文屋

ブログ

2022年1月27日

「どう生きるか」に向き合い、経営者として天命を知る――オンライン通信講座「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」⑤

オミクロン株の大流行によって、新型コロナウイルスの感染者数が過去最大数を記録しています。

コロナ禍の2年、私たちは「どう働くか」、ひいては「どう生きるか」ということを、深く考えさせられました。

ここまで働くこと、生きることを取り巻く環境が一変すると、いま「ないもの」にばかり目が向いてしまいます。しかし、いま「あるもの」の尊さに気づき、感謝することができれば、人の幸せはゆるぎないものになるはずです。

「かんてんぱぱ」で知られる伊那食品工業の最高顧問、塚越寛さんは、若い経営者であったころから、そのことを悟っていました。そして塚越さんに導かれた伊那食品工業は、「人と社会の幸せ」を事業目的とし、他に類を見ない輝きを持つ会社へと成長したのです。

文屋では、塚越寛さんが唱える「年輪経営」を学ぶオンラインセミナーを配信中です。

塚越寛さんは高校在学中に肺結核を患い、3年間もの闘病生活を送りました。
「働けるということがどんなに幸せか」、そしてそれ以前に、「太陽の下を健康で歩けることがどんなに幸せか」と、私は思いました。普通の人は、そんなことは何も思わないでしょう。(塚越寛さん)

若くして健康を失い、「どう生きるか」に向き合った塚越さんは、広い角度からものごと見て、判断する視座を持つようになります。

このセミナーでは、「人とホスピタリティ研究所」の高野登さんが塚越寛さんのインタビュー映像を読み解きます。

自分の人生全体を見たときの視座をどう定めるか。起きている現象は同じでも、そこから何を受け取るかは百人百様。貧困、闘病によって、人生投げやりになってもおかしくありません。そのとき何を考えていたか。それをいま、塚越さんは伊那食品工業で具現化されています。(高野登さん)

生きるということは、「生かされている」ということ――。何より健康であるというだけでも感謝すべきという視座が、若いころから塚越さんの心の根底にあります。

やがて塚越さんは、21歳という若さで伊那食品工業の「社長代行」に任命されます。「働くこと」の尊さを誰より知る塚越さんは、経営者という与えられた仕事を天職として、懸命に取り組みました。

伊那食品工業の本社敷地内につくられた、広大な「かんてんぱぱガーデン」。この場所を歩くとき、高野登さんはその心地よさのなかに、お客様、社員たち、そして何より働けることへの塚越さんの感謝の気持ちが感じられると話します。

若い人たちのなかには、「自分には合わない」「もっと向いている仕事があるのでは」と悩む人も多いでしょう。塚越さんは「与えられたこと仕事をまっとうすることが天職」「とことんやらずに決めてはいけない」と自身の考えを語ります。

「天職」とはいったい何なのでしょうか。

塚越寛さんの語りに応え、高野さんは話します。

命がどこに宿るのか、「宿命」は選べません。その命が成長するプロセスで、どこかに運ばれていくのが「運命」。そこで、その命をどう使うのか。この「使命」感は、塚越さんのように本気になって命を使った人にしか見えてこないでしょう。そこまでやってはじめて、天が「これがお前のやることだ」と送ってくれるメッセージが「天命」。受け取った天命こそが、天職なのです。そして、天が「いい人生だった」と寿いでくれるのが「寿命」。塚越さんはきっと、そのことを感覚的にお持ちだと思います。(高野登さん)

「人と社会の幸せ」を追求するという天命に、塚越さんは生きているのです。

塚越寛さんは、文屋より発売中の絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』を推薦くださっています。

国歌『君が代』の起源は、愛する人の長寿と幸せを願うラブレターでした。この世のすべての命を慈しむ心が、この絵本のなかに描かれています。

「すべての いのちが ず~っと つづきますように」

それはまさに、「人と社会の幸せ」という塚越寛さんの願いと重なります。

みなさまの「天命」とはなんでしょうか。新型コロナの苦境にあるからこそ、いま「あるもの」に目を向け、それを知る機会をつくってみませんか。

「かんてんぱぱ」伊那食品工業の塚越寛さんの言葉、そして絵本『ちよにやちよに』が、その大きなきっかけになるにちがいありません。

【末広がりの年輪経営プロジェクト】
ビジネス・オンラインスクール「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」

https://www.e-denen.net/cms_bunyaza_school_01.php


【絵本『ちよにやちよに~愛のうた きみがよの旅』ご購入はこちらから】

文屋サイト https://www.e-denen.net/cms_kifubon.php
Amazon https://amzn.to/2UYJJBs

«  2022年1月  »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

image