文屋

過去のブログ

2011年7月2日

JR東日本、安全最優先の企業風土。あの大震災で東北新幹線、けが人0の理由は?

数日前、大変お世話になっている「人と情報の研究所」代表、北村三郎先生からメールをいただきました。ご自身のサイトに掲載した、稲生武(いのお・たけし)さんの寄稿文「JR東日本の安全文化」をご紹介くださいました。

 

北村先生との出会いは、2004年(平成16年)7月に発刊した塚越寛さんのご著書『いい会社をつくりましょう』の一人の読者様としてご用命くださったことがきっかけです。何回かのご注文の過程で、おつきあいが始まりました。

 

その後、「企業風土改革」というご自身のテーマで、親交のあるイオンリテール労働組合の「五感塾研修」を小布施町で開いてくださるなど、たくさんの学びをいただいてきました。

 

2007年(平成19年)に発刊した『幸福への原点回帰』(塚越寛さんと鍵山秀三郎さんの共著。写真上)では、プロデューサー役を担っていただきました。

 

http://www.e-denen.net/syoseki/taidan.html

 

稲生武さんは、元いすゞ自動車株式会社代表取締役社長。

ウィキペディアには「いすゞ自動車では操縦安定性、振動騒音、人間工学などの研究開発を行い、大型車開発を中心とする技術者出身の経営者である。また、1974年には品質工学を提唱していた田口玄一博士から操縦性評価などについての指導を受けた。」と記されています。2001年からJR東日本の社外取締役、2010年から顧問をおつとめです。


東日本大震災が発生したあの瞬間、JR東日本の圏内で27本の新幹線が走行していましたが、すべての列車が無事に停車しました。怪我をされた乗客は一人もいませんでした。あれだけの地震にもかかわらず、高架橋の橋脚は壊れなかったのです。

 

稲生さんは、「幸運や偶然ではなく、JR東日本という企業の組織風土、安全文化がもたらした必然と断言できる。」と書いておられます。

 

私の暮らす信州小布施はJR東日本のエリアにあります。ローカル線はもちろんのこと、月に2回は上京するために乗る長野新幹線には、ほんとうにお世話になっています。安全、正確、安心のこの新幹線無くして、今の私の暮らしも働きも、考えられません。

 

3.11から49日、東北新幹線が全面復旧し、JR東京駅を「はやぶさ」が出発した姿を見て、胸を熱くした人はたくさんいたと思います。しかしその背後に、どれほどのものごとやひとびとが動いていたのか、という視点の報道に、私はほとんど接しませんでした。もしかすると、「マスコミに開陳するほどのことでもない」とJR東日本の幹部のみなさんが思っていらしたとしたら、安全に関する同社の「当たり前水準の高さ」を、無言のうちに語っていると見ることもできます。

 

風土や文化は、一朝一夕にはつくることができません。また、トップがかけ声だけで行動に移さず、行動しても組織全体に浸透するまで継続しなければ、養うことはできません。

 

業種や規模、企業か家業かなどに関係なく、人が集まれば生まれるのが組織です。それを担う立場の人間はすべて、組織風土、企業文化のあり方をどのように見定め、時間をかけて育んでゆくのかという、根源的な問いを自分自身に向けながら、仲間たちとともに、歩を進めてゆく必要があると、あらためて認識しました。北村先生、ありがとうございます。

 

稲生さんの寄稿文の全文は、北村先生のサイトをご覧ください。安全最優先を追求する「愚直なまでの」姿という表現に、「本来の日本文化」を重ねながら、再読しております。

 

http://www2.shizuokanet.ne.jp/sabu/

 

たくさんリンクされている文章を読んでいくと、「企業文化、風土改革」に関するたくさんの文章を、学ぶことができます。

稲生さんの寄稿文を裏付ける記事を見つけましたので、ご紹介します。

 

http://www.nikkei.com/tech/trend/article/g=96958A90889DE0E5E7E1E1E1E0E2E0E5E2E6E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E2E4E2E6E0E2E3E3E2E4E7E0

 

この記事の文末から引用します。

 

「29日の東北新幹線の全線再開で、青森から鹿児島までが新幹線で初めて結ばれた。新幹線は09年度で年3億人弱、東北だけでも7700万人が利用する日本 の大動脈だ。阪神の時と同じように、今回の経験を鉄道技術や地震対策の向上につなげられるか。日本各地を結ぶ新幹線の安全への挑戦はつきない。」

 

最後に、北村先生の下記の一文をどうぞ。

 

「経営トップの考え方は遺伝子として伝わり組織風土に大きな影響を及ぼしていきます。」

«  2011年7月  »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

image