナーが開催されます。(オンライン同時開催)

敷地内には自然の景観を楽しめる広大な庭園「かんてんぱぱガーデン」があります。

今回、白駒妃登美さんの講演の後、白駒さん、塚越寛さん、塚越英弘さん(伊那食品工業社長)の対話会を、オンラインセミナーと同じく高野登さんがファシリテートします。

https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_30.php

 

早春の「かんてんぱぱガーデン」で心身によき「循環」を起こし、ともに永続企業の原点を探究しましょう。

【末広がりの年輪経営プロジェクト】
ビジネス・オンラインスクール「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」

https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school_01.php


絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』のご購入はこちらから。

文屋サイト https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php
Amazon https://amzn.to/2UYJJBs

«  2022年3月  »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

image